暴武将(ぼうぶしょう)ゴウジン

スピリット
4(2)/赤/家臣・武竜
<1>Lv1 4000 <2>Lv2 5000 <4>Lv3 7000
Lv1・Lv2・Lv3
自分の【一騎打】で、相手のスピリットを自分が指定できる。
Lv2・Lv3【一騎打】『相手のスタートステップ』
このスピリットと相手が指定する相手のスピリット1体のBPを比べる。
BPが同じか低いスピリットが破壊され、相手のスピリットだけを破壊したとき、次の効果を発揮する。
■自分はデッキから2枚ドローする。
シンボル:赤

イラスト:原友和

フレーバーテキスト:
「六天連鎖が破れるかどうかは六国それぞれの働きにかかっている」
  • 暴武将ゴウジン烈火伝 第4章
Image of


カード番号:BS34-005  

烈火伝 第4章で登場したスピリット

麗武将ヒョウジンドラゴンの互換スピリット。

Lv1からの効果は【一騎打】の、強制効果ゆえにBPが高い相手のスピリット1体で総崩れのピンチに陥るという弱点を克服できる。
逆に利用して破壊後バーストを発動させるトリガーにしたりと自由度は広がる。

Lv2からの効果は【一騎打】と付随するドロー効果。
麗武将ヒョウジンドラゴンと比べて、後攻1ターン目で発揮させようとするとコスト0スピリットの犠牲を必要とするが、2枚ドローで一応補える。
一度発揮できれば十分だが、Lv1からの効果で相手のBPが低いスピリットを狙い続けられるため、継続的なアドバンテージを稼いでいきたいところ。
ドローのタイミングが相手のターン中であるのも優秀で、水銀海に浮かぶ工場島などの手札破棄効果をスルーできる。

Lv1で【一騎打】を持たないことは、BPが不足するときや機巧犬キシュードッグがいるときに自身のLvを下げることで、自滅を免れることができるメリットにもなる。

収録

烈火伝 第4章 <R>

アニメにおいて

「ダブルドライブ」第2話で年男の所持カードに確認できる。

公式Q&A

Q1. 【一騎打】の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 【一騎打】編 を参照

Q2. このスピリットが【一騎打】を発揮するときも、BPを比べる相手のスピリットを自分が選べるの?
A2. はい、選べます。


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS34-005




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-24 (土) 09:35:23
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索