闇騎士(やみきし)ランスロット/The DarkKnight Lancelot

スピリット
5(3)/紫/覇皇・魔影
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000
【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
自分のトラッシュにある紫のスピリットカード2枚を手札に戻すことで、
このスピリットカードを召喚する。
【不死:コスト6】『お互いのアタックステップ』
トラッシュにあるこのスピリットカードは、
コスト6の自分のスピリットが破壊されたとき召喚できる。
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
疲労状態のコスト5以下の相手のスピリット1体を破壊する。
シンボル:紫

コンセプト:寺島慎也
イラスト:かんくろう

フレーバーテキスト:
失敗したら闇楯が最も貧乏クジを引くこの作戦を実行できたのは、
ランスロットという、闇楯には珍しい高潔な騎士の支持があったからだ。 

  • 闇騎士ランスロット覇王編 第4弾:剣舞う世界
Image of


カード番号:BS17-016  

覇王編 第4弾:剣舞う世界で登場したスピリット

バースト発動時、紫のスピリットカード2枚を回収しつつ自身を召喚できる。
「自分のトラッシュにある紫のスピリットカード2枚を手札に戻すことで」とあり、条件を満たせない場合は召喚もできないことに注意。バースト発動のトリガーとなったスピリットも効果による回収の対象となる。
条件のクリアを助け、回収手段も増やせる黄昏のキャメロット城が登場し使いやすくなった。
回収するスピリットカードに色以外の条件がなく、トラッシュを肥やす手段を持つ紫デッキなら広く活躍できる。

不死:コスト6】を持つが、ループを組めるスピリットも少なく使いづらい。
しかし【不死】を持っているだけで様々な効果の恩恵を受けられるので意味はある。

召喚時効果はコスト5以下対象の疲労破壊。
範囲がそれなりに広く、かつこのスピリットの軽減シンボルが多いので序盤から積極的に使っていける。騎士の覇王ソーディアス・アーサーを使って召喚した場合でも効果を発揮できる。
不死】召喚時にアドバンテージを稼ぎやすいのも嬉しい。

登場当初は器用貧乏の感が強かったが、拡張された【不死】・覇皇魔影サポートを最大限受けられるため現在では非常に使いやすいスピリット。

収録

覇王編 第4弾:剣舞う世界 <M>

アニメにおいて

「覇王」に登場し、「マナブvsレナード」でレナードが使用。
バースト召喚され、キャメロット・ナイト2体を回収しつつ召喚時効果でツンドッグ・ゴレムを破壊。一気にアドバンテージの差を広げた。

  • 召喚時の口上は、「円卓より出で来たれ、闇に生きる孤高の騎士。闇騎士ランスロット、召喚!」



収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS17] 覇王編 第4弾:剣舞う世界

公式Q&A

Q1. 「バースト」ってなに?
A1. →カードの効果 汎用編 バースト編 を参照

Q2. 【不死】の効果がよくわからないんだけど?
A2. →カードの効果 汎用編 【不死】編 を参照

Q3. 自分の「トラッシュ」に紫のスピリットカードが1枚しか無かったとき、バースト効果でこのスピリットは召喚できる?
A3. いいえ、紫のスピリットカード2枚を手札に戻せなければ、召喚できません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS17-016

  • テキスト関連



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-05 (金) 03:16:07
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索