邪神(じゃしん)ガタノゾーア

スピリット
9(6)/青/異合
<1>Lv1 10000 <3>Lv2 15000 <10>Lv3 30000
Lv1・Lv2・Lv3『相手のリフレッシュステップ』
相手のフィールド/リザーブにソウルコアがあるとき、
相手は、相手のトラッシュのコアすべてを相手のリザーブに戻せない。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
コスト8以下の相手のスピリット1体を破壊する。
このスピリットに[ソウルコア]が置かれているとき、この効果で破壊した相手のスピリットをデッキの下に戻す。
シンボル:青青

イラスト:丸山浩
ペイント:マルオユキヒロ

フレーバーテキスト:
はるか昔に超古代文明を滅ぼしたと言われている「大いなる闇」。
―ウルトラマンティガ―

  • 邪神ガタノゾーアコラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】
Image of


カード番号:BSC24-X05  

コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】で登場したスピリット

従来の大型の異合に比べて軽減が多く、ミゴーの効果で軽減を一気に満たすことが可能。
また、専用サポートの超古代尖兵怪獣ゾイガーも存在するため、コストに比べ召喚しやすい。

Lv1からの効果は、相手のリフレッシュステップにコアを戻させなくする強力なロック効果。
ただし相手のソウルコアの用途に左右されるため、【起導】とは相性が悪く、《封印》《煌臨》の登場が向かい風となっている。
逆にソウルコアをフィールドに維持し続けるカード相手には有効に働き、特に【異合】【緑青連鎖】の天敵である陰陽童の耐性とトラッシュのコアを天秤にかけることで、除去を狙いやすくなる。
相手のコアに余裕が無い序盤にこそ召喚したいスピリットであるため、前述のミゴーのような召喚を早めるサポートカードはぜひ採用したい。
また、相手にソウルコアの使用を強要できるため、異牙忍頭首トウドウをノーコスト召喚しやすくなる。

Lv2からのアタック時効果はコスト8以下の相手のスピリットを破壊しつつ、ソウルコアが置かれていればそのままデッキ下へと送る珍しい効果。
破壊したカードの再利用を防ぐ働きをするのはもちろんのこと、破壊したスピリットがトラッシュに送られないためスピリット破壊後の【バースト】の発動を封じることができる。
トラッシュに置かれるカードの行き先を変更してデッキの下に置くという扱いのため、破壊時効果の発揮は許してしまうが、南蛮武者ハクライのようなバウンス耐性を持つスピリットもデッキの下に送ることが可能。
陰陽皇リクドウ神霊王アメホシノミコトといったトラッシュに送りたくないスピリットに対して特に有効。

Lv3は10コアもの維持コストを要するが、BP30000という最大級の数値に到達する。
超古代尖兵怪獣ゾイガーならば容易に最大Lvまで上げることが可能で、その高いBPを存分に活かせる。

弱点は、フィールドに居続けなければ意味がないコアロック効果に対し、このカードはなんら耐性を持たないこと。
容易に除去されるため、運用にはその対策が必要となる。

  • 『邪神』を名称に含むが、自身は系統:『邪神』を持たない。
  • 当カードのイラスト担当である丸山浩氏はバトスピ最初期から参加しているアニメのCGモデルのコンセプトデザイナーの一人。
    過去の円谷作品にも多く参加しており、『ウルトラマンティガ』においてガタノゾーアをデザインした本人でもある。
  • 彩色担当者の名前が記されているカードは炎魔戦士キリエロイドと共に初。
  • モチーフはクトゥルフ神話に登場する神格、ガタノトーアとクトゥルフ
    異合を持つのはこの点を意識しているのだろう。
  • ウルトラマンティガ』第51・52話『暗黒の支配者』『輝けるものたちへ』に登場。
    3000万年前にティガと超古代文明を滅ぼした、南太平洋に浮上した超古代遺跡ルルイエに現れた闇の邪神。
    ゴルザを始めとする超古代怪獣や超古代尖兵怪獣ゾイガーを使役。
    触れるだけで人間を絶命させ、機械すら破壊する「闇」を操る。
    ティガの必殺技にもビクともしない頑丈な皮膚を持ち、石化光線でティガを石化して海底へと沈めた。
    世界を闇で包み込み、地球を滅亡寸前まで追い詰め皆が絶望するなか、最後まで希望を捨てなかった子供達の心の光を得て蘇ったティガに敗れた。
    • コアをリザーブに戻せない効果はガタノゾーアが吐く「闇」を、コスト破壊の効果は石化光線を、デッキの下へと戻す効果は石化したウルトラマンティガを海底へ沈めるシーンを再現していると思われ、カード効果でも破壊できるが、こちらもウルトラマンティガの効果で破壊されてしまう。
      51話でティガを圧倒し、52話ではグリッターティガとして復活したティガに圧倒されていた事を意識しているのだろうか。
    • 後に『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』でガタノゾーアの怨念を愛憎戦士カミーラが吸収し、闇黒魔超獣デモンゾーアが誕生した。
    • 顔が逆さまについているように見える印象的な姿が特徴だが、実は下顎に目がついているデザインとなっている。

収録

コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BSC24] コラボブースター【ウルトラ怪獣超決戦】 ブロックアイコン:<2>

公式Q&A


■■BSC24-X05■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.シンボルが2つあるんだけど、どういうこと?
A1.→カードの効果 汎用編 ダブルシンボルに関して を参照

Q2.相手のこのスピリットソウルコアが置かれていて、Lv2・Lv3効果で自分のスピリットが破壊されたとき、そのスピリットの『このスピリットの破壊時』効果は発揮する?
A2.はい、発揮します。この効果は、破壊されたスピリットがトラッシュに置かれるのを、デッキの下に行き先を変更する効果です。

Q3.相手のこのスピリットソウルコアが置かれていて、Lv2・Lv3効果で自分のスピリットが破壊され、デッキの下に戻ったとき、「相手による自分のスピリット破壊後」が発動条件のバーストを発動できる?
A3.いいえ、発動できません。間違えて発動してしまった場合、元に戻してください。

Q4.相手のこのスピリットソウルコアが置かれていて、Lv2・Lv3効果で自分のスピリットが破壊されたとき、そのスピリットが「このスピリットはフィールドから手札/デッキに戻らない」効果を受けていたら、そのスピリットはトラッシュに置かれるの?
A4.いいえ、デッキの下に置かれます。この効果は破壊されたスピリットのカードの行き先を変更する効果で、スピリットは対象にしていません。


関連リンク 




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-03 (水) 19:57:08
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索