神煌臨編

舞台

舞台は多次元宇宙『神世界』。
神世界に浮かぶ無数の世界にはそれを治める『創界神』と呼ばれる神が存在する。
神世界の創界神たちは4つの勢力を作っており、均衡を保っていた。

創界神には「互いの世界の住人同士の争いには干渉しない」という不文律が存在する。
しかし、先の虚神との戦いでロロがこの禁忌を破ったことで、他の勢力がグラン・ロロに攻め込む口実を与えてしまう。

そしてエジットの創界神オシリスがグラン・ロロに対して宣戦布告することで「神々の戦い」が幕を開ける。

勢力

ウル

創界神ロロが新たに立ち上げた勢力。ロロともう1人の創界神が存在する。このもう1人が誰を指しているのかは不明だが、アレックスかアンタークであると考えられる。

オリン

12人の創界神を擁する神世界の最大勢力。

  • オリュンポリス→オリュンポリス・オブ・ロロ
    オリンの主世界。空は青く澄み渡り、白亜の建築物が立ち並んでいる。
    主な戦力は雷の皇獣スピリット。
    • 創界神ゼウス→ゼウス=ロロ
      オリンの最高神。対応する化神は雷神獣皇サンダー・Z・レオン
      雷の皇獣を従えており、彼らが持つ「Z」の称号は「ゼウス」を意味している。
      自由奔放な性格で、ヘラには「アホ亭主」呼ばわりされている。
      エジットの横暴を見かねて自らウルに加勢する。
      ラーとの最終決戦を前にロロと力を共有しゼウス=ロロとなる。

エジット

砂漠の世界で生まれ、機械の力でオリンに匹敵する勢力へと成長した勢力
実は虚神はこの勢力の先兵に過ぎない。

  • ナイラック→デルポ=ナイラック
    創界神オシリスが治める世界。
    妖蛇スピリットが生息している砂漠の世界のようである。
    オシリス不在の隙を狙われてデルポニアの侵略を受け、「デルポ=ナイラック」へと吸収される。
    エジットの軍勢に取り返された後はオシリスが支配していたが、オシリスの消滅後は再びアポローンのものとなった。

その他

戦いの軌跡

第1章

グラン・ロロに突如として別世界の巨大な大陸が現れる。
創界神オシリスの加護を受けた妖蛇の大群たちによる侵略が始まったのだ。
アレックス創龍神グラン・ジークフリードを筆頭にグラン・ロロの勢力が対抗する。
アレックスの狙いは先の大戦を終焉に導いたロロを再び煌臨させ圧倒的な力による虚神撃退の再現。
ところがグラン・ロロが別世界という不純物と融合してしまったために、ロロの力は半分も発揮できず、侵略者を撃退するには至らなかった。
アレックスたちも個々の実力では決して敵に劣ってはいない。
しかし先の大戦で疲弊しきったグラン・ロロの戦力では圧倒的な数の戦力差は覆せなかった。

その時、またしても現れた別の大陸から創界神アルテミスが率いる機獣の軍団が現れ、グラン・ロロの軍勢に加勢する。
グラン・ロロを治める創界神ロロがアルテミスを通じてオリンの協力を取り付けていたのだ。
一方、アルテミスの双子の兄創界神アポローンはオシリスの本拠地であるエジットの「ナイラック」を襲撃していた。
それを知ったオシリスはグラン・ロロから撤退し、ナイラックへ引き返すが時すでに遅くナイラックはデルポニアに吸収されてしまう。
オシリスと妖蛇たちはエジットの別の世界に逃れ、アルテミスもグラン・ロロから自分の世界を切り離した。

戦いはエジットの敗北に終わり、グラン・ロロはつかの間の平穏を取り戻す。
しかし友軍の助力により窮地こそ脱したものの、いつまでも友情に頼ってばかりはいられない。
自分たちも力を蓄える必要があると考えたロロは新たな創界神を生み出すという奇策に打って出る
ロロは神世界の案内人トリックスターを通じてアレックスを神世界へと導いたのだった

第2章

ロロにアレックスを煌臨させることで、内包されたロロの力を借りたアレックスの世界創造が始まった。
その10日後、ウル第2の世界「グラン・アレクサ」が誕生した。
それは同時にウル第2の創界神・創界神アレックスの誕生を意味していた。

アレックスが世界を創造していた頃、アポローンとアルテミスはオシリスの逆襲に備えていた。
しかし、現れたのはオシリスの軍勢ではなく、創界神イシス創界神セト率いるアルティメット軍団だった。
融合世界デルポ=ナイラックを挟撃したイシスとセトは、それぞれアルテミスとアポローンと対峙する。
アルティメットとの対決を想定していなかったデルポ=ナイラックの軍勢は苦戦を強いられ、アルテミスはイシスに圧倒されてしまう。
セトと互角の戦いを繰り広げていたアポローンも敗走を余儀なくされ、挟み撃ちにされる形で2つの世界と接合されたデルポ=ナイラックは放棄せざるを得なかった。
デルポ=ナイラックを戦線復帰したオシリスに任せ、イシスとセトはウルの陣営へ向かった。

グラン・アレクサの誕生から3日後、グラン・アレクサにオリン最高神の使者・創界神ヘルメスの世界が接合された*1
アレックスたちの手助けにやってきたヘルメスの剣獣たちは、素早く迎撃準備を整え、魔界七将をはじめとするグラン・アレクサの軍勢と協力してイシスとセトを迎え撃つ。
創界神としての日が浅いロロとアレックスは必然的に劣勢を強いられるが、オリンの主世界「オリュンポリス」に戻っていたヘルメスは彼らの希望となる情報を持って帰ってきた。
それはエジットの横暴を見かねたオリンの最高神「ゼウス」が自ら動き出したということだった。
ヘルメスの助けを得て、ゼウス到着までの7日間、エジットのアルティメット軍団に耐えるアレックスたち。
そして、戦場に1体の皇獣が現れた……。

第3章

グラン・ロロに創界神アテナを引き連れた創界神ゼウスが到着し、オリン・ウル連合軍の攻勢が始まった。
5人の創界神を擁して数に勝るオリン・ウル連合軍の前に、セトとイシスのみのエジットの軍勢は押されていく。
流れに乗って勢いで押し切ろうとするゼウスに対し、アテナは慎重に行動することを提言するも退けられてしまう。そこでアテナはゼウスには内密に用意していた、「ウルに存在する『逆転大陸』の創界神を味方に引き入れる」作戦を実行に移す。アレックスに鋼鉄騎神アテナイアーを貸した上で、ゼウスとロロの許可を得て送り出したのである。

数に押されていたエジットだが、撤退するでもなくまるで持久戦に持ち込もうとしているかのようだった。
それに気づいたロロの不安は的中してしまう。
オリン・ウル連合軍がゼウス到着までの時間を稼いでいたのと同様、エジット軍も主神・創界神ラーの到着までの時間を稼いでいたのである。
ラーの世界「ヘリオン」が接合された衝撃はゼウスの世界「オリュンポリス」を襲った。ラーは連なった7つの世界の中心にオリュンポリスが来るように計算した位置にヘリオンを接合し、ゼウスに大ダメージを与えることを狙ったのである。
ラーの目論見は成功し、ゼウスは深刻な負傷を負った。
エジット軍が再び逆転に成功し、アテナの提案の元、オリン・ウル連合軍はグラン・ロロの放棄を余儀なくされた。

同時にアテナの指示を受けたヘルメスは移動にすべての力を注ぎこむという大胆な判断で、瞬く間に創界神ヘラの世界へとたどり着いた。
事情を理解したヘラもまた大胆な決断を下す。最速で移動するために、最小限の戦力を残し自身の世界を放棄したのである。
こうしてヘラと共にヘルメスの世界は一瞬でゼウスの下に戻ってきた。
世界を失ったことによる弱体化もいとわず駆けつけたヘラによってゼウスの傷が癒され、ゼウスは復活を遂げた。
そこにアレックスが逆転大陸の創界神アンタークを引き連れて戻ってきた。
力を使い果たしたヘラとヘルメスにその場の創界神全員が力を分け与え、オリン・ウル連合軍は態勢を立て直すことができたのである。
そして、最終決戦の火ぶたが切られようとしていた。

第4章

最終決戦を前にして、ゼウスはロロと創界神としての力を共有することを提案する。
格の違いからロロが半ば吸収されてしまうことを懸念したアテナとアンタークは反対するが、確実な勝利の為にロロはこの提案を了承する。
ロロはゼウスとの分離の際の保険のため、ケイマナカを蘇らせ、アレックスと2人に自分の力の半分たる自らの心を映したスピリットを預け、グラン・ロロの再生を託す密約をかわしていた。アレックスによって導かれた2人は創界神となる。
かくして、ゼウスとロロは「オリュンポリス・オブ・ロロ」の創界神ゼウス=ロロとなった。

一方、突如逆転大陸に別の世界が接続される。
その世界の主はエジットの創界神ホルスであった。
ラーと対立する穏健派であるホルスは残ったエジットの創界神との修好を条件にオリン・ウル陣営への協力を申し出る。
ホルスがアテナを通して陣営に迎えられたことでゼウス=ロロの陣営は大軍団となった。

準備を整えたゼウス=ロロ陣営は再び世界を接続し、9つの世界が重なった最終決戦が始まる。
ゼウス=ロロの絶大な力はラーに支配され砂漠と化したオリュンポリスとグラン・ロロをもとの姿に塗り替えていく。加えてオリュンポリスにはロロの、グラン・ロロにはゼウスの影響が与えられて強化される。

迎撃するセトと戦うのはヘラ・ヘルメスの連合軍。一方ではイシスとアテナ・アンターク・アレックスの連合軍が戦う。ラーとゼウス=ロロは戦場を挟んでにらみ合う。
創界神の数に勝るゼウス=ロロ陣営だが、先の戦いの傷は癒えておらず、ヘラ、続けてヘルメスが崩れていく。
ゼウス=ロロがヘラ・ヘルメスの救援に向かえばゼウス=ロロの背後を取る。
ゼウス=ロロが慎重に進めば互角のイシスの戦場に加勢して叩き潰したのち、イシスと共に反転してゼウス=ロロらを挟み撃ちにする。
ラーは勝利を確信するが、ここでアテナの仕掛けた3つの策が炸裂する。

セトの背後に新たなエジットの軍勢が現れた。
ヘラ・ヘルメスに追い打ちをかけるかと思いきや、その矛先が向いたのは背後を見せるセトの軍勢だった。
彼らの正体はゼウス=ロロ陣営に加わったホルスと創界神トト
ヘラとヘルメスも反撃に転じ、形勢は一気に逆転した。

ホルスとトトがラー陣営に気づかれずに行動できたのはアテナの策によるものだった。

  1. ホルスとトトを味方に引き入れ、伏兵とすること
  2. ホルスとトトの世界が接続した際の時空震を防ぐため、創界神ポセイドンの力で世界を安定させること
  3. アポローンとアルテミスにオシリスを攻撃させ、エジットの援軍を封じること

ホルスとトトの裏切りに憤るラーは、力による正攻法という残された手段に出る。
しかし、その時を待っていたゼウス=ロロの軍の一撃がラーを襲う。
持ち堪えるラーだが、いつの間にか世界の中心にあらわれたアレックスがグラン・ジークフリードを煌臨させる。
ゼウス=ロロの雷とグラン・ジークフリードの一撃がラーに直撃し、ラーは消滅した。
セト・イシス・オシリスも共に消滅する。
残された世界はオリンの創界神たちの世界に取り込まれ、オリンとエジットの戦いは終結した……。
しかし、それはウルの戦いの終結を意味するものではなかった……。

関連項目

背景世界

外部リンク




*1 フレーバーテキストではグラン・アレクサが舞台になっているが、公式サイトではグラン・ロロでの出来事とされている

最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-27 (日) 21:03:01
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索