帝釈天将(たいしゃくてんしょう)インドラ

スピリット
12(4)/青/闘神
<1>Lv1 18000 <3>Lv2 26000
手札にあるこのスピリットカードを召喚するとき、自分の手元の【アクセル】を持つスピリットカード1枚につき、コスト-2される。
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
コスト合計12まで相手のスピリットを好きなだけ破壊する。
Lv2『このスピリットのアタック時』
このスピリットのコスト以下の相手のスピリット1体を破壊することで、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
シンボル:青青

イラスト:安達洋介

フレーバーテキスト:
あーっと、ヴィシューテン選手へのアタックをインドラ選手が阻んだ!

  • 帝釈天将インドラ十二神皇編 第3章
Image of


カード番号:BS37-071  

十二神皇編 第3章で登場したスピリット

サイズ自体は最重量級だが、自身のコスト上書き効果と同色の手札交換の【アクセル】のおかげで手札で邪魔になることは少ない。
現環境でも屈指の高いBPとダブルシンボルを併せ持ち、Lv1で召喚しても相手に対する十分なプレッシャーになる。

コスト上書き効果は同色の巨人王子シャトルグナ巨人王子ラクシュマナとよく噛み合っていて、維持コストの問題もなく1枚につき3コストを節約できる。
また、使用したあと手元で腐りがちな他色の【アクセル】の有効活用にもなるため、汎用マジック互換の庚の加速龍タービュランス機巧武者E-ナオマサをより採用しやすくなる。

召喚時効果は自身の系統を考えると五聖童子永遠なる水道橋と噛み合わないのが痛いが、コスト上限・対象範囲が共に広く強力。
邪魔な合体スピリット/アルティメットを巨人王子ラーマで除去してから召喚できれば理想的。
相手のライフが1しかない、もしくはアタックでライフを削れない状況では、Lv2効果の対象を残すプレイングも必要。

Lv2アタック時効果は除去効果としても単純に強力で、フラッシュタイミングを挟まずにライフを削れることが青ではかなり貴重。

手元の【アクセル】を有効活用できて、安定してライフを削ることもできる、【アクセル】デッキのフィニッシャーに相応しい能力を持つ。

  • 名前の由来は、バラモン教、ヒンドゥー教の神インドラ。仏教では帝釈天の名で知られ、白象アイラーヴァタを乗り物とする。
    『ラーマーヤナ』にも天空神として登場する。

収録

十二神皇編 第3章 <M>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS37] 十二神皇編 第3章 ブロックアイコン:<3>

公式Q&A


■■BS37-071■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.シンボルが2つあるんだけど、どういうこと?
A1.→カードの効果 汎用編 ダブルシンボルに関して を参照

Q2.相手のフィールドには
「コスト0のスピリット1体」
「コスト3のスピリット2体」
「コスト6のスピリット1体」
がいる。
このスピリットの召喚時効果で、「コスト0のスピリット1体」、「コスト3のスピリット2体」、「コスト6のスピリット1体」を破壊できる?
A2.はい、スピリット4体のコスト合計は12ですので、破壊できます。

Q3.相手のフィールドには
「コスト3のスピリット1体」
「コスト6のスピリット1体」
がいる。
このスピリットの召喚時効果で、「コスト3のスピリット1体」だけを破壊できる?
A3.はい、破壊できます。コスト合計0~12までの間で好きな数を選べます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS37-071




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-11-21 (月) 13:51:54
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索