妖精(ようせい)ティングリー/The Fairy Tinguly

スピリット
3(3)/黄/楽族
<1>Lv1 1000 <3>Lv2 3000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
このターンの間、自分のスピリットすべては黄のスピリットとしても扱う。
シンボル:黄

イラスト:中島鯛

フレーバーテキスト:
妖精の国に入るには、まず粉をかけてもらうの。
そうしないと、入口も出口もわかんなくなるから。
  • 妖精ティングリー第三弾:覇闘
Image of


カード番号:BS03-058  

第三弾:覇闘で登場したスピリット

混色構築でも黄軽減の確保に困らなくなる召喚時効果を持つ。

イーズナらハイブリットスピリットの存在が後に登場したことや、召喚コストから、黄をタッチで採用した構築での採用が望ましい。
魅力的ながらコスト確保が難しい時空の魔女グランディースなどとのコンボデッキでの採用が望ましい。

  • 名前の由来はコティングリー妖精事件だろう。
  • 下記URLにてイラストレーターによって全体イラストが公開された。
    メーカーチェックでフトモモを修正され、アメリカ版では谷間を修正されたとのこと(アメリカはイラストの規制が厳しいため)。

収録

第三弾:覇闘 <C>

アニメにおいて

「少年激覇ダン」に登場。
ミラvsクラッキー(11話)では、ミラのロック・ゴレムの【粉砕】でクラッキーのデッキから破棄され、クラッキーは落ち込んでいた。
また、馬神弾&クラッキー・レイvsブルストム&ヘリオストム(33・34話)では、ブルストムのブロック・ゴレムの効果でクラッキーのデッキから破棄され、再び落ち込んでいた。

ノーコスト召喚が可能とはいえ、系統及び効果が黄中心の【天霊】を愛用するクラッキーの構築にマッチしたものとは言い難く、採用理由は彼が一重に美少女を愛するゆえだと思われる。

公式Q&A

Q1. このスピリットを召喚したターン、自分のスピリットすべてが黄スピリットになるの?
A1. いいえ、もともとの色に加えて黄スピリットとしても扱うようになります。

Q2. この効果で黄になっているスピリットは、黄のシンボルとして軽減に使えるの?
A2. はい、もともとの色と黄のどちらか1つ分として使うことができます。→ゲームルール編 メインステップ 軽減シンボルに関して を参照

Q3. このスピリットの後に召喚したスピリットも、召喚時の効果で黄になるの?
A3. はい、このターンの間、黄スピリットとしても扱います。


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS03-058

  • テキスト関連



最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-05 (火) 05:37:02
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索