モルゲザウルスX(テン)

スピリット
3(赤1神1)/赤/界渡・地竜
<1>Lv1 3000 <2>Lv2 4000 <4>Lv3 6000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
このスピリットをBP+5000する。
Lv2・Lv3
自分のカード名:「創界神ダン」がある間、このスピリットは、相手のスピリット/アルティメット/ネクサスの効果を受けない。
シンボル:赤

コンセプト:ヒラタリョウ
イラスト:巴ヨシヤス

フレーバーテキスト:
確かめないといけないことが多すぎて、交渉はいったん保留。
再交渉の期限は次の満月だ。 ―『天星交渉記』第2項04―

カード番号:SD49-CP01  

アイツのデッキで登場したスピリット

軽減がばらけているため創界神を多めに採用するデッキが望ましい。
赤のコスト3界渡としては、シャーマント・ヒヒサンダー・Z・ギボンなどのライバルがいる。

アタック時効果は単純なBP加算。容易にBP8000以上となる。
数値は高いものの、赤のコスト3地竜としては、素でBPの高く軽減の多い婆羅護吽や、恐竜人ティラノイド(リバイバル)といったライバルが多い。

Lv2・3では、BP比べに持ち込むために創界神ダンを条件としたスピリット/アルティメット/ネクサスへの耐性効果を持つ。
しかし、カウンターに用いられることの多い除去マジックに耐性を持たないのが弱点。

創界神ダン光導サポート特化の効果であり、創界神ダンを投入する【光導】/【天星12宮】に、月光のバローネのようなキーカードをのぞき、光導を持たないカードを多く採用すると《神託》や【星読】等を阻害しデッキの動きを悪くしてしまう。
現時点では、軽減も少なめで単体ではBPアップ効果しか持たず、創界神ダンがあっても耐性効果しか得られないこのカードをわざわざ採用する意義を見いだすのは難しく、自身の界渡創界神ダンの《神託》もかみ合わないミスマッチなカードデザインとなっている。

収録

アイツのデッキ <CP>

アニメにおいて

『サーガブレイヴ』では、月光のバローネが使用。
月光のバローネvsグラトス(1話「激突王のキセキ」)では、バローネがアタッカーとして召喚。ライフを削ったり月紅龍ストライク・ジークヴルム・サジッタの軽減要員となったが、最後はイビルフレイムの【バースト】効果で2体とも破壊された。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[SD49] アイツのデッキ ブロックアイコン:<6>

公式Q&A


■■SD49-CP01■■ [Q&A情報の修正]


関連リンク 




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-16 (日) 01:24:16
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索