医神龍(いしんりゅう)アイスクラーピウスドラゴン

スピリット
7(赤3紫2)/赤/界渡・星竜・妖蛇
<1>Lv1 5000 <2>Lv2 8000 <4>Lv3 12000
フラッシュ《煌臨:コスト4以上》『お互いのアタックステップ』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2・Lv3:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
ターンに1回、自分の手札/トラッシュにある、カード名:「医神龍アイスクラーピウスドラゴン」以外の、
系統:「界渡」/「化神」を持つ赤/紫のスピリットカード1枚を、1コスト支払って召喚できる。
Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
このスピリットの効果でスピリットを召喚したとき、BP10000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
シンボル:赤

イラスト:甲壱

フレーバーテキスト:
劣勢に立たされたアポローンを支えるのは医術を極めし医神龍であった。

  • 医神龍アイスクラーピウスドラゴン神煌臨編 第2章:蘇る究極神
Image of


カード番号:BS45-008  

神煌臨編 第2章:蘇る究極神で登場したスピリット

煌臨》条件がコスト4とそんなに高くないため、早い段階でフィールドに出ることが可能。
煌臨に関する効果を持たないが、二色の軽減を生かして直接召喚することも視野に入れておきたい。

Lv1のフラッシュは、界渡および化神の踏み倒し。
ターンに一回に加え、同名は対象に入らないものの、トラッシュからの踏み倒しが行えるため、あらかじめ肥やしておいたスピリットをそのまま持ってくることも可能。
コストを問わず、【ゼロカウンター】にも引っ掛からないことも有利な点である。
赤や紫は除去効果に特化したスピリットが多いため、フィールドの状況に合わせてスピリットを持ってくる方が良い。

加えて、Lv2効果はそれに対応した除去。
自分のターンではブロッカーの除去と追撃、相手ターンではブロッカーを用意して守りを固めたり、と文字通りアドバンテージを作るようなものであり、かなり玄人向けと考えた方が無難。
破壊BPは高いが、どうせなら紫のコアシュートを絡めた方がより効果を発揮させやすく、自身は紫の軽減を持っているため、混合デッキが組みやすい。

  • モチーフはギリシア神話の名医アスクレーピオスか。
    星竜ながら妖蛇を併せ持つのは、アスクレーピオスの杖に由来するものと思われる。

収録

神煌臨編 第2章:蘇る究極神 <M>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS45] 神煌臨編 第2章:蘇る究極神 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. 《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS45-008
  • イラストレーター
    甲壱




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-06 (月) 23:08:58
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索