絶対(ぜったい)なる幻龍神(げんりゅうしん)アマテラス・ドラゴン

スピリット
10(0)/赤/絶晶神
<1>Lv1 X0000
このカードは一切の効果を受けない。 
Lv1 
このスピリットは合体できず、このスピリット以外の一切の効果を受けない。
このスピリットのBPは、このスピリットのコア×10000になる。 
Lv1『このスピリットの召喚時』 
このスピリット以外のスピリットすべてを破壊する。 
シンボル:赤赤赤

コンセプト:寺島慎也
イラスト:藤井英俊
(アニメ・トロフィー封入版)
英名:The AbsoluteDragonDeity Amaterasu-Dragon
このスピリットカードは一切の効果を受けない。 
Lv1 
このスピリットは合体できず、このスピリット以外の一切の効果を受けない。
このスピリットのBPはこのスピリット上のコア×10000になる。 
Lv1『このスピリットの召喚時』 
このスピリット以外のスピリットすべてを破壊する。 

カード番号:BS55-XX01  

転醒編 第4章:天地万象で登場したスピリット

アタック出来る点を除けば、放浪者ロロ等と同じ完全なアンタッチャブル。
最近は「防げない」効果も増えてきたとはいえ、それでも殆どの効果を受け付けない事には変わり無く、非常に場持ちは良いと言える。
しかし、この耐性は手札やトラッシュにあっても適用される為、重すぎる召喚コストを踏み倒す事が出来ないのは辛い。

召喚時効果は、敵味方問わず自身以外のスピリットを一掃してしまう非常に強力なもの。
上記の通り殆どの効果を受け付けない為、永遠なる水道橋等で防ぐ事も出来ない。
しかし、あくまでも破壊出来るのはスピリットのみで、スピリットでも耐性持ちは破壊出来ない事から、手軽な耐性付与が増加している現環境では、相手のスピリットが生き残る可能性も十分に考えなければならない。
加えて召喚したターンのアタックで相手のライフを削りきれなかった場合、基本こちらのブロッカーが居ない状態で返しのターンを迎える事になる為、あらかじめ白晶防壁等の防御札を握った状態でのアタックが推奨される。
この際厄介なのは自身の重い召喚コストだが、緩い条件でノーコスト使用が可能な絶甲氷盾(リバイバル)が良き相棒となってくれる。

BPは決まった数値が存在せず、それ故に特殊な表記となっており、自身のコア数に応じてそのBPを無際限に上昇させる事が出来る。
この効果を最大限に生かしたいとなれば、それこそ召喚コストと合わせて膨大な数のコアが必要となるものの、たった2コアでも激神皇カタストロフドラゴンクラスのBPを得られるのはかなりの脅威であり、10コアあれば戦極マキシマムドラゴンをも上回るBPとなり、遠藤ビャク・ガロ子ちゃん以外を相手にBP負けする事はほぼ無くなる。
とはいえ、現環境では3~5コア程あれば、アルティメット相手にもそうそうBP負けする事は無く、「防げない」効果を持つBP破壊やコアシュートにもある程度対応出来る様になる為、無理してまで大量のコアを確保する必要は無い。

しかし、その強大すぎるBPと召喚時効果故に、【呪滅撃】や鉄の覇王サイゴード・ゴレム(リバイバル前)、カオティック・リクゴー等が天敵となってしまう他、聖龍帝ディクト・ゼレンらと異なり、破壊したスピリットの効果を無力化出来る訳では無い為、【根幻回帰】等も厄介な相手となる。

総じて強力だがそれ以上に癖の強いカードであり、コストが10もありながら軽減シンボルが無くコストを踏み倒す事も出来ない為、デッキ以外では召喚自体が非常に困難というのが現実。
複数枚投入は勿論、1枚投入でもデッキ事故の危険性を高める恐れがあるが、【緑重】においては禁止カードになってしまった断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソードに代わる新たな切り札に成り得る。

召喚時効果に関しては、アルティメットの破壊も可能な赤の起源龍アマテラス聖龍帝ディクト・ゼレンも存在しているが、こちらはアルティメットの破壊が不可能であるが故に味方のアルティメットとの共存が容易であり、殆どが軽減の確保には不向きな究極シンボルしか持たないアルティメットの特性も、元々軽減シンボル自体を持たないこのカードならさほど気にならない。

これらを踏まえた上で考えた場合、このカードを投入するデッキの現時点での最適解は、【緑ランプ寄りのアルティメットデッキ】という事になるだろう。

  • 元々はバトスピ覇王チャンピオンシップの優勝トロフィーに埋め込まれていたカードであり、一般販売が決定されるまでは公式大会での使用は不可能だった。
    • バトスピMAX2012及びバトスピMAX2014の特設ステージでは、棚志テガマル役の福山潤氏が使用。その際に、当時の時点では世界に4枚しか存在しないカードである事が語られた(当時のチャンピオンシップ優勝者2名と諏訪部順一氏、そして福山潤氏が所持しているもので計4枚)。
    • そして、アニメでの初登場から約9年の時を経て、ついに転醒編 第4章:天地万象XXレアカードとして一般販売される事が決定。まさかの発表に多くのユーザー達が衝撃を受けた。
      この発表に関しては、メガデッキ【覇王見斬】同様、アニメ『覇王』の放送開始10周年を記念して行われたものと思われる。
    • アニメ・トロフィー封入版のカードには、本来なら記載される筈のレアリティやイラストレーター名等が記載されておらず、テキストの背景にはバトスピのロゴマークが描かれている。
  • 系統絶晶神や素のトリプルシンボルを持つ初のスピリットであり、BPの数値に数字以外の文字が入る現状唯一のスピリットでもある。
  • モチーフは、日本神話における最高神であり、須佐之男命月読命の姉でもある天照大神
  • 転醒編 第4章:天地万象以前には、プロモーションカードでは性能が大幅に変更された時統べる幻龍神アマテラスが、十二神皇編 第3章では事実上の調整版である赤の起源龍アマテラスが、それぞれ公式大会で使用可能かつ一般の人でも比較的容易に入手可能なリメイクカードとして登場している。

収録

アニメにおいて

『覇王』『最強銀河究極ゼロ』にて登場。

『覇王』では、棚志テガマルがラゴシア伯から譲り受けた"幻のカード"にして、失われていた棚志家の家宝という形で登場している。
その強さ故に、テガマルは次第にこのカードに飲み込まれていき、カードや仲間に対する愛を忘れた結果、他のカードや仲間を卑下する人格へと変わり、戦い方にもそれが色濃く出るようになった。
端的に言えば、同作における事実上のラスボスであり、このカードを攻略出来るか否かが物語後半の主軸として扱われている。

テガマルはこのカードの力を遺憾なく振るい、陽昇 ハジメを圧倒して覇王チャンピオンシップ優勝を果たし、さらには薬師寺アラタをも撃破して初代覇王に輝く。
しかし、ハジメとのバトルを経て、テガマルは己のあり方を省みるようになった。
ハジメとテガマルの再戦(49・50話)でも使用されるが、神焔の高天ヶ原爆氷の覇王ロード・ドラゴン・グレイザーの【重装甲】によって召喚時効果を凌がれ、最後は五輪転生炎キズナブレードでBP54000となった超覇王ロード・ドラゴン・セイバーとのBP勝負に敗北し、ついに破壊された。

  • 召喚口上は「照覧あれ!400年の時を経て甦る天空の王!絶対なる幻龍神アマテラス・ドラゴン降臨!」
  • 上記にもある通り、このカードは一般販売までに約9年もの時を有しているが、カードゲーム作品において暫く商品化される予定の無いカードをアニメに登場させるケースは『遊☆戯☆王』シリーズ以外では非常に珍しく、このカードに関しても登場に至った経緯については不明。
  • 劇中ではBPは明言されなかったものの、現在までのバトルスピリッツのアニメ作品における最大BPは、このスピリットにコアが13個置かれていた時のBP130000である。
    2位はキズナブレードの効果を受けた超覇王ロード・ドラゴン・セイバーが、3・4位は(同一スピリットを除くと)光魔神の効果を受けた十二神皇が続く。

『ソードアイズ』では、かつて神が創造したスピリット達の世界のイメージ中で、その姿が描かれている。
獣同然だったスピリット達は、神の慈悲により知恵を与えられたが、その知恵故にスピリット達は傲慢の極みに達し、神に成り代わろうと神に戦いを挑んだ。
しかし、当然その事に対して怒り嘆いた神は、殺しこそしなかったが自らの手でスピリット達をカードの中に封じ込めた、との事。

最強銀河究極ゼロ』では、19話で「アマテラス学園」に祀られているカードとして登場。
イアン曰く、このカードは「全ドラゴンの憧れ」であり、その強さ故に「究極のバトスピ」ではないかと噂される事もあるらしい。
また、究極宮ボイドにて、超覇王ロード・ドラゴン・セイバーと共に石像として登場している場面もある。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS55] 転醒編 第4章:天地万象 ブロックアイコン:<7> 2021年01月30日

公式Q&A


■■BS55-XX01■■ [Q&A情報の修正]


関連リンク 




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-07 (木) 01:37:33
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索