超煌臨編

舞台

舞台は神煌臨編に引き続き『神世界』。
創界神ラー率いるエジットとの戦いを制した創界神アレックスウルの陣営だったが、彼女らを待ち受けていたのは創界神ロロと融合した創界神ゼウスの裏切りだった……

勢力

ウル

  • 創界神アレックス
    「グラン・アレクサ」の創界神。
    ブラフマーとの邂逅をきっかけに、ゼウスにロロの体を返すよう要求するが、返り討ちに遭い、重傷を負う。
    具体的な時期は不明だが、インディーダの面々から教わったのか【転神】を習得している

インディーダ

オリンから少し離れた場所に存在する勢力。3人の最高神「トリムルティ」の合議により運営されている。
転神】を身につけた創界神は自分の世界を離れ単独で行動が可能である。

エジット

神煌臨編での戦いに敗れた創界神ラー創界神オシリス創界神イシス創界神セトはスピリットとして転生した。
現在は半ばオリンの属領扱いを受けている。ホルス、トト以外にもまだ創界神がいる模様

  • 創界神ホルス
    ラーに代わりエジットの最高神となった。
    ゼウス=ロロの「オリン中心論」に反発し、「アレックス協定軍」としてゼウス=ロロとの対決を決意する。

オリン

「オリン12神」を擁する神世界の最大勢力。
現在カードとして登場している面々以外に、名前だけ語られている「創界神ディオニュソス」、もう1人の創界神が存在する。

  • 創界神アテナ
    「オリン中心論」に表立って反発し、オリンに所属しながらアレックスらに協力する。
    大親征の際には残留。
  • 創界神アポローン
    元「ナイラック」の住人と良好な関係を築いている。
    大親征の際には残留していたが、アレス敗北に際してアルテミスと共にアレックス協定軍に加わる。
  • 創界神アルテミス
    「オリン中心論」に内心反発しており、ゼウスと友人であるロロの分離を望んでいた。
    大親征の際には残留していたが、アレス敗北に際してアレックス協定軍に加わる。
  • 創界神ヘルメス
    大親征の際には残留しているが、「ウル」と「エジット」の面々を監視したり、スサノヲに密書を送ったりと暗躍している。
  • 創界神ポセイドン
    「オリン中心論」には興味のない様子だったが、何らかの思惑をもって大親征への参加を志願する。
  • 創界神ディオニュソス
    大親征に参加したオリン12神。

アマハラ

神世界最小にして最古の勢力
三姉弟の創界神が呪術で世界を治めているが、最高神が引きこもっているため第2の創界神が実権を握っている

  • 創界神アマテラス
    三姉弟の1番上の姉で最高神。
    引きこもっているらしい。

その他

戦いの軌跡

新1章

創界神ラー率いる「エジット」の「ウル」への侵略戦争は、「オリン」とウルの連合軍の勝利に終わった。
傷ついた世界が復興を始めていく中、「インディーダ」の創界神ブラフマー創界神アレックスを訪ねてきた。
全能の創界神ゼウス=ロロと化した創界神ゼウスが、融合した創界神ロロの力を利用して神世界すべてを征服するつもりだというのだ。
その言葉を信じきれないアレックスは、ゼウス=ロロとの会談を設ける。
ブラフマーの言葉通り、ロロとの分離を拒否したゼウス。アレックスは激怒するが、ゼウス=ロロの雷を受け重傷を負ってしまう。

オリンの創界神アプロディーテに発見されたアレックスはアテナホルスたちにより救出される。
アレックスがインディーダと接触していたことを知ったホルスはブラフマーとの会談を設け、両者はアレックスへの協力を決意し同盟を結ぶ。
事情を知ったアンタークら残されたウルの軍勢は面従腹背を決意し、またインディーダの破壊の創界神シヴァはブラフマーの方針を支持した。
一方、ヘルメスによりホルスとブラフマーの同盟を知ったゼウス=ロロだが、意に介さず「正秩序による全時空統一」を掲げた親征を宣言する。
そしてエジットとの大戦終結から3か月後、親征が開始された。

新2章

ゼウス=ロロ率いるオリンの軍勢の親征が開始される。
親征軍のメンバーはゼウス=ロロ、ヘラ、ヘファイストス、ディオニュソス、ポセイドン、アプロディーテ、アレスの7神。
ポセイドンは親征の成功以外の何らかの思惑を持っているが、ゼウス=ロロは親征への同行を認めていた。
またヘルメスやアポローンらはエジットの監視を兼ねて残留していた。
ゼウス=ロロ自らの親征はホルスらエジットにとって反抗のチャンスともいえる状況だったが、ホルスはまだゼウス=ロロに戦いを挑むべきでないと判断し、沈黙を守った。

一方負傷したアレックスはブラフマーにより創界神クリシュナに預けられていた。
心身ともに回復したアレックスは、ブラフマーに「アマハラ」との同盟の交渉を任される。

そして親征軍の創界神アレスがブラフマーの世界を襲撃する。
アプロディーテに焚きつけられたアレスがゼウス=ロロの待機命令を無視して進撃したのだ。
それから3日後、アマハラに到着したアレックスだったが、交渉に応じた創界神スサノヲは二つ返事であっさりと協力を約束した。
ブラフマーの世界に駆け付けたアレックスとスサノヲ。
スサノヲはアレスとアレスの世界のつながりを断ち切ってしまい、たちまちアレスはスサノヲの虜囚となってしまう。
勝利に沸く「アレックス協定軍」だが、スサノヲの元には「ヘルメスの密書」が届くのであった。

新3章

アレスの敗北を知ったアルテミスは、アポローンと共にゼウス=ロロへの反逆を決意し、アテナの元を訪れる。
それを受けたホルスら残留組は蜂起を決意し、ヘルメスに戦いを挑む。

その頃、アレスとの戦いに勝利したアレックスとインディーダの面々の前に創界神ツクヨミが現れ、今後の同盟についての会談が設けられていた。
しかし、アマハラ主導の同盟を主張するツクヨミと対等な立場での同盟を主張するインディーダの面々の間で話がまとまらないまま、スサノヲとゼウス=ロロの戦いが始まったとの知らせが届き、ツクヨミはスサノヲの元へ向かう。
それを追って戦場に到着した維持の創界神ヴィシュヌだったが、スサノヲの虜囚であるはずのアレスの軍勢に襲撃される。

一方、残留組も予想外の事態に陥っていた。
ゼウス=ロロにエジットの支配権を約束された創界神アヌビスがホルスらを裏切ったのだ。
壊滅状態に陥るエジット陣営だったが、アテナらの側でも予想外の事態が起こる。
大親征に参加しているはずの創界神ヘファイストスが突如現れヘルメスを攻撃したのだ。
ヘルメスは撤退し、1人残されたアヌビスは降伏せざるを得なかった。
監視の目がなくなり、行動の自由を得た残留組はアレックスらへの加勢に向かう。

残留組が勝利した一方で、ヴィシュヌとアレスの対決はヴィシュヌが追い込まれていた。
アレスの攻撃に加えて謎の雷に襲われたヴィシュヌはクリシュナに庇われ、辛うじて世界を分離し撤退する。
やっと戦場にたどり着いたアレックスらの前に立ちはだかったのは、ゼウス=ロロとツクヨミとスサノヲだった。
ヘルメスの密書を読んでいたツクヨミはゼウス=ロロがアマハラの面々を同位の王として扱うという話に乗ってゼウス=ロロ側につき、スサノヲもそれに従ったのだ。

アレックス協定軍とゼウス=ロロの決戦が始まろうとする中、『創世書記』の著者もついに動き出そうとしていた。

関連項目

背景世界

外部リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-20 (日) 17:09:58
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索