醒龍皇(せいりゅうおう)リバーサルドラゴン

スピリット
8(4)/赤/起幻・醒皇・竜人
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 22000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
このスピリットのBP以下の相手のスピリット1体を破壊できる。
さらに、自分のトラッシュに赤1色のカードが3枚以上あるとき、自分のカウント2につき、相手のライフのコア1個をボイドに置ける(最大4個)。
この「ライフ減少効果」はゲーム中に1回しか使えない。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
自分のカウント1につき、このスピリットに赤シンボル1つを追加する(最大3個)。
シンボル:赤

イラスト:Daisuke Izuka

フレーバーテキスト:
「君を見てると、思い出せそうなんだけど……懐かしい友達の記憶」

  • 醒龍皇リバーサルドラゴン転醒編 第1章:輪廻転生
Image of


カード番号:BS52-X01  

転醒編 第1章:輪廻転生で登場したスピリット

Lv1からのBP破壊は自身のBP値まで破壊できるが、対象は1体のみと自身のコストに見合わない効果。
BP7000の状態だと心許ないためブレイヴなどで範囲を広げつつ、バトルで破壊されないようにした方がいい。

後半のライフバーンはトラッシュに加えて、カウント数に関係してくるため《転醒》との連携は不可欠。
ライフ減少効果の発揮タイミングは自由だが、効果の発揮はゲーム中に1回のみのみのため、大量のカウントを稼いだ状態でなければ他のカードに劣る。
また、最大数の4点バーンを行うにはカウントが8以上必要だが、現状カウントを7以上にするには手段が限られる上、現実的ではない。
このスピリットが召喚される頃にはゲームが終了することもあるため、事前にライフを減らしておいて、この効果でゲームエンドに持っていった方が理想的。

Lv2効果は、最大でクアトロシンボルとなることができ、先述のライフバーンを合わせると計算上、一度に5個以上のライフを削ることが可能となる。
しかし、最大軽減でも4コストという重さに加えて、Lv2の維持コアも3と少なくないため、おまけ程度に考えた方がいいだろう。
ライフバーンが防がれた時の保険と言ってもいいが、白晶防壁などで防がれるリスクもあり、当然ながらブロックされたり、それ以前に除去される恐れがあるので耐性を持たせてリスクを小さくしておきたい。

収録

転醒編 第1章:輪廻転生 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS52] 転醒編 第1章:輪廻転生 ブロックアイコン:<7> 2020年04月25日

公式Q&A


■■BS52-X01■■ 更新日:2020/04/17 18:38 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果で「ライフ減少効果」を発揮した後、再びこのスピリットがアタックしたらこのスピリットのBP以下の破壊効果は発揮できるの?
A1.はい、発揮できます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS52-X01




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-11 (月) 00:37:49
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索