(きら)めきの道化姫(どうけひめ)トリックスター

スピリット
6(3)/黄/道化
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
自分のトラッシュにあるマジックカードか《煌臨》を持つスピリットカード1枚を手札に戻すことができる。
Lv1・Lv2『相手によるこのスピリットの破壊時』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置かずに、このスピリットに《煌臨》でカードを重ねることで、同じ状態でフィールドに残る。
Lv2
このスピリットは、相手の効果でコアを3個以下にされない。
シンボル:黄

イラスト:高苗京鈴

フレーバーテキスト:
救世主と共に旅した仲間たち。
その人たちも今や伝説の存在だ。
  • 煌めきの道化姫トリックスター煌臨編 第1章:伝説ノ英雄
Image of


カード番号:BS40-052  

煌臨編 第1章:伝説ノ英雄で登場したスピリット

召喚時効果はトリックスター系おなじみのトラッシュ回収。
今回はマジックカードもしくは《煌臨》持ちスピリットを回収でき、煌臨元カードの破棄効果との相性がいい。

破壊時効果はソウルコアをトラッシュに置かない特殊な《煌臨》を行うことでフィールドに残るという変則的な破壊耐性。
この《煌臨》は煌臨カードに書かれた指定タイミングを無視して行える(つまりメインステップ等にも《煌臨》できる)。
ただし、煌臨条件は無視できず、手札のカードも使用できる必要があるので注意。
なお、記述からは読み取りにくいが煌雷帝エール・クレルら同様、ソウルコアがトラッシュにある/除外されている状態では発揮できない。

Lv2からのコアシュート耐性は「コアを3個以下にされない」ので4個までは保護できる。
召喚時効果でバウンスに睨みを利かせつつ、破壊時効果と併せて《煌臨》元スピリットとしての信頼性は高い。

すべての能力が《煌臨》元スピリットとして機能するようにデザインされている。
しかし、6コストとかなり重いスピリットにしては得られるアドバンテージが受け身すぎる感がある。
破壊時効果を積極的に誘発できるようなギミックを組み込んだ上で、複数回の《煌臨》が必要なカードを採用するなど工夫が必要だろう。

  • トリックスター(導化姫トリックスター)のリメイク。
    ロロの同行者の中で、永く登場し続けた彼女も、伝説の存在になったようだ。
    イラスト上は、エプロンのように背中が大きく開いたタイツ状の服を着ている。
    大崩壊時代は世界が六つに分かたれていた異界見聞録時代の再来であるため、系統と名称から「導化/導魔」が失われている。

収録

煌臨編 第1章:伝説ノ英雄 <M>

公式Q&A

Q1. このスピリットが『相手のメインステップ』で相手から破壊されたとき、このスピリットの効果で『お互いのアタックステップ』の《煌臨》もできるの?
A1. はい、できます。

Q2. このスピリットの効果で《煌臨》するとき、煌臨条件は無視できるの?
A2. いいえ、できません。

Q3. このスピリットの効果で《煌臨》するとき、手元から《煌臨》できるの?
A3. 《煌臨》に「手札から重ねる」と書かれているカードは、この効果でも、手元から《煌臨》はできません。


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS40-052

  • テキスト関連
    煌臨



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-25 (火) 19:16:38
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索