剣皇武龍(けんおうぶりゅう)ゼットウ・ドラゴン

スピリット
7(4)/赤/十冠・家臣・武竜
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 10000 <5>Lv3 15000
【Sバースト:自分のライフ減少後】
BP15000以下の相手のスピリット1体を破壊する。この効果で相手のスピリットを破壊できなかったとき、相手のライフのコア1個を相手のリザーブに置く。
この効果発揮後、このスピリットカードをコストを支払わずに召喚する。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
相手のスピリット/アルティメット1体を指定してアタックできる。
シンボル:赤

イラスト:hippo

フレーバーテキスト:
当代最強の武士であり、オニマル・真打の継承者。
  • 剣皇武龍ゼットウ・ドラゴン十二神皇編 第4章
Image of


カード番号:BS38-007  

十二神皇編 第4章で登場したスピリット

Sバースト】は龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード同様の破壊範囲であり、ライフ制限の撤廃や直接ダメージ効果、【起導】への対応など、単純な性能ではインフレに合わせて強化されている。
ライフダメージはバースト効果では初であり、相手の盤面に左右されるものの、他の破壊効果と併せて相手の場をコントロールすることである程度は能動的な発揮も狙える。
特にアルティメットや耐性持ちを並べる構築に対しては高確率でライフダメージを与えられるため、間接的な対策となる。
起導銃士ヒガンと併用すればアルティメットを除去しつつダメージを与えられる。
変わった所では、【メフィストループ】において無限ダメージのコンボパーツとしても使用可能。

指定アタックはアルティメットも対象に含むが、維持コストの高めなLv2からであり、低いBPから重視するならBPパンプなどの補助手段を併用したい。
幸い自身の系統はいずれも優秀なのでサポートには困らないが、あるいはバースト効果のみを目当てに採用してもいいだろう。

  • 十二神皇編初の家臣であり、烈火伝 第4章以来の収録となる。
  • 炎龍刀オニマル・真打の継承者であり、元来の使用者である戦国龍皇バーニング・ソウルドラゴンとはイラストレーター、イラストの構図が共通する。
  • 名称の「ゼットウ」の由来は中国語で「迷いの無い、残酷な剣の一撃」を意味する「天剣絶刀」と思われる。
    なお、日本の創作物においては「絶技」に相当する単語として用いられることが多い。

収録

十二神皇編 第4章 <M>

公式Q&A

Q1. 「Sバースト」ってなに?
A1. →カードの効果 汎用編 バーストに関して を参照

Q2. このスピリットのSバーストは、相手のフィールドにBP15000以下のスピリットが1体もいない、または、BP15000以下のスピリットは【超装甲:赤】を持つなど、このBP破壊効果を受けるスピリットがいない場合、相手のライフを減らせるということ?
A2. はい、その通りです。

Q3. このスピリットのSバーストで、BP15000以下のスピリット1体を破壊した後、破壊されたときにフィールドに残る効果によって、破壊されたスピリットがフィールドに残ったら、相手のライフを減らせるの?
A3. いいえ、減らせません。

Q4. このスピリットのLv2・Lv3効果で、疲労しているスピリットにも指定してアタックできるの?
A4. はい、指定してアタックできます。
カードの効果 汎用編 指定アタックに関して を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS38-007
  • イラストレーター
    hippo




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-07 (水) 23:29:42
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索