新星砲皇(しんせいほうおう)エヴォル・ティーガ

スピリット
7(赤4白1)/赤/十冠・皇獣・機獣
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 10000 <4>Lv3 13000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
BP13000以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
Lv2・Lv3【煌砲撃】『このスピリットのアタック時』
【煌臨中】の自分のスピリットがいるとき、自分のデッキを上から2枚オープンできる。
その中の系統:「皇獣」を持つスピリットカード1枚につき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
それらのカードは手札に加える。
シンボル:赤

イラスト:高坂巧

フレーバーテキスト:
裏で進んでいた侵攻。すぐに脅威にならなかったのは、
密かに戦ってくれていた三十六英雄たちのおかげだった。

  • 新星砲皇エヴォル・ティーガバトスピスタートデッキ【煌臨スル神皇】
Image of


カード番号:SD37-008  

バトスピスタートデッキ【煌臨スル神皇】で登場したスピリット

召喚時効果は上限が高く、アルティメットも対象に含んでいるため腐りづらい。
しかし、【煌砲撃】が本命のため、召喚時バーストには特に注意したい。

Lv2からのアタック時には【煌砲撃】を発揮する。
砲撃】と違い対象の系統は皇獣のみなので、その多くがに属する【皇獣】での採用が望ましい。
しかし、赤のデッキにとっては維持コストが重く、別に【煌臨中】のスピリットも必要なため、手間が非常にかかる。
煌臨元までカウントすればカードが3枚必要、《封印》しつつアタックするだけの単体で完結していた寅の十二神皇リボル・ティーガの【砲撃】と比べると明らかにコストパフォーマンスが悪い。
後に煌臨時に自身で条件を満たして【煌砲撃】を発揮できる銀銃皇ヴァルサー・ティーガが登場したことで、さらに立場が危うくなった。

とはいえコストに対し軽減が多く、3つの系統もサポートが多いため活躍のさせようはある。
煌砲撃】で砲撃の神皇リボル・ティーガ・零式を手札に引き込みつつライフダメージを与え、そのまま《煌臨》させる動きは同じ【煌砲撃】を持つ銀銃皇ヴァルサー・ティーガにはできないため、そういった部分で差別化していきたい。

  • フレーバーテキストの「三十六英雄」はよほど密かに戦ったらしく、その後の記録に登場していない。

収録

バトスピスタートデッキ【煌臨スル神皇】 <M>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[SD37] バトスピスタートデッキ【煌臨スル神皇】 ブロックアイコン:<4>

公式Q&A


■■SD37-008■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.【煌砲撃】の効果がよくわからないんだけど? 更新履歴(1件)
A1.【煌臨中】の自分のスピリットがいるとき、自分のデッキを上から2枚オープンできる効果です。オープンした場合、そのカードの中に系統:「皇獣」を持つスピリットカードがあれば、その枚数だけ相手のライフのコアをリザーブに置きます。この効果でオープンしたカードは手札に加えます。

Q2.【煌砲撃】は【砲撃】として扱うの?
A2.いいえ、扱いません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    SD37-008




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-22 (月) 22:45:16
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索