冥府三巨頭(めいふさんきょとう)バロック・ボルドー <BS19-X02>

スピリット
8(4)/紫/魔神・無魔
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 13000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分の手札3枚までを裏向きでこのスピリットの下に置く。
(下のカードは、このスピリットがフィールドを離れるとき破棄する)
Lv1・Lv2・Lv3
このスピリットが相手によって破壊される/手札かデッキに戻るとき、下のカード1枚を破棄することで、回復状態でフィールドに残る。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
下のカード1枚を破棄することで、相手のスピリット1体を破壊し、そのスピリットのコア1個をボイドに置く。
シンボル:紫

イラスト:タカヤマトシアキ

フレーバーテキスト:
世界の異変をきっかけに三大勢力の一つがついに動き出す。

冥府三巨頭(めいふさんきょとう)バロック・ボルドー <BS51-RV003>

スピリット
8(紫4神2)/紫/天渡・魔神・無魔
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 13000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分のデッキの上から3枚を裏向きでこのスピリットの下に置く。
(下のカードは、このスピリットがフィールドを離れたとき破棄する)
Lv1・Lv2・Lv3
このスピリットは、相手によってフィールドを離れるとき、このスピリットの下のカード1枚を破棄することで、回復状態でフィールドに残る。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
このスピリットの下のカード1枚を破棄することで、相手のスピリット1体を破壊し、相手のライフの[ソウルコア]以外のコア1個をボイドに置く。
シンボル:紫紫

イラスト:タカヤマトシアキ

フレーバーテキスト:
「長き眠りから目覚めてみれば、創界神とは……酔狂なことよ」

  • 冥府三巨頭バロック・ボルドー剣刃編 第1弾:聖剣時代
Image of


  • 冥府三巨頭バロック・ボルドー超煌臨編 第4章:神攻勢力
Image of


カード番号:BS19-X02  
カード番号:BS51-RV003  

剣刃編 第1弾:聖剣時代で登場したスピリット

単体では意味を成さない変わった召喚時効果を持つが、他の効果のコストとして破棄することで強力な効果を得られるようになっている。

Lv1はカードをコストとして、相手による除去に対して耐性を得る効果。
捨てるカードに特に制限がないため単純にカードの枚数分だけ耐えることができ、場持ちは悪くない。
ただし、コアシュートによる消滅や疲労には効かないので注意したい。

Lv2効果はカードをコストとして、アタック時に破壊とコア除去を同時に行える効果。
破壊するスピリットに指定はなく、【装甲】等の耐性がなければどれでも対象に取ることができる。
ボイドに送るコアは1個と少ないものの、相手が使えるコアを減らせるという点では申し分ないだろう。

効果すべてが下に置かれたカードに依存するため、踏み倒し効果で召喚時効果が発揮されないとただのバニラでしかない。
軽減は少なくはないが、踏み倒して召喚する場合は注意が必要である。

その他に、カードは下に置かれている限り使用できなくなる点にも注意しよう。
これは腐った手札を置く、【不死】を置く等して活用したい。

一応【毒刃】で下に置かれたカードを自ら破棄できるが、相手がわざわざこのカードの下を選択するとは考え難い。
逆に召喚時効果で下に置いたカードを利用されない様に気を付ける必要がある。
なお、「ルールマニュアルVer.10.0にあわせたルール改定に関して」より、2019年4月1日から、効果でフィールドや手元に置いた裏向きのカードは、セットしたバーストと同様に、自分のカードであれば内容をいつでも確認できるようになった。

タイムリープを使い、召喚時効果を再発させる事で3枚以上のカードを下に置く事は可能。
これは"3枚まで"は一度に置く枚数を3枚までとしているのであり、置いておくことが出来る最大枚数を制限している訳では無いためである。

リバイバル

超煌臨編 第4章:神攻勢力で登場したスピリット

冥府三巨頭クイン・メドゥーク(リバイバル)と同様の処置が取られており、召喚コストが軽くなったことと、ダブルシンボルによるプレッシャーが高まった。

召喚時によるコスト確保は、手札ではなくデッキトップから仕込む形に変わったことで手札が息切れしにくくなった。
もちろん、裏向きのカードはルール上、確認できるものの、効果が強制、しかも好きなカードを仕込むことができなくなったため、破棄された時のリカバリーの重要度がより増したと言える。

除去の回避は、当時にはなかった手元を参照するようになり、除去を完璧に防げるようになったのは大きい。
ただ、現環境では効果を無効化させる能力も出ているため、安心はできない。

アタック時効果も、スピリットではなくライフのコアをボイドに置くようになったため、攻撃力が上がっている。

さらには、当時にはなかった「冥府」/「冥府三巨頭」サポートが生まれたことで、安定感が増した。

収録

剣刃編 第1弾:聖剣時代 <X> (BS19-X02)
超煌臨編 第4章:神攻勢力 <R> (BS51-RV003)




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS19] 剣刃編 第1弾:聖剣時代 (BS19-X02)  2012年10月13日
[BS51] 超煌臨編 第4章:神攻勢力 (BS51-RV003) ブロックアイコン:<6> 2020年01月25日

公式Q&A


■■BS19-X02■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットの召喚時効果で下に置いたカードを手札に戻すことはできる?
A1.いいえ、できません。

Q2.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果の、「相手によって破壊」ってどういう方法で破壊されたときを指しているの?
A2.BPを比べたり、相手のスピリットなどの効果によって破壊されたりなど、コアが外されてLv0で破壊される以外の、相手からの破壊をすべて含みます。

Q3.このスピリットのLv1・Lv2・Lv3効果の、「相手によって破壊される/手札かデッキに戻るとき」の効果は、いつ発揮するの?
A3.相手によって破壊されたときと同じタイミング、または手札かデッキに戻る効果を受けたタイミングで発揮します。破壊されたときの効果が複数ある場合はターンプレイヤーが発揮する順番を決定します。

Q4.このスピリットのLv2・Lv3効果で、一度のアタックで下のカード2枚以上を同時に破棄することはできる?
A4.いいえ、できません。

Q5.このスピリットのLv2・Lv3効果で相手のスピリットのコアを0個にしたとき、そのスピリットはLv0になるの?
A5.はい、コアを0個にされたスピリットはLv0となり破壊されます。

Q6.このスピリットのLv2・Lv3効果で相手のスピリットを破壊して、そのスピリットのコアを0個にしたら、相手は【不死】の効果でスピリットを召喚することはできるの?
A6.いいえ、できません。

Q7.このスピリットの召喚時効果で下に置いたカードのシンボルを、軽減シンボルとして数えることはできる?
A7.いいえ、できません。下に置いたカードはシンボルとして数えることはできません。

Q8.このスピリットの召喚時効果で下に置いたスピリットカードを、自分のメインステップで召喚することはできる?
A8.いいえ、できません。置いたカードはこのスピリットの効果以外で使用したり破棄することはできません。

Q9.このスピリットの召喚時効果で、このスピリットの下にカードを置いたら、カードが下にあるスピリットを対象にした効果を受けるの?
A9.はい、受けます。

Q10.【毒刃】の効果でこのスピリットの下に置かれたカードを、このスピリットの効果で破棄することはできる?
A10.はい、できます。

Q11.【毒刃】の効果でこのスピリット以外の下に置かれたカードを、このスピリットの効果で破棄することはできる?
A11.いいえ、できません。


■■BS51-RV003■■ 更新日:2020/01/18 00:50 [Q&A情報の修正]

Q1.《リバイバル
このスピリットの召喚時効果で裏向きで下に置いたカードの内容を確認できるの?
A1.はい、確認できます。確認の際に、相手に見えないように注意してください。

Q2.《リバイバル
裏向きで下にカードがあるこのスピリットに《煌臨》したら、裏向きのカードも煌臨元カードとして扱うの?
A2.いいえ、扱いません。スピリットの下に裏向きで置かれたカードは煌臨元カードではなく、スピリットの下のカードとして扱います。

Q3.《リバイバル
このスピリットの2つ目のLv1・Lv2・Lv3効果は、どんなときに発揮するの?
A3.このスピリットが、相手の効果で破壊されトラッシュに置かれるときと、フィールドから手札や手元、デッキに戻る、除外されるときです。消滅したときは、このスピリットにLv1コスト以上のコアがなく回復状態でフィールドに残れないため、このスピリットの下のカード1枚を破棄することもできません。


関連リンク 




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-28 (火) 08:26:44
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索