ネイチャーフォース/Nature Forces

マジック(禁止カード)
3(2)/緑
フラッシュ:
自分のトラッシュにあるコアすべてを、自分のスピリット1体に置く。
この効果は、メインステップで使えない。

イラスト:米田仁士
(エラッタ前)
フラッシュ:
自分のトラッシュにあるコアすべてを、自分のスピリット1体の上に置く。
この効果は、メインステップで使えない。

  • ネイチャーフォース第二弾:激翔
  • ネイチャーフォースヒーローハイランカーパック
Image of


カード番号:BS02-097  

第二弾:激翔で登場したマジック

トラッシュからのコア回収能力を持つ。
無限コンボの起点になる事からメインステップでの使用ができないため、アタックまたはブロック時に使用してスピリットを強化するのが主な用法となる。

スピリットのコアをトラッシュに置くことで効果を発揮するカード、特に蜂王フォン・ニードとの相性が良くトラッシュに送られたコアを補充し、さらなる連続攻撃へ繋げることができる。
また【光芒】との相性も抜群で、マジックに必要なコアを回収した上、このカードそのものも回収して再利用可能。
他に、【覚醒】も実質0コストで使用できるため、無駄なくコアを使うことができる。

の【神速】スピリットを出せば力奪う凱旋門俊星流れるコロッセオの妨害効果を回避できる。
マジックであるため冥土の魔女ヘレンマジックブックの対象になり、【光芒】によりたびたび使い回される。

烈の覇王セイリュービが伝説指定を受けたことで、このカードの評価も上昇したと言える。
上記と比べると攻撃/防御に使えないことやマジック規制などを受けてしまうが、トラッシュのコア数を参照しないで使えるというメリットがある。

2015年4月1日よりソウルコア導入に伴い禁止カードに指定された。
基本1個しかないソウルコアを、実質的に2個以上あるかのように使える為であろう。

収録

第二弾:激翔 <C>
ヒーローハイランカーパック <C>

アニメにおいて

「少年激覇ダン」「ブレイヴ」に登場。
「少年激覇ダン」でクラッキー・レイ、幻惑のレオン、ガーナ、兵堂 剣蔵が使用。
BPパンプや次のマジックにつなげるなど、多彩な使われ方をした。
クラッキーvs馬神 弾(6話)では、ダークディノハウンド天使長ソフィアがバトルした際にイマジンフィールド使用後に使い、ダークディノハウンドを破壊した。その後【光芒】の効果でマジックを回収し、同じ方法で賢獣アイベリックスバトルの際にロクケラトプスを、妖精ターニャバトルの際にエリマキリザードを破壊した。

「ブレイヴ」ではソーサラーのルガインが使用。
ルガインvs馬神 弾(18話)では、弾のアタックに対しコアを回収し、ヴィクトリーファイアに繋げて反撃した。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS02] 第二弾:激翔
[BSC09] ヒーローハイランカーパック

公式Q&A


■■BS02-097■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.このマジックのコストで使用したコアも、スピリットの上に置けるの?
A1.はい、コストを支払った後、トラッシュのコアすべてをスピリット1体の上に置きます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS02-097




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-19 (土) 23:59:25
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索