獄炎公爵(ごくえんこうしゃく)ブラム・ザンド・ノワール

アルティメット
8(紫3極3)/紫/邪神・次代・死竜
<1>Lv3 15000 <3>Lv4 20000 <4>Lv5 25000
【召喚条件:自分のライフ3以下】
Lv3・Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
【ソウルドライブ】このアルティメットの[ソウルコア]をゲームから除外すると、
相手のスピリット/ネクサスすべてのコア2個ずつを相手のトラッシュに置く。
相手は、次の『相手のリフレッシュステップ』で、相手のトラッシュのコアすべてを相手のリザーブに戻せない。
Lv4・Lv5『このアルティメットのアタック時』
相手のスピリット1体のコアを、1個になるように相手のトラッシュに置く。
シンボル:極

コンセプト:寺島慎也
イラスト:SUNRISE D.I.D.

フレーバーテキスト:
獄炎を司る四魔卿は絶望の炎を纏いて蘇る。

  • 獄炎公爵ブラム・ザンド・ノワールプロモーションカード
    バトルスピリッツダブルドライブウエハース~破滅の暴君~
Image of


カード番号:P16-21  

プロモーションカードで登場したアルティメット

ソウルドライブ】はリメイク元と違って、次々ターンでの防御手段やスピリット以外の展開にも影響がある。
同コスト帯の戦国六武将ムドウ獄土の四魔卿マグナマイザーと違い、合計数ではなく全体から均等にコアシュートするのが特徴。
また、耐性持ちを相手取る場合も相手がコアを使ったタイミングで発揮させれば大きな拘束力が期待できる。
ただし、リメイク元同様に一切アルティメットに触れられないという弱点を引き継いでいるのがネックとなる。
全体からの2コアシュートであるため横に並べる相手に強いが、3~4体までなら上の2体でも同様に2コアずつのコアシュートが可能なので、大きな利点とは言い難い。
系統面でも使い勝手は劣っており、総じて戦国六武将ムドウ獄土の四魔卿マグナマイザーよりも優先して採用するメリットに乏しいと言わざるを得ないだろう。
一応、これらのアルティメットを警戒してネクサスにコアを集中させる相手には効果的である。
召喚条件も含めて獄土の四魔卿マグナマイザーとは相互補完の関係であるため、ソウルコアを取り合わないあちらの補助要員としての採用に留まるだろう。

Lv4効果は3コア以上をトラッシュに送ることも可能であり、【ソウルドライブ】による回収阻害とは噛み合った効果と言える。
しかし単体ではアドバンテージに繋がらないため、戦国六武将ムドウと比べて【ソウルドライブ】後の性能は低いと言わざるを得ない。

収録

バトルスピリッツダブルドライブウエハース~破滅の暴君~ <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

バトルスピリッツダブルドライブウエハース~破滅の暴君~ ブロックアイコン:<3>

公式Q&A


■■P16-21■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.【ソウルドライブ】の効果がよくわからないんだけど?
A1.→カードの効果 汎用編 【ソウルドライブ】編 を参照

Q2.このアルティメットの【ソウルドライブ】の効果で、トラッシュにあるコアはずっとリザーブに戻せないの?
A2.いいえ、次の『相手のリフレッシュステップ』でリザーブに戻せないだけで、カードの効果や、それ以降の『相手のリフレッシュステップ』ではリザーブに戻せます 。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    P16-21




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-24 (金) 12:25:13
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索