仮面(かめん)ライダーキバ エンペラーフォーム

スピリット
8(4)/紫/仮面・夜族
<1>Lv1 7000 <2>Lv2 9000 <5>Lv3 14000
フラッシュ【チェンジ】コスト6(3)(この効果は手札から使用できる)
相手のスピリットすべてのコア2個ずつを相手のリザーブに置く。
この効果発揮後、このカードを破棄するか、系統:「仮面」を持つコスト6以下の自分のスピリットと回復状態で入れ替える。
バトル中ならバトルを続ける。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
コア3個以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
この効果で破壊したとき、相手のライフのコア1個を相手のトラッシュに置く。
シンボル:紫

イラスト:saku
イラスト:リュダ(パラレルカード)
 
フレーバーテキスト:
ファイナルウエイクアップしたキバ本来の姿。

  • 仮面ライダーキバ エンペラーフォームコラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】
Image of


カード番号:CB06-X02  

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】で登場したスピリット

チェンジ】はコスト相応の破壊力を持ち、自ターン限定だがキャッスルドランの効果でノーコスト使用も狙える。

Lv2からの効果は【チェンジ】により射程を広げることができるため、相手がLv2以上で場を整えてくる中盤以降であっても腐りづらい。

コアの総数が少なくシンボルを並べるのに注力する序盤のうちは、【チェンジ】を使用した時点でアタック時効果の対象がいなくなってしまうことも多い。
しかし、決して軽いカードではなく、すべての効果が刺さるタイミングを見計らっていては腐ってしまうため、【チェンジ】が有効に機能する場面では積極的に切っていこう。
コア不足が原因でそれ以上の打点を用意できず、そもそもアタック時効果が決め手にならない場面も多いので無理は禁物。
幸い仮面ライダーゴースト オレ魂反魂呪を筆頭に仮面のなかでも再利用の手段には特に恵まれている。

  • 特撮ドラマ『仮面ライダーキバ』に登場。
    紅渡の変身する仮面ライダーキバ キバフォームが、タツロットによってキバの鎧を拘束する全ての(カテナ)を断ち切られ、“ファイナルウェイクアップ”した真の姿。
    闇のキバ』の鎧以後、13ある魔族の頂点に立つファンガイア族の王が纏うために作られた『黄金のキバ』の鎧であり、ファンガイア族最高位『チェックメイトフォー』とも渡り合える高い戦闘力を誇る。
    ガルルセイバーバッシャーマグナムドッガハンマーも使用可能で、タツロットの能力により、各必殺技をパワーアップさせたフィーバー技を使用できる。37話ではファンガイアのキングに代々伝わる魔剣『魔皇剣ザンバットソード』を獲得し、以降の武器とする。
    さらに紅渡の「想い」が最大限に高ぶり更なる覚醒を遂げた時、飛翔態と呼ばれる巨大な蝙蝠にも変身できるようになった。
    主な必殺技は、両足の刃・ルシファーズナイフに赤いキバの紋章を模したエネルギーを纏い、キックを叩き込む「エンペラームーンブレイク」と、ザンバットソードの刀身をザンバットバットの牙で研いで魔皇力を限界まで蓄積させて敵を斬り裂く「ファイナルザンバット斬」。
    • 物語中盤以降は、紅渡がキバの鎧の力を使いこなせるようになったためか、ほぼこの姿に直接変身している。
    • 本カードの【チェンジ】効果はキバフォームのバースト効果の上位版となっており、拘束を解き放った『真の姿』という設定が再現されている。
      またLv2・Lv3のアタック時効果は、「命吸う魔剣」であるザンバットソードの特性を再現したものだと思われる。
    • カードのイラストは、『仮面ライダーキバ』第37話の戦闘シーンを意識したものと思われる。

収録

コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB06] コラボブースター【仮面ライダー ~疾走する運命~】 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. 【チェンジ】の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 【チェンジ】編 を参照

■関連Q&A [ 全て閉じる ][ 全て開く ]

  • カードの効果 個別 キバットバットⅢ世

関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB06-X02




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-16 (火) 22:41:30
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索