仮面(かめん)ライダーギャレン

スピリット
3(1)/黄/仮面・四道
<1>Lv1 2000 <2>Lv2 3000 <5>Lv3 10000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分の手札にある系統:「四道」を持つスピリットカード1枚をオープンして手元に置ける。
そうしたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
Lv2・Lv3『お互いのアタックステップ』
カード名に「ブレイド」を含む自分のスピリットがバトルしている間、このスピリットは、相手のスピリットの効果を受けない。
Lv3『このスピリットのアタック時』
このターンの間、相手のスピリット1体をBP-10000する。
この効果でBP0になったスピリットを破壊する。
シンボル:黄

イラスト:安國一将

フレーバーテキスト:
橘朔也が強化服・ギャレンアーマーを装着して変身する。

カード番号:CB08-046  

コラボブースター【仮面ライダー ~欲望と切札と王の誕生~】で登場したスピリット

  • 特撮ドラマ『仮面ライダー剣』に登場。
    人類基盤史研究所BOARDが作ったライダーシステム第一号。BOARDの職員であり剣崎一真の先輩である橘朔也が、ギャレンバックルにダイヤのAのカードを入れ『ターンアップ』することで変身する。
    カードに封印したアンデッドの能力を、醒銃ギャレンラウザーでラウズして引き出すことが可能。ギャレンラウザーによる銃撃を得意とし、肉弾戦もこなすオールラウンダー。
    物語初期の橘は、自分でも気づかない戦いへの恐怖心から戦闘力が低下していたが、愛する者の死を経たことで覚悟を決めて恐怖心を乗り越えた。覚悟を決めた時の強さはかなりのもので、苦戦を強いられた格上の敵を何度も撃破している。
    必殺技は、足に炎をまといオーバーヘッドキックを放つ『バーニングスマッシュ』と、2体に分身して『バーニングスマッシュ』を放つ『バーニングディバイド』。
    さらに、ラウズアブゾーバーに◆Jと◆Qのカードを使用することで、ジャックフォームへと進化する。
    • Lv2・3効果の耐性は、ローカストアンデッドに苦戦するブレイドに加勢せず何故か傍観する『仮面ライダー剣』第1話のエピソードがモチーフとなっている。
      怒りや戸惑いの感情を込めつつブレイドが「橘さん! なぜ見てるんです!?本当に裏切ったんですか!?」と叫ぶそのシーンは、役者の活舌の問題も相まって視聴者だけでなく本編を知らない人の間でも有名。
      なお、第1話放送から約15年経過した現在でも、なぜ見ていたのかの謎は解明されていない。
    • Lv3で急激に上昇するBPおよび、コスト3としては破格のアタック時のBP-効果は、劇中における、格上相手との戦闘時に上昇する融合係数を再現している。
      また、Lv3BPとアタック時BPマイナス効果の数値が同じなのは、分身する『バーニングディバイド』をイメージしたものか。
      この効果により、ギャレン単体でも最高でBP20000のスピリットまでをバトルで破壊することが可能になっている。
    • カードのイラストは、『仮面ライダー剣』第15話において、想い人の命を奪った怨敵であるピーコックアンデッドに対して、『バーニングディバイド』を放つ直前のシーン。

収録

コラボブースター【仮面ライダー ~欲望と切札と王の誕生~】 <R>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB08] コラボブースター【仮面ライダー ~欲望と切札と王の誕生~】 ブロックアイコン:<5>

関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB08-046




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-12 (土) 23:43:09
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索