仮面(かめん)ライダークウガ ライジングドラゴン

スピリット
6(3)/赤/仮面
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 8000
自分のカード名:「仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム」がいる間、このカードの【チェンジ】を【コスト4(3)】にする。
フラッシュ【チェンジ】コスト6(2)(この効果は手札から使用できる)
シンボル2つ以上の相手のスピリットすべてを破壊する。
この効果発揮後、このカードを破棄するか、系統:「仮面」を持つコスト6以下の自分のスピリットと回復状態で入れ替える。
バトル中ならバトルを続ける。
Lv2『このスピリットのアタック時』
相手のブレイヴ1つを破壊する。
シンボル:赤

イラスト:Seimon

フレーバーテキスト:
ライジングパワーによって強化されたドラゴンフォーム。
俊敏さやジャンプ力がさらに強化されるが、活動時間は30秒のみ。

  • 仮面ライダークウガ ライジングドラゴンコラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】
Image of


カード番号:CB06-007  

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】で登場したスピリット

チェンジ】は仮面ライダークウガ ドラゴンフォームと比較してシンボル3つ以上にも対応したので汎用性が上がった。
コストは重いが上手く決まれば大打撃、刺さらないデッキは少ない。
ただし、コスト変更はドラゴンフォームが出しづらく、【オンステージ】同様、特定の2種類のカードを揃えるのが確率的に難しいので期待してはいけない。

アタック時効果は確実にアドバンテージを得られるドローが削除され、ブレイヴ破壊=メタ効果のみになった。
また、一応スピリット状態のブレイヴを破壊できるようになったが、その代わりに合体アルティメットへの対抗手段を失ったのは痛い。

単純にコストパフォーマンスが悪く、メタの性格が強いうえに重いドラゴンフォームの欠点をさらに強化したような仕上がりになっているため、ハッキリ言ってかなり使いづらい。

  • 特撮ドラマ『仮面ライダークウガ』「EPISODE 28 解明」で初登場。
    五代雄介が電気ショックによって蘇生したことで真の力の一部である金の力(=雷のエネルギー)を扱えるようになり、変身が可能になったドラゴンフォームの強化体。
    跳躍力や俊敏性を中心に強化されているが、腕力も通常のドラゴンフォームに比べてかなり向上している。
    武器はドラゴンロッドが強化された「ライジングドラゴンロッド」。必殺技はスプラッシュドラゴンが強化された「ライジングスプラッシュドラゴン」。
    ゴ・ベミウ・ギ戦では、ライジングスプラッシュドラゴンで腹部を突き刺したゴ・ベミウ・ギを海上に投げ飛ばし、爆発させた。
    • カードの能力はまさにドラゴンフォームの強化版と言えるものとなっている。
    • イラストは「EPISODE 28 解明」でゴ・ベミウ・ギと戦うシーンがモチーフと思われる。

収録

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】 <C>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB06] コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. 【チェンジ】の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 【チェンジ】編 を参照

Q2. このスピリットのLv2効果で、スピリット状態の相手のブレイヴも破壊できるの?
A2. はい、破壊できます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB06-007
  • イラストレーター
    Seimon




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-21 (日) 17:11:57
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索