ムゲンドラゴン・ザ・ファーストスター

スピリット
8(4)/赤/緋炎・新生・極竜
<1>Lv1 10000 <3>Lv2 15000 OC<8+>+12000
フラッシュ《契約煌臨:炎契約/新生&C6以上》『自分のターン』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2『このスピリットのアタック時』
相手は、相手のライフのコア1個をトラッシュに置かなければ、マジックカード/【アクセル】を使用できない。
このスピリットの煌臨元に「ムゲン」があるとき、この効果でトラッシュに置くコアを+1個する。
OC条件:カウント8以上
【OC中&煌臨中】Lv1・Lv2『自分のアタックステップ』
系統:「新生」を持つ自分のスピリットが、ターンの最初にアタックしたとき、このターンの間、そのスピリットに赤シンボル2つを追加できる。
シンボル:赤

イラスト:安達洋介

 

  • ムゲンドラゴン・ザ・ファーストスターSD64-X01
    バトスピダッシュデッキ【無限の絆】
Image of
SD64-X01
カード番号:SD64-X01

バトスピダッシュデッキ【無限の絆】で登場したスピリット

煌臨条件は、緋炎龍皇グロウ・カイザーと同様だが、ムゲン新生も含まれているため、幅は広い。

アタック時効果は、赤特有のライフダメージが付いたマジック/【アクセル】の制限。この時、「ムゲン」が煌臨元にあることで相手が削るライフ数を増やすことができる。

通常はマジック/【アクセル】の使用1回ごとにライフ1つしか適用できないが、追加の条件を満たすと2つも削らないといけなくなるため、マジック/【アクセル】の使用は封じられたも同然。
ただ、このスピリットのシンボルは1つしかないので【OC】も満たして打点を強化しなければ、この効果も生かしづらくなる。

カウント8以上の【OC中&煌臨中】『自分のアタックステップ』では、ターン最初にアタックした新生スピリットの打点を強化できる。
最低でも3打点となるので、前述したマジック/【アクセル】の制限と合わせて相手にプレッシャーをかけていきたい。

収録

バトスピダッシュデッキ【無限の絆】 <X>

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[SD64] バトスピダッシュデッキ【無限の絆】 ブロックアイコン:<9> 2022年06月25日

公式Q&A 


■■SD64-X01■■ 更新日:2022/06/17 23:15 [Q&A情報の修正]

Q1.《契約煌臨》は《煌臨》としても扱うの?
A1.はい、扱います。《契約煌臨》は、煌臨条件を満たすスピリットに加えて、《契約煌臨》できる効果を持つ「魂状態」の契約カードにも煌臨できる効果です。また、《契約煌臨》を持つカードは《煌臨》を持つカードとしても扱います。
カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照

Q2.「カウント」や《OC》(オーバーカウント)ってなに?
A2.「カウント」は、カウントエリアに置かれたコアの数のことです。カウントに関する効果以外でカウントエリアのコアを移動、参照したり、コストの支払いに使用することはできません。
OC》は、自分のカウントが指定以上のとき、《OC》のBP+でBPが増えたり、そのカードに書かれた【OC中】効果が発揮できるようになる効果です。
カードの効果 汎用編 カウントに関して を参照

Q3.自分のこのスピリットのアタック時効果が発揮しているとき、相手が「自分の手札は相手の効果を受けない」効果を発揮していたら、手札のマジックカード/【アクセル】をライフのコアをトラッシュに置かずに使用できるの?
A3.はい、使用できます。「自分の手元は相手の効果を受けない」効果を発揮していた場合は、手元のカードも使用できます。

Q4.「系統:「新生」を持つ自分のスピリット/アルティメットが、ターンの最初にアタックしたとき」とあるけど、自分のターンの最初に、条件を満たさないスピリット/アルティメットがアタックした。その次に条件を満たすスピリット/アルティメットがアタックしたら、この効果は発揮できるの?
A4.いいえ、発揮できません。

Q5.このスピリットの【OC中&煌臨中】効果の対象になったスピリットが、《煌臨》や【チェンジ】などで、系統:「新生」を持つスピリットではなくなったら、追加されたシンボルは失われるの?
A5.はい、追加されたシンボルは失われます。そのターンの間に、再び、《煌臨》や【チェンジ】などで、系統:「新生」を持つスピリットになった場合、赤シンボル2つが追加されます。

関連リンク 



[PCサイト固定]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-04 (月) 20:24:14