(こう)水晶龍(すいしょうりゅう)アメジスト・ドラゴン・ソニック

スピリット
7(4)/紫/十冠・死竜
<1>Lv1 6000 <2>Lv2 8000 <4>Lv3 10000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分はデッキから2枚ドローする。
その後、自分の手札/トラッシュにあるブレイヴカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
この効果で異魔神ブレイヴを召喚したとき、相手のアルティメット1体のコアすべてを相手のリザーブに置く。
【合体時】Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
系統:「神皇」/「十冠」を持つ自分のスピリット1体につき、相手のスピリットのコア1個を相手のリザーブに置く。
シンボル:紫

イラスト:ショースケ

フレーバーテキスト:
「俺ハ、全力デレースガ、シタイ……シュバーン、勝負ダ」
  • 庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニック十二神皇編 第5章
Image of


カード番号:BS39-015  

十二神皇編 第5章で登場したスピリット

水晶龍アメジスト・ドラゴンに比べ、コストが1上がった代わりに召喚時効果が大幅に強化されている。
最大軽減では必要なコストは水晶龍アメジスト・ドラゴンと同じ。

召喚するブレイヴの系統は異魔神以外でも良く、剣刃光導などのブレイヴを主力とするデッキでも活躍できる。
2枚ドローした後に踏み倒す対象を選択するため、手札/トラッシュに踏み倒し対象がいなくとも運は絡むが自力で踏み倒し対象にアクセスできる。
踏み倒せるブレイヴが既に存在する場合も、2枚ドローによって新たな対象を手札に加えられるため、対応力は高い。
召喚するのが異魔神ならば死竜が苦手とするアルティメットの除去も可能となるので、異魔神を主力とするデッキに採用するのが理想的。
水晶龍アメジスト・ドラゴンと同時採用し、次々と異魔神を使いまわすデッキを組むのも良い。
合体しているブレイヴもろとも消滅し、戊の四騎龍ブラックライダーで使いまわすのも有効。
相手ターンのフラッシュタイミングで蘇生する場合は召喚時効果を持つブレイヴを自身の効果で踏み倒せるため、防御手段にもなりうる。

スピリットとしては維持コストを持たない異魔神と合体している場合も、フィールドを離れる時に分離しなければもろともにトラッシュに送れる点は覚えておきたい。
ただしその場合は、トラッシュに送りたい異魔神の左右両方にスピリットを合体させないように気を付けておきたい。

アタック時効果は複数体のスピリットの除去も狙える。
召喚時効果のコアシュートと併せ、スピリット/アルティメットの双方に対応可能な点も優秀と言える。
リザーブに送る効果のため、紫電の霊剣ライトニング・シオンの【強化】にも対応する。
自身の召喚時効果であちらを使いまわすこともできるので、そういった意味でも好相性。

収録

十二神皇編 第5章 <M>

関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS39-015




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 07:45:24
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索