煌星第二使徒(こうせいだいにしと)スターゲイズ

スピリット
8(4)/赤/星竜・古竜
<1>Lv1 8000 <3>Lv2 13000 <4>Lv3 16000
フラッシュ《煌臨:星竜&コスト5以上》『お互いのアタックステップ』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの煌臨時』
このターンの間、このスピリットは相手の効果を受けない。
Lv2・Lv3:フラッシュ『このスピリットのアタック時』
このスピリットの煌臨元になっている系統:「星竜」を持つスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
そうしたとき、このスピリットは回復する。
シンボル:赤赤

イラスト:藤井英俊

フレーバーテキスト:
ジークヴルムが煌臨する!! より巨大な星の龍に!!
  • 煌星第二使徒スターゲイズ煌臨編 第2章:蒼キ海賊
Image of


カード番号:BS41-011  

煌臨編 第2章:蒼キ海賊で登場したスピリット

煌臨》条件はコスト5以上の星竜とかなり厳しい。
アタック時効果も同様に系統の条件があるが、それに見合う能力を持ち、【星竜】の新たなフィニッシャーとしての活躍が期待できる。

煌臨時効果は何かと邪魔をされやすい連続アタックコンボの成功率を高めるための効果。
そうでなくとも完全耐性+ダブルシンボルによる圧力はかなりのもので、アンブロッカブル付与やブロッカー排除ができるブレイヴと組み合わせるのも効果的。

Lv2・Lv3アタック時効果は一度発揮するだけで、自身のダブルシンボルのアタック2回と召喚した星竜のアタック1回で、合計5点を奪うことができるデザイン。
ターンごとの発揮回数に制限がなく、より条件の緩い《煌臨》を持つ星竜煌星第七使徒ハイペリオンも同時採用して回数を伸ばしたい。
また、召喚された星竜の召喚時効果は問題なく発揮されるため、煌星第七使徒ハイペリオン滅亡の邪神ハイパーゼットン(イマーゴ)などの強力な効果を再利用できる。

  • スターゲイズは「星を見るもの」を意味し、すなわちスターゲイザー「天文学者/占星術師」を指す。
    天文学者は、惑星、恒星、銀河等の天体を研究する科学者である。
    「恒星」は自ら恒常的に発光する天体を意味し、「煌星」の名は非常に《煌臨》の名に噛み合ったネーミングとなっている。
  • 右手に地球を、左手に銀河系・太陽系を表わしたと思しき球体を掲げている。
    また、同様のポージングで月と太陽を両手に掲げたスピリットに天地神龍ガイ・アスラが存在する。
  • 背景世界雷皇龍ジークヴルムが煌臨した姿。

収録

煌臨編 第2章:蒼キ海賊 <R>

公式Q&A

Q1. シンボルが2つあるんだけど、どういうこと?
A1. →カードの効果 汎用編 ダブルシンボルに関して を参照

Q2. 《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A2. →カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS41-011




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-23 (水) 06:19:44
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索