創界神(グランウォーカー)アヌビス

ネクサス
2(1)/赤/創界神・エジット
<0>Lv1 <3>Lv2
このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
《神託》〔地竜/天渡/化神&コスト3以上〕
◆対象の自分のスピリットを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置ける。
◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
Lv1・Lv2
このネクサスのシンボルは赤としても扱う。
【神技:3】Lv1・Lv2:フラッシュ
〔このネクサスのコア3個をボイドに置く〕BP3000以下の相手のスピリット/アルティメット2体を破壊する。
【神域】Lv2『自分のアタックステップ』
効果で自分の手札が増えたとき、自分の手札にある系統:「地竜」を持つコスト4以上のスピリットカード1枚を、軽減すべてを満たしたものとして召喚できる。
シンボル:神

イラスト:YutaOtani

  • 創界神アヌビス超煌臨編 第3章:全知全能
Image of


カード番号:BS50-X10  

超煌臨編 第3章:全知全能で登場したネクサス

神託》は、地竜を中心に据えたものであり、創界神スサノヲと共存できる。

神技】は、ヴィクトリーファイアを彷彿とさせる破壊効果。メインステップでも発揮できる一方、コアを3個も使用する割に除去範囲が狭い。
同弾の「冥界」地竜の特徴である疑似【強化】により除去範囲を広げることができるため、これらと併用したい。

神域】は、赤には珍しいメインステップ以外での召喚効果で、特に軽減シンボルを満たしたものとして召喚できるため使い勝手はいい。
手札を増やすことを条件としているため意外と難しくないが、手札増加や効果召喚を条件とする【バースト】に引っ掛かりやすいことに注意したい。

元々地竜は、2色以上の軽減シンボルを持つものが多く存在し、軽減を満たせなくなりがちだったところを限定的ではあるが解消しており、【ゼロカウンター】をはじめとした踏み倒しメタも回避できる。
しかし、召喚用のコアを用意しなくてはならない点がネックで、冥界の処刑人カルノもターンに1度しか使えないためコア運用を考えながらプレイする必要がある。

この効果を発揮する上で手札を重要視するため、当然ではあるが、手札破棄や効果召喚メタにはめっぽう弱い。
アヌビスの冥界神殿幼き創界神ロロといった手札保護効果を持つカードを用意するのが一番だが、多色で構築するのならば、手札全てを保護できる海帝国の秘宝を採用するのも一考の余地がある。
ただ、そのためだけにサーチに引っかからないカードを多く採用してはデッキが回らなくなるため注意が必要。開き直って手札保護を採用しないという手もある。

手札を増やすための手段としてアヌビスの冥界神殿が存在するが、相手に破壊対象が存在する上で維持コアが2必要になるためアポローンの龍星神殿の方が効果発揮はしやすいだろう。
また、自軍が破壊された時に地竜をトラッシュから回収できる原始の森とも相性が良く、破壊されたその場から大型スピリットへと乗り換えることもできる。
最も、最近は破壊以外の除去手段が多いため過信は禁物。
仮に相手からバウンスを受けたとしても、これも手札を増やしたとしてみなされるため、手札に戻された地竜を再召喚させることも可能。

もちろん、この効果でも《神託》を発揮できるので、【神技】用のコアを貯めやすく、維持コストの重い創界神スサノヲの弱点を補える。

意外な所では、コラボ作品と非常に相性がいい。その例は、以下の通り。

  1. 『東宝作品』【シン・ゴジラ】
    シン・ゴジラは皆、系統に地竜を有しているため殆どを踏み倒すことができる。
    ちなみに、ゴジラ(2016)第4形態が持つ【チェンジ】は、召喚ではなくカードを入れ替えるとあるため《神託》は発揮できないが、手札の増加としてはカウントされるため【神域】を発揮できる。
  2. 『デジモン』【赤デジモン】
    アグモングレイモンといった地竜デジモンが持つ【進化】や【超進化】をはじめとするギミック自体、このネクサスの【神域】を発揮させるには申し分ない。
    なお、これらの効果は1体ずつ召喚されるため、《神託》でコアを一度に2個以上増やすことが可能。
  3. 『ウルトラマン』【ゼットン】など)
    古代怪獣ゴモラは、スピリットやアルティメットへの指定アタックに、ネクサス破壊、さらにはドロー効果を持つため、踏み倒しメタを排除しつつ、【神域】を発揮させることができる。
    また、高コストの宇宙恐竜ゼットン滅亡の邪神ハイパーゼットン(イマーゴ)を踏み倒すには最適であり、宇宙恐竜ゼットンが持つドロー効果や耐性効果がこのネクサスを主軸とする戦略と意外にマッチしている。

このように、フィールドにあるスピリットをサポートし続ける創界神とは異なり、フィールド外のリソースによってその真価を発揮するため、素の状態だとまず発揮できないことに注意したい。

  • モチーフはエジプト神話に登場するジャッカル頭の冥神アヌビス。ラーの四兄弟の一柱冥神オシリスの子とされる。
    兄のセトとの近親婚により妻となった妹のネフティスとの間に生まれた不義の子であり、セトの怒りを買いオシリスは殺害された。
    オシリスをミイラにして復活させ、オシリスが冥界の王となった後は死者をオシリスの裁きの間へ迅速に導く役目を担っている。
    • 地竜を手札から踏み倒す【神域】は、おそらく神話にてミイラを作成していたことを踏まえてのものと思われる。今弾の地竜がトラッシュにある時に効果を発揮するのもまた、それをイメージしてのものだろう。
  • 背景世界ではエジットに所属する創界神。一人称は「拙者」であり、エジット最高の剣士。
    元々創界神ラーの側近だったが、ラー消滅後、新たに現エジットの最高神の座についた創界神ホルスにやむなく仕えることになるものの、創界神ヘルメスとの密約で創界神ゼウス=ロロの味方に付くことを選んだ。
    化神闇輝石六将 冥恐斬神ディノヴェンジ
    • 地竜を神託対象にしている点は、おそらく背景世界にて「恐龍同盟」と手を組んだ「虚無の軍勢」が、エジット(オシリス)が差し向けた刺客という設定を踏まえてのものと思われる。
    • イラストのポーズ、肩の×印の紋章、一人称から、モチーフの一つは漫画『るろうに剣心』の主人公「緋村剣心」と思われる。

収録

超煌臨編 第3章:全知全能 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS50] 超煌臨編 第3章:全知全能 ブロックアイコン:<6>

公式Q&A


■■BS50-X10■■ 更新日:2019/10/19 00:14 [Q&A情報の修正]

Q1.このネクサスの【神域】が発揮していて、相手によってコスト4以上の自分の系統:「地竜」を持つスピリットが手札に戻されたとき、手札に戻されたそのカードを召喚できるの?
A1.はい、召喚できます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS50-X10




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-17 (日) 13:10:50
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索