()熾天使(してんし)アラフィエル

スピリット
9(5)/黄/天霊
<1>Lv1 7000 <2>Lv2 10000 <3>Lv3 13000
フラッシュ《煌臨:黄&コスト6以上》『お互いのアタックステップ』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの煌臨時』
このスピリットの煌臨元カード2枚を破棄することで、相手のスピリット/アルティメット/ネクサスすべてを好きな順番でデッキの下に戻す。
【煌臨中】Lv3
【煌臨中】の自分のスピリットすべては、このスピリットと《煌臨》を持つ相手のスピリット以外の効果を受けない。
シンボル:黄黄

イラスト:四季童子

フレーバーテキスト:
天使様……どうか僕たちに救いのお言葉を……。
(エラッタ前)
ルビ修正前:しきてんし
【煌臨中】Lv3
【煌臨中】の自分のスピリットすべては、《煌臨》を持つ相手のスピリット以外の効果を受けない。
  • 火の熾天使アラフィエル煌臨編 第1章:伝説ノ英雄
Image of


カード番号:BS40-X05  

煌臨編 第1章:伝説ノ英雄で登場したスピリット

煌臨》の条件は黄&コスト6以上と厳しめ。
基本的には【天霊】のような黄中心のデッキで、完全耐性持ちの星馬コルット(リバイバル)や智天使ヨフィエルを使い、《煌臨》の準備が整うまで粘ることになる。
他色のデッキでまともに戦い、煌臨条件無視と連続《煌臨》が可能な誕晶神を使って一気に煌臨時効果発揮まで持っていくのもいいだろう。

煌臨時効果はフィールドを一掃でき、残るのはバーストと手札/手元のカードくらいのため、そのまま勝負を決めてしまえる。
問題はどのようにして煌臨元を2枚用意するかであり、特に1回目の《煌臨》からこのスピリットに繋げるまでの隙をどう埋めるかが焦点。
天使長ソフィア(リバイバル)や風の熾天使エアリフェルの効果でソウルコアを使用せず1度目の《煌臨》をした後、アタックステップに入ってソウルコアを使用してこのスピリットを《煌臨》させるのがスムーズ。
必要なカードとコアとターン数はかさむが、煌龍皇シン・ジークフリードの【煌覚醒】で1ターンのうちにソウルコアを回収し、煌天使レジエル奇術天使マルチェルなどから繋げられれば理想的。

Lv3の【煌臨中】効果は煌臨時効果とトレードオフになることが多いが、非常に強力な耐性を付与できる。
煌臨時効果ではなくこちらを主目的に採用しても良い。
自前のダブルシンボルに加え、黄魔神などと合体しシンボル/BPを大幅に強化することで、《煌臨》を多用しないデッキが相手ならばごり押しで勝利できる。

注意点として、このスピリットが発揮元になるもの以外、【煌臨中】のスピリットが自分が使う効果も受け付けなくなるという点がある。
代表的な事例を以下に列挙する。

  • 他の自分のカードの、自分のスピリットを対象にした効果を受けなくなる。
    例:リカバリースターの回復効果や智天使ヨフィエルのBPアップ効果などを受けなくなる。
  • 煌臨》は自分のスピリットを対象にする効果であるため、【煌臨中】のスピリットに重ねて《煌臨》することができなくなる。
    例:付与した耐性をそのままに、2枚目以降の火の熾天使アラフィエルの煌臨を狙うことはできない。
  • 耐性を付与している火の熾天使アラフィエル以外の【煌臨中】のスピリットは、自身を対象にした効果を受けなくなる。
    例:翼龍皇ジークフリード・ヴェールの煌臨時効果が発揮されても、他の【煌臨中】のスピリットはもちろん、自身も回復できない。
    例:煌龍皇シン・ジークフリードが【煌臨中】のとき、Lv2・Lv3効果の【煌覚醒】で、トラッシュにあるソウルコアを自身に置けなくなる。
  • 火の熾天使アラフィエル以外の【煌臨中】のスピリットにブレイヴを合体させ、新たに効果を得た場合でも、その合体スピリット自身を対象にした効果を受けなくなる。
    例:牙皇ケルベロードを合体させた【煌臨中】のスピリットは、自身が得た「このスピリットは回復する」効果を受けなくなる。(ナビ電回答済)

公式のナビ回答でも回答者によって差異が出ているため、公式大会などでトラブルにならないよう、自分が使用するカードの効果との組み合わせについては事前に公式サイトやナビ回答で確認しておきたいところ。

デメリットだけでなく、七海大名シロナガスバースト効果で相手のフィールドだけを一掃するなど、メリットとして利用する手もある。

Lv3効果とダブルシンボルを活かした決定力が大きな魅力だが、《煌臨》の流行り廃りに左右されるため、煌臨時効果も発揮できる構築にしておくといいだろう。

  • 熾天使とは偽ディオニュシオスが定めたキリスト教の「天使九階級」における上級一位(上の上):セラフィムの日本語名を指す。
    ヤハウェ神への愛と情熱で体が燃えているため、「熾(燃える、などの意)」の天使とされている。
    また、「西洋儀式魔術」においては「四大天使」に四大元素が関連付けされており、熾天使ミカエルが「火・赤・南」を司るとされている。
  • 誤植・エラッタについて
    • エラッタ前のLv3効果は記述の通りに処理した場合、耐性を付与するこの効果自体を受けられなくなる矛盾を孕んでいた(既存のカードには「この効果以外の一切の効果を受けず」のような記述が存在している)。
    • カードの名称が「熾天使(しきてんし)」となっているが、本来の読みは「熾天使(してんし)」であり、「熾」を「識」などの他の漢字と読み間違えた可能性がある。
      • これらについて、17/04/20時点において公式サイト商品ページにてカード名称の誤読・テキストの脱字のお詫びが記載されている。
        1枚のカードで誤植が複数発生したのはこのカードが初となる。
        特にテキストの脱字に関しては、この件を知らないプレイヤーとの対戦の際にはトラブルの元となりうる場合があるため、公式サイトで脱字について言及されていることを伝える準備をしておいた方が良い。

収録

煌臨編 第1章:伝説ノ英雄 <X>

公式Q&A

Q1. シンボルが2つあるんだけど、どういうこと?
A1. →カードの効果 汎用編 ダブルシンボルに関して を参照

Q2. 《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A2. →カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照

Q3. Lv3で【煌臨中】のこのスピリットがいるとき、【煌臨中】の自分のスピリットは、自分のスピリットやマジックの効果も受けなくなるの?
A3. はい、その通りです。

Q4. Lv3で【煌臨中】のこのスピリットがいるとき、【煌臨中】の自分のスピリットに、「BS40-091 セイクリッドウィング」を使用して、煌臨元カードを召喚できるの?
A4. いいえ、召喚できません。

Q5. Lv3で【煌臨中】の自分のこのスピリットがいるとき、【煌臨中】の自分の「BS39-XX02 光導神ゾディアック・ピオーズ」は、『このスピリットのアタック時』で煌臨元カードを破棄したり、「このスピリットは相手の効果を受けない」効果で、相手の《煌臨》を持つスピリットの効果は受けなくなるの?
A5. いいえ、違います。そのスピリットが持つ自身を対象とした効果も受けないため、煌臨元カードを破棄できませんし、相手の《煌臨》を持つスピリットの効果は受けます。


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS40-X05




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-22 (火) 17:42:38
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索