ヴァルト・パークス

ネクサス
3(2)/赤/創界神・起幻
<0>Lv1 <3>Lv2
このネクサスは創界神ネクサス対象の効果しか受けない。
このネクサスには神託と創界神ネクサス対象の効果でしかコアを置けず、そのコアは創界神ネクサス対象の効果しか受けず移動できない。
《神託》〔赤&起幻&コスト3以上〕〔ブレイヴ〕
◆対象の自分のスピリット/ブレイヴを召喚/煌臨したとき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置ける。
◆このネクサスを配置したとき、同じカード名の自分の創界神ネクサスがなければ、自分のデッキの上から3枚をトラッシュに置ける。
その中の対象カード1枚につき、ボイドからコア1個をこのネクサスに置く。
【神技:3】Lv1・Lv2『自分のメインステップ』
〔ターンに1回、このネクサスのコア3個をボイドに置く〕自分はデッキから1枚ドローする。
自分のブレイヴがあるとき、この効果でドローする枚数を+1枚する。
【神域】Lv2『自分のアタックステップ』
自分の合体スピリットがアタックしたとき、そのバトルの間、相手は効果でアタックステップを終了できない。
シンボル:なし

イラスト:稲吉智重

カード番号:PX20-05  

プロモーションカードで登場したネクサス

  • バトスピショップバトルなどの記念品となる予定だったが、新型コロナウィルス問題により封印獣マルコ(リバイバル)と同じく登場が遅れている。
  • Webアニメ『バトルスピリッツ 赫盟のガレット』の登場人物。
    31世紀でのコアの光主に選ばれた、優れた知性と紫の血を持つ第三種族「モーブ」の少年。
    基本的には穏やかな性格だが、内心バトスピという手段での解決への不安視しており、それに加えて父の死を契機とした激情を秘めている。
    正々堂々とモーブ解放のバトルに挑んだ父ルシアン・パークスが、奸計にはめられたことによる不名誉なバトルの敗北に加えナイフで殺害された事を機に「カードの弱さ」を悟ったヴァルトは、目的の為ならば武力行使も必要だと認識。
    「モーブによる統一政府打倒と新たな政権の確立」という革命を考えて過激な言動が目立つ様になり、あくまでも「モーブに対する対話と理解」を望もうとするガレット・レヴォとは、同じモーブ、同じコアの光主でありながら、その思想の違い故に袂を分かつ。そしてヴァルトはモーブによる支配を目的とした武装蜂起計画を進めていく。
    カードバトラーとしては、爆覇龍エクスプロード・ドラゴンを主体とした【赤起幻】デッキを使用。真・炎魔神といった異魔神ブレイヴや赤マジックとの連携で、多彩な戦術を取る。

収録

プロモーションカード <PX>

公式Q&A


■■PX20-05■■ [Q&A情報の修正]


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    PX20-05




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-14 (日) 10:07:27
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索