ゼファーヴォルテックス

マジック
6(3)/緑
【バースト:相手のスピリット/アルティメットのアタック後】
相手のスピリット/アルティメット1体を疲労させる。その後、自分のスピリット1体を回復させる。
その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
フラッシュ:
相手のスピリット/アルティメット3体を疲労させる。
その後、カード名に「ゲイル・フェニックス」と入っている自分のスピリットがいるとき、疲労状態の相手のスピリット/アルティメット1体をデッキの下に戻す。

イラスト:伊藤正市
  • ゼファーヴォルテックス十二神皇編 第5章
Image of


カード番号:BS39-071  

十二神皇編 第5章で登場したマジック

発動条件の緩い「アタック後【バースト】」でありながら制限級のストームアタックと同格の効果を発揮する。
相手の後続のアタックを抑制しつつ、アタックしている最中の相手のスピリット/アルティメットを回復したスピリットで迎撃できる。
卯の十二神皇ミストラル・ビットで【跳躍】できれば大きなアドバンテージを獲得できるため、高相性。

フラッシュ効果はアルティメットを含めた疲労効果。
同コスト同軽減のゲイルロードフィニッシュと比べると疲労体数が1体多い。
「ゲイル・フェニックス」がいればさらに1体をデッキボトムへ送ることができる追加効果がある。
デッキバウンスの対象は1体だけだが、デッキボトムに送る=ほぼ再利用不能である為、ゲームから除外したに等しい威力を伴う。

互換性の高いゲイルロードフィニッシュと採用枠を争うことになるが、「ゲイル・フェニックス」がいるということは《封印》もできていると考えても良いため、封印時の手札バウンスではあるが、相手フィールドを一掃するコントロール性としてはそちらが優る。

とはいえ「ゲイル・フェニックス」がいなければ単純な疲労マジックでしかなく、その「ゲイル・フェニックス」もコストが全体的に高めなことを考えると、狙って発揮するのは少々難しい。
コアブースターに卯の十二神皇ミストラル・ビット/ゲイル・フェニックス・ピーコックを有する【爪鳥】においてはゲイル・フェニックスゼファーが適任と言える。

収録

十二神皇編 第5章 <C>

公式Q&A

Q1. 「バースト」ってなに?
A1. →カードの効果 汎用編 バースト編 を参照


関連リンク

  • 公式サイトのカード情報
    BS39-071




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-09 (土) 06:21:05
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索