機巧将軍(きこうしょうぐん)ダイゴンゲン

スピリット
7(4)/白/機巧
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 12000
【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
このバースト発動時に白のスピリットが破壊されていたら、相手のスピリット/アルティメット3体を手札に戻す。
この効果発揮後、このスピリットカードをコストを支払わずに召喚する。
Lv2『相手のエンドステップ』
このターン、自分のライフが減っていなかったとき、ボイドからコア1個を自分のスピリットに置き、自分はデッキから1枚ドローする。
シンボル:白

イラスト:K2商会

フレーバーテキスト:
「あの天下分け目の大決戦より、我が国は天下泰平!
あとは我が後継機たちに任せ、私は、唯一の心残りを果たすとしよう」
  • 機巧将軍ダイゴンゲン十二神皇編 第1章
Image of


カード番号:BS35-043  

十二神皇編 第1章で登場したスピリット

バースト】効果の発揮条件の都合上、白スピリット主軸のデッキに投入する形となる。
Sバースト】ではなく消滅にも対応しないものの、広範囲の除去を行えるため積極的にチャンプアタックなどで狙って行きたい。

召喚後はLv2からライフダメージを受けなかった場合にコアブーストとドローを行う機巧城機巧武者サイウンそれぞれの小型版のような性能を持つ。
機巧城よりもドロー枚数が下がった分、機巧犬キシュードッグの影響を受けずに済むのが利点。
同弾の未の十二神皇グロリアス・シープのライフ保護効果とは相性が良い。
それ以外に除去やバトル向きの効果を持っていないため、アタッカーやブロッカーは他のスピリットやアルティメットに任せる必要があるだろう。
耐性も持っていないため効果を発揮する前に除去されることも多いが、除去リソースを本命となるスピリットから逸らすというだけでも仕事は果たしていると言える。

  • 権現(ゴンゲン)とは日本の神号であり、死後神格化された人物を祀る際にも使われた。
    このスピリットの場合は「東照大権現」の神号を持つ徳川家康がモチーフであろう。
    • デザインは家康が着用していたとされる伊予札黒糸威胴丸具足がモデルと思われる。
  • 背景世界では、天魔王ゴッド・ゼクスとの戦いから60年後。平和になった時代において一線から引退して『十二神皇バトルサバイバルグランプリ』に参加している様子。
    ジャパングGPに際して「故郷のオイルはよくなじむ」と珍しく饒舌になっている。

収録

十二神皇編 第1章 <M>

公式Q&A

Q1. 「バースト」ってなに?
A1. →カードの効果 汎用編 バースト編 を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS35-043




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-19 (水) 08:26:27
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索