龍星皇(りゅうせいおう)メテオヴルムX(テン)

スピリット
7(赤3神2)/赤/光導・星竜
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 10000 <4>Lv3 13000
Lv1・Lv2・Lv3【激突X】
自分のスピリットすべてに“『このスピリットのアタック時』
相手のスピリット/アルティメットは、可能ならブロックする。
さらに、ブロックしたスピリット/アルティメットが消滅/破壊されたとき、相手のライフのコア1個を相手のトラッシュに置く”を与える。
Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
このスピリットに《煌臨》したとき、この煌臨元カードは、コストを支払わずに召喚できる。
そうしたとき、このターンの間、このスピリットに《煌臨》していたスピリットを【煌臨中】として扱う。
シンボル:赤

コンセプト:石垣純哉
イラスト:安達洋介

フレーバーテキスト:
超神星を起こした星は砕け、龍星となって降り注ぐ。

  • 龍星皇メテオヴルムX超煌臨編 第3章:全知全能
Image of


カード番号:BS50-010  

超煌臨編 第3章:全知全能で登場したスピリット

真・激突】にメテオストームを彷彿とさせるライフダメージが加わった【激突X】は、強制ブロックが前提と前時代的な部分が見受けられるものの、【真・連刃】と同じく消滅によるバトルの回避でもライフを減らすことができる。
特にスピリットすべてに与えられるのは大きいが、投入できるデッキに限りがあることに注意しなければならない。

さらに、煌星龍王メビウスドラゴンと同様の煌臨元から直接召喚することができるが、特に注目したいのがこのスピリットに《煌臨》したスピリットを【煌臨中】として扱う点にある。
このスピリットに《煌臨》したターン限りではあるが、煌臨元がなくとも【煌臨中】効果を使えるようにできるのは大きく、《煌臨》を主軸とするデッキには重宝される。

その中でも【星竜】が一番融和性が高く、《煌臨》そのものを十二分に引き出すことが可能。
加えて、【激突X】のライフダメージが追加されるので打点を増やすには持ってこい。
もちろん、リメイク元の龍星皇メテオヴルム(リバイバル)との噛み合わせは悪くなく、星竜全体に付与される指定アタックによってバトルでの不安を解消できる。

また、ソウルコアを回収することのできる超神星龍ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)や天星12宮 炎星竜サジタリアス・ドラゴンとの相性はよく、手札にカードがある限り連続して《煌臨》することも可能。
前者の場合だとライフ回復の条件を満たせることや、【煌臨中】効果を問題なく使用できるため、あちらの弱点を補えるが、できるだけ回復状態で実行するのがいいだろう。
仮に【煌臨中】効果を失ってもライフダメージ効果は継続して与えられるため、当然ながら【ジークヴルム・ノヴァ(リバイバル)】に投入しても問題はない。

また、自身は光導であるため、【光導】に投入が可能、さらにはその支援も受けられる。
超神光龍サジットヴルム・ノヴァとも相性はよく、【界放】によるライフ破壊のサポート、さらには【激突X】によるライフダメージが加わるため、相対的なシナジーが生まれる。
ただ、リバイバル版の光導はBPが高く、【激突X】を生かせるが、あちらからの支援はないと考えた方がいい。

一方、【呪滅撃】を与えることのできる巽 キマリとの相性は凄まじく、相手はバウンスでやライフ保護で躱さない限り、アタックするだけで相手のライフを必ず破壊できるようになってしまうため、対策ができていなければ詰んだも当然。
光導創神アポローン月光のバローネの【神域】で相手のフィールドをライフごと破壊しつくしたり、ブロッカーとして守りに備えるのもアリ。
十二星槍ゾディアックランサーと合体した場合、《煌臨》することはできなくなってしまうが、相手からの妨害を受けにくくすることができるので、状況に応じてもう一方のネクサス合体中効果と使い分けたい。

総じて、《煌臨》を主軸とする【星竜】、さらには影響力の高い【光導】デッキにおいて中心核ともなれる、文字通りの「キー(カギ)」スピリットである。

収録

超煌臨編 第3章:全知全能 <M>

アニメにおいて

『サーガブレイヴ』では、ズングリー、ズングリーのデッキを元にしたデッキを使った馬神 弾が使用。
ズングリーvsドルズ(2話)では、モルゲザウルスXや自身に【激突X】でブロック強制・ライフダメージ効果を与えてシキツル骸蛇スカルピオーネを破壊したが、返しのターンに滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ(リバイバル)のアタック時効果で破壊された。

馬神 弾vs鍬形のザバイア(2話)では、召喚後のアタックで、アタック時効果により天王神獣スレイ・ウラノス(リバイバル)を破壊しつつダメージを与えたが、返しのターンに光龍騎神サジット・アポロドラゴンXのアタック時効果によって破壊される。
次のターンにコズミックリターンで回収して再度召喚し、アタック後にザバイアのクレッセントハウリングモルゲザウルスX共々手札にバウンスされたが、アドベントスターで三度召喚。
直後に超神光龍サジットヴルム・ノヴァの煌臨元になり、さらに自身の効果で4度目の再召喚を行う。
最後は超神光龍サジットヴルム・ノヴァ獅機龍神ストライクヴルム・レオXをバトルで破壊したことで、ライフダメージ効果によりフィニッシュを飾った。

  • 馬神 弾の召喚口上は「竜に翼を得たるが如し!龍星皇メテオヴルムX、召喚!」
  • 作中では「メテオヴルム」・ブロック強制付与効果は「【激突】」と呼称された。
  • CGモデルや召喚バンクは龍星皇メテオヴルムと同一だが、全身に傷のようなモールドが追加されている。
    また、このスピリットの効果説明は一切なかったが、超神光龍サジットヴルム・ノヴァの煌臨元になったり、召喚効果で【界放】を発揮させるようにするなど、効果全てを思う存分振るっている。



収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS50] 超煌臨編 第3章:全知全能 ブロックアイコン:<6>

公式Q&A


■■BS50-010■■ 更新日:2019/10/18 21:55 [Q&A情報の修正]

Q1.【激突X】ってどんな効果なの?
A1.自分のスピリットすべてに“『このスピリットのアタック時』相手のスピリット/アルティメットは、可能ならブロックする。さらに、ブロックしたスピリット/アルティメットが消滅/破壊されたとき、相手のライフのコア1個を相手のトラッシュに置く”を与える効果です。なお、このスピリットは【激突】を持つスピリットとしては扱いません。

Q2.このスピリットが2体いるとき、ブロックした相手のスピリット/アルティメットが消滅/破壊されたら、ライフは合計2減らせるの?
A2.はい、減らせます。【激突X】は属性専用効果ですが、「龍星皇メテオヴルムX」から、自分のスピリットすべてに与えられる効果は属性専用効果ではないため重複します。

Q3.自分のこのスピリットがいるとき、アタックした自分のスピリットが相手のスピリットにブロックされ、同じBPだった。BPを比べ両方が破壊されるが、相手のライフのコアはトラッシュに置けるの?
A3.はい、置けます。

Q4.《煌臨》したスピリットが『このスピリットの煌臨時』効果を持っていた場合、煌臨元になったこのカードを召喚できる効果と、『このスピリットの煌臨時』効果を発揮する順番は、ターンプレイヤーが選ぶの?
A4.いいえ、《煌臨》でカードを重ねた後、召喚するかどうかを先に選び、行います。

Q5.《煌臨》したとき、煌臨元になったこのカードを召喚し、煌臨元カードがなくなった場合でも、『このスピリットの煌臨時』効果は発揮できるの?
A5.はい、発揮できます。

Q6.自分のアタックステップに、このスピリットに《煌臨》したとき、煌臨元になったこのカードを召喚し、煌臨元カードがなくなった場合でも、【煌臨中】効果は発揮できるの?
A6.はい、このスピリットのLv2・Lv3効果で、このターンの間【煌臨中】として扱うので発揮できます。

Q7.このスピリットソウルコア1個と通常のコアが2個でLv2のとき、このスピリットソウルコアをトラッシュに置いて《煌臨》したら、このスピリットのLv2・Lv3効果は発揮できるの?
A7.いいえ、発揮できません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS50-010




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-06 (金) 16:02:32
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索