騎士(きし)覇王(はおう)ソーディアス・アーサー /The KnightHero Swordius-Arthur

スピリット
12(6)/紫/覇皇・魔影
<1>Lv1 10000 <3>Lv2 15000 <6>Lv3 20000 
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のライフが3以下のとき、このスピリットカードを召喚する。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
自分のトラッシュにある【不死】を持つスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
【合体時】Lv3『このスピリットの合体アタック時』
相手のスピリットのコア1個をボイドに置く。
シンボル:紫

コンセプト:寺島慎也
イラスト:斉藤和衛

フレーバーテキスト:
炎楯の黒き龍剣士の前に、闇楯最強の覇王が立ちふさがった。
  • 騎士の覇王ソーディアス・アーサー覇王編 第4弾:剣舞う世界
  • 騎士の覇王ソーディアス・アーサーバトスピ部スペシャルカード
Image of


カード番号:BS17-X02  

覇王編 第4弾:剣舞う世界で登場したスピリット

光導龍騎ゾディアックアポロクリムゾンと同コスト、古代戦艦アルゴ・ゴレムと同じLv1BP、さらにLv3でBP20000の超大型スピリット。
バースト効果は烈の覇王セイリュービ古の獣王ギルガメシュと同じもの。

Lv2からはアタック時に【不死】を持つスピリットカード1枚をトラッシュから釣り上げられる。
おまけにその召喚時効果も発揮されるので、不紫鳥フォグニクス闇騎士ガウェインなどの強力な召喚時効果と組み合わせるのも良いだろう。

Lv3【合体時】効果は魔界七将アスモディオス以来のコアのボイド送り効果だが、置くコアの数が1個と少々心もとない。
とはいえ、魔界七将アスモディオスよりも召喚の手間が少ない分こちらが優先されるだろう。
スカルプレインと合体すればLv3合体アタック時に確実に1体を消滅できる。

BPや効果はどれも強力だが、難点としてバースト召喚が前提のデザインのため、バーストが他に貼ってある状態やライフが少ない場合は腐ることが多い。
トーテンタンツなど紫お得意の手札を破棄して発揮するカードのコストとして使ったり、偽りの地下帝国でコストを軽減したりしてサポートしたい。

【不死】の新たな切り札として活躍してくれるだろう。

  • モチーフは5世紀後半から6世紀初めのブリトン人の伝説的な君主であるアーサー王だろう。
    聖剣エクスカリバーを携え、円卓の騎士を率いたとされている。
  • アーサーの父であるユーサー・ペンドラゴンを意識してか、ドラゴンをモチーフとした外見になっている。
    また、肩部が騎士王蛇ペンドラゴンに酷似したデザインとなっている。
    出自を同じくする闇騎士達とは単眼であることと動物をモチーフとした姿をしている点で共通している。
  • 紫初のLv1BPが10000以上のスピリット。

収録

覇王編 第4弾:剣舞う世界 <X>
バトスピ部スタート記念キャンペーン <X>
バトルスキー主催大会2017年1-3月度提供記念品 バトスピ部スタート記念キャンペーンカード6種セット <X>

アニメにおいて

「覇王」「最強銀河究極ゼロ」「烈火魂」「ダブルドライブ」に登場。
「覇王」ではレナード・ウィリアム・アードレイがキースピリットとして使用し、効果によるキャメロット・ナイト復活の繰り返しと高いBPでハジメやマナブといった実力者を圧倒。
爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼルを初めて破壊する、聖剣竜エクス・ワイバーンとの合体で鉄の覇王サイゴード・ゴレムに指定アタックし破壊するなど、大きな戦果を上げる。
「ハジメvsレナード」(2戦目)では合体でBPを23000まで上げ、超覇王ロード・ドラゴン・セイバーと相討ちになった。

  • 召喚時の口上は、「屈強なる伝説の騎士(ナイト)! 悠久の時を超え、今ここに甦れ! 騎士の覇王ソーディアス・アーサー召喚!」

「最強銀河究極ゼロ」ではリクト・エイプリルが使用。
彼がデッキに入れているXレアの中でも代表格のような扱いをされていた。

「烈火魂」では26話にて戦国龍ソウルドラゴンに破壊されていた。

「ダブルドライブ」では司る者が使用。
天魔神と合体した。

公式Q&A

Q1. 「バースト」ってなに?
A1. →カードの効果 汎用編 バースト編 を参照

Q2. このスピリットのLv3効果で相手のスピリットのコアを0個にしたとき、そのスピリットはLv0になるの?
A2. はい、コアを0個にされたスピリットはLv0となり破壊されます。


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS17-X02

  • テキスト関連
    不死



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-20 (月) 17:29:12
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索