影武者(かげむしゃ)

【影武者】
ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。

烈火伝 第2章から追加された、主にスピリットが所持しているキーワード能力

ソウルコアが置かれているスピリットが効果の対象になった時、または効果の対象に含まれる時、手札の【影武者】を持つスピリットをコストを支払って召喚し、その対象を召喚したスピリットのみに変更する。
効果の対象を変更する効果には前例があるものの、細かいテキストの違いなどから難解な裁定を持つため、以下にその特徴をまとめる。

  • フィールドのカードであれば、【影武者】スピリット自身が対象として不適切であっても対象を変更できる。
    対象として不適切な場合は効果を実質無効化できる(Q&A2,3、機巧軍師シモカゼQ&A2)。
  • ソウルコアが置かれているスピリットと、フィールドにある他のスピリット/アルティメット/ブレイヴ/ネクサスを同時に指定する(「さらに」記述のテキストを含む)効果でも、対象を【影武者】スピリットのみに変更する。スピリット以外を対象とする部分は実質無効化される。
    ただし、フィールド以外の手札/トラッシュ/デッキ、またセットされたバーストを対象とする部分までは変更されない。
    • 例:ソウルコアが置かれたホムラチーターLv1・Lv2効果に対して【影武者】を発揮した場合、ソウルコアが置かれているスピリットと同時に指定されたネクサスも、対象が【影武者】スピリットのみに変更されるため、ネクサスは破壊されない。
    • 例:機巧犬キシュードッグ2つ目の効果に対して【影武者】を発揮した場合、フィールドで効果を受けるのは【影武者】スピリットのみとなるが、手札は通常通りデッキの一番下に送られる。
  • 連鎖】、「この効果発揮後」、「その後」で区切られるテキスト、つまり対象を選ぶ効果が1枚のカードで複数見られる場合、1枚の【影武者】でその全ての効果の対象を変更することはできない。
    対象を指定する効果1つに対してそれぞれ別の【影武者】を使用する必要がある。(Q&A9)。
    • 例:秘剣燕返のフラッシュ効果に対して【影武者】を発揮した場合、ブレイヴ破壊の対象を【影武者】スピリットに変更することはできるが、「この効果発揮後」のスピリット破壊効果は別に対象を指定することになるため、その前のブレイヴ破壊に対して発揮された【影武者】では変更することができない。
      この効果に対しても【影武者】を発揮する場合、別の【影武者】スピリットが必要となる。
  • 対象を自分が指定する場合(デッドリィバランスなど)や、「BPの最も高いスピリット」「コストの最も低い」など対象を指定しない効果に対しても【影武者】を発揮できる。
    この時【影武者】スピリットが対象に含まれない(コストの最も低いスピリットではないなど)場合、召喚及び対象を変更した上で【影武者】スピリットはその効果を受けず、処理を終了する。
  • 巨腕の機巧武者ラカンなどの(ステップ中などに)「常時発揮される」効果は対象を変更できず、【影武者】も発揮できない。

所持カード

  • スピリット

  • BS32-031機巧武者S23
    • スピリット
      3(1)/白/家臣・機巧・武装
      <1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      シンボル:白
  • BS32-032源氏八騎 月数ランサー
    • スピリット
      4(3)/白/機巧・武装
      <1>Lv1 4000 <2>Lv2 6000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      Lv2
      カード名に「源氏」と入っている自分のスピリットが破壊されたとき、相手のスピリット1体を手札に戻す。
      シンボル:白
  • BS32-033機巧軍師シモカゼ M
    • スピリット
      5(3)/白/家臣・機巧・武装
      <1>Lv1 5000 <2>Lv2 6000 <3>Lv3 8000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      Lv1・Lv2・Lv3
      このスピリットは、相手のスピリット/マジックの効果を受けない。
      Lv2・Lv3『このスピリットのブロック時』
      BP15000以下の相手のスピリット1体を手札に戻す。
      シンボル:白
  •  
  • BS33-033機巧獣ショウエン U
    • スピリット
      3(1)/白/家臣・機巧・機獣
      <1>Lv1 1000 <2>Lv2 3000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      Lv2『相手のアタックステップ』
      このスピリットが【影武者】によって対象になった効果で消滅/破壊されたとき、このバトルが終了したら、アタックステップを終了する。
      シンボル:白
  •  
  • BS34-038機巧武者ユキグレ
    • スピリット
      6(4)/白/機巧・武装
      <1>Lv1 6000 <2>Lv2 12000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      Lv2『このスピリットのブロック時』
      このスピリットに[ソウルコア]が置かれている間、BPを比べ相手のスピリット/アルティメットだけを破壊したとき、相手のライフのコア1個を相手のトラッシュに置く。
      シンボル:白


【影武者】に関する効果を持つカード

  • スピリット

  •  
  • BS32-X04機巧大将軍タイクーン X
    • スピリット
      6(3)/白/主君・機巧・武装
      <1>Lv1 6000 <2>Lv2 8000 <4>Lv3 10000 <10>Lv4 26000
      Lv1・Lv2・Lv3・Lv4
      系統:「主君」/「家臣」を持つ自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、そのスピリットにソウルコアが置かれていなくても自分の【影武者】を発揮できる。
      Lv2・Lv3・Lv4:フラッシュ『自分のアタックステップ』
      系統:「機巧」を持つ自分のスピリット1体を手札に戻すことで、このスピリットは回復し、このターンの間、自分のスピリットすべてをBP+5000する。
      シンボル:白
  •  
  • BS33-033機巧獣ショウエン U
    • スピリット
      3(1)/白/家臣・機巧・機獣
      <1>Lv1 1000 <2>Lv2 3000
      【影武者】
      ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になるとき、手札にあるこのスピリットカードを召喚できる。
      その後、その効果の対象をこのスピリットのみにする。
      Lv2『相手のアタックステップ』
      このスピリットが【影武者】によって対象になった効果で消滅/破壊されたとき、このバトルが終了したら、アタックステップを終了する。
      シンボル:白
  •  
  • ネクサス

  • BS32-066天守ドッグ
    • ネクサス
      3(2)/白
      <0>Lv1 <1>Lv2
      Lv1・Lv2
      自分の【影武者】でスピリットカードを召喚するとき、このネクサスを疲労させることで、コストを支払わずに召喚できる。
      Lv2『相手のメインステップ』
      相手の効果によって相手の手札が増えたとき、増えたカード1枚につき、相手は、相手の手札1枚を破棄する。
      シンボル:白


公式Q&A

Q1. 【影武者】ってどんな効果なの?
A1. ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象に含まれたとき、その効果を発揮する前に、手札にある【影武者】を持つスピリットカードをコストを支払って召喚して、その効果を召喚したスピリットのみに発揮させる効果です。

Q2. 相手の「BP3000以下のスピリットすべてを破壊する」効果の対象をBP4000の【影武者】を持つスピリットのみに変更できる?
A2. はい、変更できます。通常では【影武者】を持つスピリットが対象にならない効果も変更することができます。

Q3. 相手の「BP3000以下のスピリットすべてを破壊する」効果の対象をBP4000の【影武者】を持つスピリットのみにしたとき、【影武者】を持つスピリットは破壊されないの?
A3. はい、その通りです。

Q4. 「BS31-048 巨腕の機巧武者ラカン」のLv2・Lv3効果の対象を【影武者】を持つスピリットのみにできる?
A4. いいえ、できません。「BS31-048 巨腕の機巧武者ラカン」のLv2・Lv3効果のような、ステップの間ずっと続く効果の対象を変更することはできません。

Q5. ソウルコアが置かれている自分のスピリットが相手の効果の対象になったとき、【影武者】を持つスピリットカードを複数召喚できるの?
A5. はい、召喚できます。その場合、召喚したい【影武者】のスピリットカードをすべて提示して、ターンプレイヤーが解決順番を指定し、最後に召喚されたスピリットのみが効果の対象になります。

Q6. 【影武者】で召喚したスピリットにソウルコアを置いたら、そのスピリットが新たに効果の対象になるので、手札にある別の【影武者】を持つスピリットカードを召喚できるの?
A6. いいえ、召喚できません。

Q7. 【影武者】を発揮したとき、同時に手札やトラッシュのカードを対象にしていた効果も、【影武者】を持つスピリットに対象が変更されるの?
A7. いいえ、変更されません。変更されるのは、同時に指定されたフィールドのスピリット、アルティメット、ブレイヴ、ネクサスだけです。同時に指定されても、手札やデッキ、トラッシュ、バースト置き場のカードを対象にした効果までは変更できません。

Q8. 相手がソウルコアが置かれている「BS31-006 ホムラチーター」でアタックして、自分のソウルコアが置かれているスピリット1体とネクサス1つを対象に指定した。このとき、【影武者】を発揮すると、ネクサスは破壊されるの?
A8. いいえ、破壊されません。【影武者】を発揮したとき、同時に指定されたアルティメットやネクサスに対する効果も、【影武者】のみになります。

Q9. 【連鎖】や「その後」、「効果発揮後」など、対象を指定するタイミングが異なる効果があっても、1つの効果であれば、別のタイミングで指定するスピリットの対象もすべて【影武者】で召喚したスピリットに変更されるの?
A9. いいえ、違います。1つの効果であっても、対象を指定するタイミングが異なる効果までは変更できません。ただし、別のタイミングで指定された対象に手札から新たに【影武者】を使うことは可能です。

Q10. ソウルコアが置かれている自分のスピリットを相手の【一騎打】で指定したあと、【影武者】を発揮して、【影武者】を持つスピリットでBPを比べることはできる?
A10. はい、できます。ただし、「BS32-033 機巧軍師シモカゼ」はスピリットの効果を受けないので、対象を変更した後、効果を受けなくなりBPを比べません。

自作デッキ



リンク

キーワード能力



[amazonでバトルスピリッツを探してみる]

最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-30 (金) 13:12:50
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索