創界神(グランウォーカー)ディオニュソス

ネクサス
2(1)/紫/創界神・オリン
<0>Lv1
このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
《神託》〔無魔/天渡/化神&コスト3以上〕〔剣刃/神装&ブレイヴ〕
◆対象の自分のスピリット/ブレイヴを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置ける。
◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
Lv1
このネクサスのシンボルは紫としても扱う。
【神域】Lv1
カード名に「冥府」を含む自分のスピリットすべてのLv1コストを0にし、
自分のトラッシュにあるカード名に「冥府」を含まないカードは手札に戻せない。
【神技:6】Lv1:フラッシュ『お互いのアタックステップ』
〔このネクサスのコア6個をボイドに置く〕疲労状態の相手のスピリット1体を破壊する。
この効果でブロックしているスピリットを破壊したとき、そのスピリットはブロックしなかったものとして扱う。
シンボル:神

イラスト:安達洋介

  • 創界神ディオニュソス超煌臨編 第4章:神攻勢力
Image of


カード番号:BS51-X09  

超煌臨編 第4章:神攻勢力で登場したネクサス

神託無魔に加え、剣刃神装ブレイヴを対象にしている。
元々無魔はトラッシュ回収を得意としているため、配置時《神託》でのトラッシュに落としたカードを活用しやすい。
しかし、構築の段階で後述のデメリット効果を意識する必要がある。

神域】は、「冥府」スピリットすべてのLv1コストを0にすることができる。
これは骸皇アルティメット・ギ・ガッシャと類似した効果であり、あちらより範囲が狭いが、創界神であることによりこちらの方が効果を維持しやすい。
特に同弾の「冥府」カードは、コア0個を条件とする効果が多いため、この効果が発揮されている時点で消滅するリスクはほとんどなくなる。

ただし、その代償として、「冥府」ではないカードをトラッシュから回収できなくなる。そのため、他の創界神との組み合わせもしづらい。
ただ、あくまで「手札に戻せない」効果であるため、冥府三巨頭ザンデ・ミリオン(リバイバル)のようにカードをトラッシュから踏み倒したり、ダークマターのように山札に戻したりすることは可能。

これらを踏まえて、収録弾以前では以下のようなカードが好相性と言える。

神技】はスイレンよりも広いタイミングで発揮できる疲労スピリット破壊。
相手のターンでも発揮できる分、消費するコストが上がっているため、少々使いづらい所がある。
だが、この効果の真価と言えるのが、ブロックしている相手スピリットを破壊した時にそのブロックをなかったことにできる効果。

一応、バトル中の破壊に関連する効果は発揮されるが、虚獣帝スフィン・クロスと同様、アタックそのものを継続できるため、そのままライフを削ることができる。
無論、トドメの一撃として活用できるため、相手のライフが残り少ない時に使用するのが一番いい。

紫には疲労時のスピリットを指定アタックできる効果が存在するため、相性は言うまでもない。
古いカードではあるが、冥府魔神オブシディオンとのシナジーは凄まじく、チャンプブロックを無意味にできたり、効果でバトルに参加していない相手スピリットにコアシュートを叩きこめたりするなど、かなり相性がいい。

  • モチーフはギリシア神話の豊穣の神こと「ディオニューソス」。エジプトでは「オシリス」と同一視された。
    葡萄酒(ワイン)に愛着を持つことが有名で、イラストではワインが注がれたグラスを手にしている。
    • 無魔を神託対象にしている点は、おそらく「冥府三巨頭」の命名由来がワインの名産地であることが主な理由だろう。
      また、トラッシュからの回収不可効果は、デッキ内のスピリットすべてを使い回す【ギ・ガッシャループ】の存在が原因と思われる。
    • 奇しくも創界神オシリスとは色が同じだけではなく、あちらが神煌臨編の事の発端(正確に言えば虚無の軍勢をグラン・ロロに差し向けたことからグラン・ロロの敵の黒幕とも言える)に対し、こちらが超煌臨編の真の黒幕という対比関係も見られる。

収録

超煌臨編 第4章:神攻勢力 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS51] 超煌臨編 第4章:神攻勢力 ブロックアイコン:<6>

公式Q&A


■■BS51-X09■■ 更新日:2020/01/18 01:01 [Q&A情報の修正]

Q1.このネクサスの【神域】で、カード名に「冥府」を含むスピリットは、コアを0個にしても消滅しないの?
A1.はい、その通りです。

Q2.このネクサスの【神域】が発揮しているとき、カード名に「冥府」を含むスピリットはコアを1個も置かなくても召喚できるの?
A2.はい、召喚できます。スピリット状態でブレイヴを召喚する場合も1個も置かずに召喚できます。

Q3.このネクサスの【神域】が発揮しているとき、相手の「BS15-X02 虚皇帝ネザード・バァラル」が召喚されても、カード名に「冥府」を含むスピリットのLv1コストは0のままなの?
A3.いいえ、違います。Lv1コストが+1されて、1になります。逆に、相手の「虚皇帝ネザード・バァラル」が召喚された後、このネクサスの【神域】が発揮したら、Lv1コストは0になります。

Q4.相手によって、このネクサスが破壊されたとき、コアを1個も置いていなかったカード名に「冥府」を含むスピリットは、相手によって消滅したことになるの?
A4.いいえ、違います。自分によって消滅したことになります。

Q5.系統:「無魔」を持つスピリットのコアすべてを使って、このネクサスを配置したら、その系統:「無魔」を持つスピリットは消滅するの?
A5.はい、消滅します。

Q6.このネクサスを配置したとき、このネクサスの【神域】より先に、配置時の《神託》を解決して、トラッシュに置かれた「BS44-088 スネークビジョン」を手札に加えることはできるの?
A6.いいえ、できません。矛盾する効果は「できない」効果が優先されるので、【神域】によって、トラッシュにあるカード名に「冥府」を含まないカードは手札に戻せません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS51-X09




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-31 (金) 17:06:16
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索