月光(げっこう)のバローネ

ネクサス
2(白1神1)/白/創界神・ウル
<0>Lv1 <3>Lv2
このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
《神託》〔武装/星魂/神星/光導/界渡&コスト3以上〕〔ブレイヴ〕
◆対象の自分のスピリット/ブレイヴを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
【神技:2】Lv1・Lv2:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
〔ターンに1回、このネクサスのコア2個をボイドに置く〕系統:「武装」/「星魂」/「神星」/「光導」を持つ自分のスピリット1体を回復させる。
【神域】Lv2『自分のアタックステップ』
系統:「武装」/「星魂」/「神星」/「光導」を持つ自分のスピリットがブロックされたとき、そのスピリットを回復させる。
シンボル:神

  • 月光のバローネバトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】
    プロモーションカード
Image of


カード番号:SD43-CP02  

バトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】で登場したネクサス

初登場の創界神ネクサスで、「武装」/「星魂」/「神星」/「光導」スピリットをサポートする強力な2つの回復効果を有する。
神託》も対象系統が多く、ブレイヴはコストも問わないので発揮しやすい。

神域】は、「武装」/「星魂」/「神星」/「光導」スピリットに武槍鳥スピニード・ハヤトのようなアタック時の回復効果を付与する。

攻撃寄りの2つの回復効果は一見過剰だが、ターン進行によるお互いのライフやこのネクサスのコアの数の変化が考慮された組み合わせになっていて無駄がない。
ゲーム前半は【神技】で攻防の足りない部分を埋め、ゲーム後半は【神域】で攻めて【神技】で守るように戦うと効果的。
ただし、バトル要員が除去されるとどうしようもないため、耐性効果を持つスピリットを多めに採用したい。

他にも、【神域】と指定アタックを持つ赤の「アポロ」との相性も抜群で打点と除去の両立ができる。
同スピリット群が属する星竜は、太陽の守護者オーレオール・ドラゴンなどの優れた耐性効果を持つ小型スピリットも多く有するため、赤中心の【星竜】にこのネクサスをタッチで採用するのもアリ。

  • アニメ『バトルスピリッツ ブレイヴ』の主要人物。月光龍ストライク・ジークヴルムを始めとする「ストライクヴルム」をキースピリットに据えた白のブレイヴデッキの使い手。砲凰竜フェニック・キャノンジェット・レイといったシンボルを持たないブレイヴを愛用する。自分の認めた大事な友人や敬愛するキースピリットを「わが友」と呼ぶ。
    未来の地球における異界魔族のカードバトラーであり、強くなりすぎたゆえに魂の震えるようなバトルに飢え、それゆえ自分と渡り合える馬神 弾の出現に歓喜した。
    しかし弾から「バトルフィールドの外にも世界はある」と言われたことを契機に変化していき、バトルにしか興味のなかった自分を乗り越え、後にダンに「外の世界を見て良かった」と返答するほど成長。地球の天変地異による全ての滅亡を前にして混迷の中にある異界魔族と人類を導くべく行動する。
    天変地異による滅亡を乗り越えた後、ダンのことを「わが友馬神 弾」と呼び、人々にダンの言葉を伝えた。
    CVは浪川大輔氏が担当。
  • イラストは、過去の公式イラストの流用。
  • 船弥さ吉によりファンアートが描かれている。

収録

バトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】 <CP>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[SD43] バトスピドリームデッキ【太陽と月の絆】 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. このネクサスの神託条件〔武装/星魂/神星/光導/界渡&コスト3以上〕は、系統:「界渡」だけコスト3以上で、系統:「武装」などのスピリットはコスト2以下でもいいの?new
A1. いいえ、系統:「武装/星魂/神星/光導/界渡」を持つコスト3以上のスピリットが対象です。

Q2. このネクサスの神託条件〔ブレイヴ〕は、系統やコストの条件が書かれていないけど、ブレイヴであれば系統やコストが何でも神託条件を満たすの?new
A2. はい、その通りです。

Q3. このネクサスが2つあるとき、【神技:2】は、それぞれのネクサスでターンに1回ずつ発揮できる?new
A3. はい、その通りです。


関連リンク 




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-11 (月) 23:46:38
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索