ハイパークロックアップ

一部のスピリットが持つキーワード能力

  • アンブロッカブル効果のキーワード能力としては【雷飛翔】以来。
    赤属性としては初。
    これはクロックアップも同様。
  • 名称:「クロックアップ」を含む効果として扱う。
  • 特撮ドラマ『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーが使用する、時間流の操作による超加速能力。
    クロックアップの数十倍のスピードで移動・活動可能で、また、現在・過去・未来・異空間を自由・思いのままに行き来することも出来る。
    バトスピでは、「クロックアップ持ちですらブロックできない」効果、「フラッシュ効果を使わせにくくする」効果として再現されている。
    劇中でハイパークロックアップ持ち同士が敵対することがなかったためか、ハイパークロックアップ持ちでもブロックはできない。
  • なお、効果テキストの裁定は以下の通り
    • Q:日本語としては「使用・使う」は同義語ですが、バトスピ用語における両者の差違は何でしょうか?
    • A:19/09/20回答
      「使用」は、手札・手元からカードを提示することです。
      「使えない」という記述は、上記の「使用」と効果の「発揮」を制限する効果です。
      • バーストマジック「発動」時のフラッシュ効果も「使う」として扱う。
      • 例:絶甲氷盾のフラッシュ効果は「使用」・「発動」のいずれで「使う」場合も3コスト余分に支払わなければ「使えない」。

効果詳細

LvX【ハイパークロックアップ】『このスピリットのアタック/ブロック時』
このスピリットはブロックされない。
さらに、相手はフラッシュ効果を使うとき、3コスト余分に支払わなければ使えない。

所持カード


[ 全て閉じる ][ 全ての詳細を確認する ]    並び順:

  • スピリット

  • CB09-X01仮面ライダーカブト ハイパーフォーム X [赤]
    • スピリット
      8(4)/赤/仮面
      <1>Lv1 10000 <3>Lv2 12000 <5>Lv3 18000
      フラッシュ【チェンジ】コスト6(3)(この効果は手札から使用できる)
      BP15000以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
      この効果発揮後、このカードを破棄するか、本来のコストが5以上の自分の赤1色のスピリットと回復状態で入れ替える。
      バトル中ならバトルを続ける。
      Lv2・Lv3【ハイパークロックアップ】『このスピリットのアタック/ブロック時』
      このスピリットはブロックされない。
      さらに、相手はフラッシュ効果を使うとき、3コスト余分に支払わなければ使えない。
      シンボル:赤

  •  
  • CB10-009仮面ライダーガタック ハイパーフォーム R [赤]
    • スピリット
      7(4)/赤/仮面
      <1>Lv1 6000 <3>Lv2 10000 <5>Lv3 13000
      セットしているこのカードは、カード名に「ハイパーフォーム」を含む自分のスピリットがアタックしたとき、バースト条件を無視して発動できる。
      【バースト:相手による自分のスピリット破壊後】
      自分はデッキから2枚ドローする。
      この効果発揮後、このカードをコストを支払わずに召喚する。
      Lv2・Lv3【ハイパークロックアップ】『このスピリットのアタック/ブロック時』
      このスピリットはブロックされない。
      さらに、相手はフラッシュ効果を使うとき、3コスト余分に支払わなければ使えない。
      シンボル:赤



自作デッキ



リンク

キーワード能力
名称:「クロックアップ」を含む効果




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-20 (金) 23:27:27
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索