煌星第八使徒(こうせいだいはちしと)プロテウス

スピリット
8(3)/赤/星竜
<1>Lv1 8000 <3>Lv2 10000
フラッシュ《煌臨:星竜&コスト5以上》『お互いのアタックステップ』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2『このスピリットの煌臨時』
自分の手元にある【アクセル】を持つ赤のスピリットカード1枚を手札に戻すことができる。
Lv2『自分のアタックステップ』
自分の赤の【アクセル】の効果発揮後、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
シンボル:赤

イラスト:一徳

フレーバーテキスト:
この規模の激突は世界のバランスを崩壊させる!

  • 煌星第八使徒プロテウス煌臨編 第3章:革命ノ神器
Image of


カード番号:BS42-012  

煌臨編 第3章:革命ノ神器で登場したスピリット

煌臨条件などが重い割にはBPやシンボルなどが総じて力不足。
しかし後述の効果を繰り返し使うならば、同じ赤相手でなければ低BPもそこまで気にならない。

【煌臨時】効果は実質的に【アクセル】を使い回す効果。
赤限定、かつLv2効果と異なりスピリットカード限定なことに注意したい。

最大の特徴と言えるLv2効果は、赤の【アクセル】であればブレイヴカードの輝きの聖剣シャイニング・ソードも対象に含まれる。
ただ効果発揮を行うだけでライフダメージを与えられるため、低コスト【アクセル】を乱打してワンショットキルを狙うのも良い。
もっとも、それだけのコアがあるならこの効果を発揮するより速く勝てる状況であることがしばしば。
一方で、基本的にこのスピリットの《煌臨》後は最低でもソウルコアとこのスピリットの維持コストである3コアは使えないことから、そもそも赤の【アクセル】を乱打することすら難しい。

  • カード名の由来は海王星の衛星であるプロテウス (Proteus) と思われる。
    その名前はギリシア神話の海神プロテウスにちなんで名づけられた。
  • 第八使徒のナンバリングは太陽系惑星の並び順によると思われる。
    太陽に近い順に「水金地火木土天海冥」で八番目にあたる。
    ただし、「海・冥」は公転のタイミング次第で並びが前後する。

収録

煌臨編 第3章:革命ノ神器 <R>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS42] 煌臨編 第3章:革命ノ神器 ブロックアイコン:<4>

公式Q&A


■■BS42-012■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A1.→カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS42-012
  • イラストレーター
    一徳




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 19:10:38
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索