冥府大魔導(めいふだいまどう)エシュゾ

スピリット
6(紫3神1)/紫/天渡・無魔
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 11000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分のデッキを上から3枚破棄できる。
その後、自分のトラッシュに系統:「無魔」を持つカードがあるとき、自分のトラッシュにある、
カード名:「冥府大魔導エシュゾ」以外の、紫のカード1枚を、カード名に「冥府」を含んでいるものとして手札に戻す。
Lv1・Lv2・Lv3『自分のアタックステップ』
系統:「無魔」を持つ自分のスピリット2体につき、相手の手札/手元にあるカードすべてをコスト+1する。
シンボル:紫

イラスト:高梨かりた

フレーバーテキスト:
「エジット」の盟主であったラーとディオニュソスの間で密約があったことが、
アテナによる調査で発覚した。 ―『創世書記』新5章09―

  • 冥府大魔導エシュゾBS52-017
    転醒編 第1章:輪廻転生
Image of


カード番号:BS52-017  

転醒編 第1章:輪廻転生で登場したスピリット

創界神ディオニュソスを主軸にした構築においても「冥府」を持たない紫のカードを回収可能とする一枚。
カード種類を問わない回収対象の広さは確かな魅力であり、獄土の四魔卿マグナマイザーをタッチで採用したり、骸巨人ギ・ガッシャなどの過去の優秀なカードと併用するなどの構築の自由度を獲得した。

一方でトラッシュ肥やしと回収を併せ持つカードとしてはコストが高く、回収に条件があるなど、同構築以外では優先度は下がるため、汎用性は低い。
デッキ破棄は任意だが、回収は強制であり、召喚時効果発揮後バーストを回避できないことも覚えておくこと。

コスト増加効果は冥府神王カヴァリエーレ・バッカスと併せ防御札を封殺するデザイン。
こちらの効果を活用したいならば横に展開することを意識して構築すると良いが、逆におまけと割り切っても良いだろう。
【アクセル】/【チェンジ】に対応しないことは留意のこと。

収録

転醒編 第1章:輪廻転生 <M>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS52] 転醒編 第1章:輪廻転生 ブロックアイコン:<7> 2020年04月25日

公式Q&A


■■BS52-017■■ 更新日:2020/04/17 18:27 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットの召喚時効果で、デッキからカードを破棄しなくても、トラッシュにある該当のカード1枚を手札に戻すことはできるの?
A1.はい、できます。

Q2.相手のアタックステップでこのスピリットの2つ目のLv1・Lv2・Lv3効果を発揮しているとき、自分が「自分の手札は相手の効果を受けない」効果を発揮していたら、手札/手元のカードのコストは系統:「無魔」を持つ相手のスピリット2体につき+1されるの?
A2.いいえ、手元のカードのコストは+されますが、手札のカードのコストは+されません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS52-017




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-16 (水) 01:30:08
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索