幽騎士(ゆうきし)ナイトライダー/The PhantomKnight Nightrider <BS01-049>

スピリット
7(2)/紫/戦騎
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000 <4>Lv3 9000
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
自分か相手の疲労状態のスピリット1体を破壊する。
シンボル:紫

イラスト:末弥純

フレーバーテキスト:
裏切り者の騎士が闇を裂いて現れる。
一撃で獲物の命を狩り取り、
闇の中に消えていく。

幽騎士(ゆうきし)ナイトライダー/The PhantomKnight Nightrider <BSC22-049>

スピリット
7(2)/紫/戦騎
<1>Lv1 4000 <3>Lv2 6000 <4>Lv3 9000
手札にあるこのスピリットカードは、自分の紫のスピリットが相手によって破壊されたとき、コストを支払わずに召喚できる。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
疲労状態のスピリット1体を破壊することで、このスピリットは相手のスピリットからブロックされない。
シンボル:紫

イラスト:末弥純

フレーバーテキスト:
裏切り者の騎士が闇を裂いて現れる。
一撃で獲物の命を狩り取り、
闇の中に消えていく。
  • 幽騎士ナイトライダー第一弾
Image of


  • 幽騎士ナイトライダーリバイバルブースター【龍皇再誕】
Image of


カード番号:BS01-049  
カード番号:BSC22-049  

第一弾で登場したスピリット

コストに対してBPは決して高くは無い。
しかし攻撃時に疲労しているスピリットを破壊する効果があるため、このスピリットがいるだけで相手は迂闊にアタックやブロックが出来なくなるだろう。

アタックの宣言をして、このスピリットを疲労させた際に効果が発揮する。
そのため、他に疲労状態のスピリットがいない場合、このスピリットを破壊する事になるので注意。

基本的には暗黒将軍ブラッディ・シーザーにLv3まで強化できる以外の点では劣る。
特殊な状況以外ではあちらを優先した方がいいだろう。

リバイバル

リバイバルブースター【龍皇再誕】で登場したスピリット

のスピリットの破壊を条件とした黒天狐ネガ・ナインテイルと似た条件のノーコスト召喚効果と、疲労状態のスピリット破壊を条件とするアンブロッカブル効果を得た。

相手に破壊されることが召喚条件だが、紫デッキには破壊時にアドバンテージを稼ぐ低BPスピリットで攻撃する戦術もあるため、高コスト低軽減コストも気にならないほど召喚しやすく奇襲性が高い。
指定アタックが可能な式鬼神シュウカイと組み合わせると、後攻1ターン目からの召喚も容易。

Lv2からはリバイバル前同様、紫お得意の疲労破壊効果とそれを条件としたスピリットに対するアンブロッカブル効果。
自分のスピリットを破壊してもアンブロッカブルになれるので汎用性が高い。
昨今の系統サポートは全く受けられない戦騎だが、キャバルリーのアタック不能効果の対象外であり、2度のアンブロッカブル攻撃も可能。
同弾収録の甲精ディース(BSC22-093)Lv2破壊時効果と組み合わせて、無限アタックも夢ではない。

1つめの効果から最序盤に召喚することも可能で、ブレイヴとも合体しやすく、序盤からライフを削っていける。
ただ、アルティメットに関する効果を一切持っておらず、詰めに弱い。
ビーム・ビートルなら相手のスピリットを確実に除去しつつ、巨蟹星鎧ブレイヴキャンサーならアルティメットのブロックを阻害でき、相性が良い。
系統に関する支援こそ受けにくいものの、ソウルコアを使用せず扱いやすい強力なスピリットであり、既存の紫デッキに投入しても一定の活躍が見込める。

収録

第一弾 <M> (BS01-049)
バトルスピリッツウエハースチョコ <M> (BS01-049)
リバイバルブースター【龍皇再誕】 <M> (BSC22-049)
メガデッキ【双黒ノ龍皇】 <M> (BSC22-049)

公式Q&A

Q1. このスピリットがアタックしたとき、自分の「フィールド」にしか、疲労状態のスピリットがいなかった。このとき、自分の「フィールド」にいる、そのスピリットを破壊しなきゃならないの? (BS01-049)
A1. はい、「~する」という、この効果はできる場合必ず実行しなければならない効果です。ですので、自分の「フィールド」にしか、疲労状態のスピリットがいなければ、そのスピリットを破壊してください。

Q1. 《リバイバル》
自分の紫のスピリットが相手によって破壊されたとき、自分の手札にこのスピリットカードが3枚あれば、3枚とも召喚できる? (BSC22-049)
A1. はい、召喚できます。


関連リンク




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-20 (金) 17:50:39
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索