果物女王(フルーツクィーン)マンゴスティナ

スピリット(制限カード<1>)
4(3)/黄/漂精
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 5000 <4>Lv3 7000
フラッシュ【アクセル】コスト3(2)(この効果は手札から使用できる)
このターンの間、相手のスピリット1体をBP-3000する。
この効果でBP0になったスピリットを破壊する。
この効果発揮後、このカードはオープンして手元に置く。
Lv1・Lv2・Lv3『自分のメインステップ』
このスピリットに[ソウルコア]が置かれている間、自分の【増食】でスピリットを召喚したとき、ボイドからコア1個を召喚されたスピリットに置く。
シンボル:黄

イラスト:しもがさ美穂

フレーバーテキスト:
レースも終わり、マンゴスティナ女王より花束が贈られます。あ、マウチュー選手?
「こんなことしてる場合じゃないぜ! 早くシュバーンを神皇にしてやってくれっチューの!」
  • 果物女王マンゴスティナ十二神皇編 第5章
Image of


カード番号:BS39-036  

十二神皇編 第5章で登場したスピリット

アクセル】は同コストの舞華ドローなどと比べると見劣りするが、【増食】の都合上スピリットの比率を高めたい【増食】には特別嬉しい防御枠と兼ねられるスピリット。
【ハヌマーリン】などに出張したいほど強力な効果とは言い難いが、癖なく扱いやすく、【申増食】では意外な活躍を見せることも。

最大の特徴は【増食】成功時のコアブースト。
コア運用の厳しかった【増食】に非常に有り難い。
そのため高コストへ繋げることを旨とした構築よりも、【増食】成功率の高い小型中心の構築との相性が良く、果物人ブルブルベリィとの相性は最高。
ソウルコア条件から龍面鬼ビランバに除去されず、またソウルコアを外せば陰陽童がいても問題なく【増食】できるため、ある程度流行りのコアブーストメタに強いのも特徴。
メインステップ限定なので他ステップでの召喚効果とは相性が悪い一方、メインステップ以外ではソウルコア効果との併用もしやすい。
ただし、能動的な解除方法が少ない《封印》との併用は難しく、《封印》しないタイプの構築への採用が無難。

多めの軽減や素のコストから手札/【増食】問わず召喚自体は比較的容易だが、コアブーストの起点としての重要性から除去が集中するのは必至。
増食】発揮直前に召喚することで除去を回避できる公算が高いが、コア運用の厳しい【増食】では自身のコスト/維持コスト+【増食】持ちのコスト/維持コスト+【増食】の召喚先の維持コストを同一ターン中に捻出するのは厳しい。
よって【増食】でオープンされた場合の召喚優先度は低く、連鎖的な展開を狙った方が効果的な場面も多い。
また、同効果の特性上運の要素が絡むので安定した発揮は難しく、召喚時効果発揮後バーストや召喚時効果封じで処理されることも意識したい。

弱点こそ多いものの、それを補って有り余る強力なコアブーストによって【増食】【申増食】を環境トップへと押し上げた立役者。
強力すぎたため下記のよう制限カード<1>に指定された。

  • モチーフは「果物の女王」とも呼ばれるフクギ科フクギ属の果樹マンゴスチン。
    英名は「mangosteen」だが、マンゴー(mango)との関連性はない。
  • 2017/9/1より制限カード<1>に指定された。
    このカードは元来コアブースト能力に欠けていた【増食】を展開させやすくする意図で作られたが、大会において、専用の対策デッキ以外からの勝率が高くなりすぎている現状を鑑みての指定とのこと。
    バトスピ エクストリームゲームなどで見られたように、コアブーストに任せた大量展開・ソリティアプレイが問題視された様子。

収録

十二神皇編 第5章 <C>

公式Q&A

Q1. 【アクセル】の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 【アクセル】編 を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS39-036

  • テキスト関連
    増食



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-01 (金) 00:01:19
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索