巨人姫(きょじんき)シーター

スピリット
3(青1黄1)/青/闘神
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000 <3>Lv3 5000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分の手元の【アクセル】を持つスピリットカード2枚につき、ボイドからコア1個を自分のスピリットに置く。
Lv2・Lv3『相手のアタックステップ』
系統:「闘神」を持つ自分のスピリットすべては、「ブロックされない」効果を持つ相手のスピリットをブロックできる。
シンボル:青

イラスト:四季童子

フレーバーテキスト:
「ガンダーラ」の注目選手はやはり、ヴィシューテン選手ですか?
私もイケメン選手として一押しデス!
  • 巨人姫シーター十二神皇編 第3章
Image of


カード番号:BS37-062  

十二神皇編 第3章で登場したスピリット

召喚時効果、Lv2・3効果とも中盤以降で活きてくるものとなっている。

召喚時効果は手元の【アクセル】の枚数を増やす必要性があり、青の【アクセル】は手札交換が豊富と言っても通常では1コア増やせれば上々。
コアブーストに重点を置くなら華黄の城門で数を増やすのが得策。

炎蜥蜴クトゥグマに似た「ブロックされない」効果へのメタを闘神全体に付与するが、昨今は「ブロックできない」効果が主流で、霊銀魔神など、相手を意識して採用したい。

青で採用率が高い五聖童子と相性が悪く、序盤に【アクセル】を使用しなければならない制約からテンポが非常に悪い。
どちらかの効果に絞って採用するなど、採用の段階で役割を定めたい。
黄では使用しやすいコアブーストながら、【アクセル】を手元に置かない申の十二神皇ハヌマーリンとの相性は微妙。

  • 名前の由来は『ラーマーヤナ』に登場する、ラーマの妃シーター。
    ラーヴァナに攫われたシーターをラーマが取り返すまでの物語が『ラーマーヤナ』である。

収録

十二神皇編 第3章 <R>

関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS37-062




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-30 (金) 21:31:58
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索