七大英雄獣(ななだいえいゆうじゅう) 疾風王(しっぷうおう)アキレウザー

スピリット
8(緑3白1神1)/緑/勇傑・剣獣
<1>Lv1 7000 <3>Lv2 13000 <5>Lv3 16000
フラッシュ《煌臨:剣獣&コスト6以上》『自分のターン』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2・Lv3
このスピリットは、相手のスピリット/アルティメット/ネクサスの効果を受けない。
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
相手のスピリット1体を重疲労させることで、このスピリットは回復する。
(重疲労状態のカードは逆向きにし、1回の回復で疲労状態になる)
シンボル:緑

イラスト:藤井英俊

フレーバーテキスト:
それは戦場を駆け抜ける一陣の旋風のごとき英雄。

  • 七大英雄獣 疾風王アキレウザー神煌臨編 第1章:創界神の鼓動
Image of


カード番号:BS44-X03  

神煌臨編 第1章:創界神の鼓動で登場したスピリット

非常に厳しい煌臨条件を持つものの《煌臨》を前提とした効果は持たないため、コストはかかるが普通に召喚しても問題ない。
また、メインステップで《煌臨》できるのでアタック時効果の発揮タイミングを逃すこともない。

常時効果によって緑のスピリットながら白のソレと同等の強固な耐性を誇る。
もちろん耐性の範囲外の白夜の宝剣ミッドナイト・サン(リバイバル)や光速三段突(リバイバル)には注意が必要。

Lv2・Lv3効果は疲労状態のスピリットも狙えるため、相手のスピリットがいさえすれば腐らないのが特徴。
ただし、煌臨元として黒王獣コク・ガロウなどの重疲労効果持ちを採用してる場合などは、この効果発揮前に相手のスピリットすべてを重疲労させてしまわないように注意する必要がある。

重い召喚コストor煌臨条件をクリアできる構築さえ心掛ければ、アタッカーとして非常に安定した働きをしてくれる。
その代わり素の打点が低く、耐性と重疲労&回復を駆使するとはいえ防衛にはあまり向いていない。
緑魔神などの強力な手段でフィニッシャーとしての能力を補強してやらないと力不足を感じることも多いだろう。

  • 名前の由来はトロイア戦争におけるギリシャ側の英雄、アキレウス。
    俊足かつ、不死身の肉体を持っていたが、トロイア戦争の終盤、パリス(一説にはアポローン)によって人体で唯一、鍛えることができない踵(アキレス腱)を射られて死んだ。
    緑のスピリットらしくない耐性効果はこの逸話を元にしていると思われる。

収録

神煌臨編 第1章:創界神の鼓動 <X>




公式Q&A

Q1. 《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照

Q2. このカードは自分のメインステップにも《煌臨》できるの?
A2. はい、《煌臨》できます。

Q3. 重疲労がよくわからないんだけど?
A3. →カードの効果 汎用編 重疲労に関して を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS44-X03




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-16 (水) 21:27:29
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索