マザーエイリゴン

スピリット
6(4)/紫/死竜
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 7000
Lv1・Lv2『このスピリットの召喚時』
自分のトラッシュにあるカード名に「エイリゴン」を含むコスト5以下のスピリットカードを、コストを支払わずに好きなだけ召喚する。
Lv1・Lv2:フラッシュ『自分のアタックステップ』
自分の紫のスピリット1体を破壊することで、自分はデッキから1枚ドローする。
Lv2『自分のアタックステップ』
自分の紫のスピリットが破壊されたとき、相手のスピリット/アルティメットのコア2個を相手のトラッシュに置く。
シンボル:紫

イラスト:Hayaken

フレーバーテキスト:
ブラフマーが「オリン」と、というよりはゼウス=ロロと事を構えるつもりな
ことに対して、シヴァは積極的に支持を表明。 ―『創世書記』新1章37―

  • マザーエイリゴン超煌臨編 第1章:神話覚醒
Image of


カード番号:BS48-028  

超煌臨編 第1章:神話覚醒で登場したスピリット

ベビーエイリゴン及びエイリゴンの親玉。
召喚時効果はトラッシュにある同2種類を好きなだけリアニメイトする効果。
両者とも召喚時にはドロー効果を発揮するため、大量に召喚できればその分だけ手札と盤面が充実することとなる。

フラッシュ効果は自壊効果とそれに付随するドロー。
チャンプアタックさせた小型がブロックされた時が狙い目で、即座に手札に変換しつつブロッカーを捌ける。
この効果は何回でも発揮できることから、デス・ヘイズと併用することで無限に手札交換ができる他、『このスピリットの破壊時』を持つ他色スピリットに合体させることで効果の使い回しが可能。
だが、あちらが制限カードであることから安定したコンボを狙うのは難しい。

Lv2からは自軍の破壊に反応するコア除去効果。
こちらも数押しに向く効果であり、ライフかコアかの2択を強要し、ブロッカーを無理やり突破するデザインとなっている。

2種類のアタックステップ時効果は互いにシナジーがあり、相手のコアやフィールドを荒らしながら消耗戦を強いるのは単純ながら強力。
強いてケチを付けるならば、エイリゴン系列が現状力不足であることと、サイズの割に基礎BPが低く、耐性もないため戦術が瓦解しやすいことだろうか。

収録

超煌臨編 第1章:神話覚醒 <C>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS48] 超煌臨編 第1章:神話覚醒 ブロックアイコン:<6>

公式Q&A


■■BS48-028■■ [Q&A情報の修正]


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS48-028




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-10 (金) 23:06:56
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索