破壊神(はかいしん)スペースゴジラ

スピリット
4(3)/赤/星竜
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 8000 <8>Lv3 15000
このスピリット/スピリットカードは[スペースゴジラ]としても扱う。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分のデッキを上から4枚オープンできる。
その中のネクサスカード1枚を手札に加える。残ったカードは破棄する。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
自分のネクサス1つにつき、BP5000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
シンボル:赤

イラスト:甲壱

フレーバーテキスト:
宇宙に飛散したG細胞から誕生した破壊神。肩の大きな結晶体から
宇宙エネルギーを得て活動する。―ゴジラvsスペースゴジラ(1994)―

  • 破壊神スペースゴジラコラボブースター【怪獣王ノ咆哮】
Image of


カード番号:BSC26-006  

コラボブースター【怪獣王ノ咆哮】で登場したスピリット

スペースゴジラを中心としたデッキの間滑油となるデザインで、結晶地帯の回収、軽減、小型の露払いが1枚で可能。
オープン枚数から結晶地帯のみのサーチでは期待値が低く、破壊体数はネクサスの数に影響されるため、結晶地帯以外のネクサスも同時採用したいところ。
4(3)の軽さに反して高めのBPを持ち、超古代尖兵怪獣ゾイガー結晶地帯で生かすこともできる。

キングギドラ[1991]凶龍爆神ガンディノスアルティメット・ガンディノスなど、ネクサスを利用する赤のカードは多数存在。
赤でネクサスのサーチができるのは貴重であり、スペースゴジラを採用しないデッキでも採用が検討できる。
特に星竜に対応した創界神ネクサスの登場で、サーチ効果の重要性は当時よりも増しているといえる。
なお、期待値は40枚のうちネクサス10枚の採用で1枚回収できる。

収録

コラボブースター【怪獣王ノ咆哮】 <C>
コラボスターター【東宝怪獣総進撃】 <C>

原作において

映画『ゴジラvsスペースゴジラ』に登場。
詳細はスペースゴジラ参照。
別名の「破壊神」は同映画のキャッチコピーから取られている。
イラストは福岡市に結晶地帯を展開して街を破壊したりゴジラを攻撃したシーンを再現しているのだろう。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BSC26] コラボブースター【怪獣王ノ咆哮】 ブロックアイコン:<3>
[PB02] コラボスターター【東宝怪獣総進撃】 ブロックアイコン:<3>

公式Q&A


■■BSC26-006■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットカード3枚と、「BSC19-X02 スペースゴジラ」を3枚で、合計6枚デッキに入れることができる?
A1.はい、入れることができます。

Q2.「オープン」とは、相手にもカードを見せるということ?
A2.はい、相手にもカードを見せてください。
カードの効果 汎用編 を参照


関連リンク 

  • イラストレーター
    甲壱




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-13 (木) 07:06:11
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索