ドラグノ(おう)

スピリット
7(4)/赤/起幻・竜人
<1>Lv1 6000 <3>Lv2 11000 <4>Lv3 15000
Lv1・Lv2・Lv3【大追撃】
疲労状態のこのスピリットは、相手の効果を受けず、重疲労させることでアタックできる。
(重疲労状態のカードは逆向きにし、1回の回復で疲労状態になる)
Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
カード名に「ドラグノ」を含む自分のスピリット1体につき、このスピリットをBP+5000する。
さらに、このスピリットのBP以下の相手のスピリット/アルティメット1体を破壊する。
シンボル:赤

イラスト:Yuta Otani

フレーバーテキスト:
すべての竜人を統べ、ドラグノによるドラグノのための世界を築く!

  • ドラグノ王BS54-X01
    転醒編 第3章:紫電一閃
Image of


カード番号:BS54-X01  

転醒編 第3章:紫電一閃で登場したスピリット

新能力【大追撃】は、【追撃】と同様に疲労状態でもアタックできる特性を持つことに加えて、疲労状態になっている間はあらゆる効果を受け付けないという【追撃】の上位に恥じないものとなっている。
追撃】の弱点である重疲労や、紫や緑が得意とする疲労状態での除去を克服しており、耐性は常に発揮されるので長くフィールドに留まることができ、重疲労状態でない限りアタックを抑止されることもない。

当然、このスピリットを対処する手段は限られることとなり、その一つであるアタックステップの強制終了に関しては竜人の創界石/ドラグノ魔神で防ぐことができる。
出来れば疲労状態と重疲労状態を繰り返して耐性を維持できるようにしたい所だが、今では耐性を無視する効果も出ているので、あまり過信しないようにしたい。

追撃】の宿命としてブロックできないデメリットが目立つが、重疲労しても能動的に回復状態に戻すことができるドラグノ大隊長(リバイバル)や、このスピリットを含め、竜人すべてに疲労ブロックを可能とさせるガーネットドラゴンで克服できる。
ドラグノ大隊長(リバイバル)が持つ回復効果は【追撃】/【大追撃】に対応しているため、回復状態に戻して再度の連続アタックを発揮させたり、あえて使わずにブロッカーとして守りに備えるのもいい。

一方、ガーネットドラゴンとは特にに相性が良く、このスピリットを疲労ブロッカーにすることで、耐性を維持させたまま無限ブロックが行えるようになる。そのため、守りにおいても高い壁として活躍できるだろう。

Lv2からはアタック時に「ドラグノ」を参照した自身のパンプアップと、自身のBPを参照したBP破壊を発揮する。
弱点であるBPの低さを克服した効果であり、このスピリットだけでもパンプアップされるので、素のBP以上のアタックとBP破壊を同時に行える。
1体しか破壊できないが、並ぶごとに破壊上限を高くすることができ、その上で高BPによるアタックが付いてくるので、ブロックされても返り討ちにできる。
バトル勝利時に回復できるドラゴンズラッシュと組み合わせることで、【大追撃】における完全耐性を生かしつつ、効果とバトルの両方から相手のフィールドを一掃することも可能。

他にも、アタック時効果をブロック時効果にシフトできるドラグノ近衛兵の存在も大きく、「ドラグノ」であるため自身のパンプアップやBP破壊に貢献できるだけでなく、ブロック時効果として発揮させることで、相手のアタックステップでも同様の動きを見せることができるようになる。
もちろん、前述したようにガーネットドラゴンと共に並ばせることで、耐性を維持させたまま高BPによる無限ブロックとBP破壊を同時に行えるので、大きな牽制にも繋がる。
上手くいけば、ドラゴンズラッシュと同様、相手のフィールドを一掃することができ、最終的に相手はスピリットを召喚することすら躊躇うだろう。

かなり攻撃的な性能が目白押しだが、単体でライフを削る程の性能を持たないなど、やや物足りない所が多い。
一方、上記のような相性のいいカードとの組み合わせによって爆発力を発揮できる。

収録

転醒編 第3章:紫電一閃 <X>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS54] 転醒編 第3章:紫電一閃 ブロックアイコン:<7> 2020年10月31日

公式Q&A


■■BS54-X01■■ 更新日:2020/10/23 21:25 [Q&A情報の修正]

Q1.【大追撃】ってどんな効果なの?
A1.疲労状態のときに効果を受けなくなり、すでに疲労状態でも、アタック宣言ができる効果です。このときそのスピリットは重疲労します。
カードの効果 汎用編 重疲労に関して を参照


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS54-X01




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-17 (火) 20:31:10
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索