シャッガイ

ネクサス
4(赤1紫1緑1白1黄1青1)/青
<0>Lv1 <1>Lv2
Lv1・Lv2『このネクサスの破壊時』
自分の手札にある系統:「成長期」/「成熟期」/「完全体」を持つスピリットカードをコスト合計10まで、コストを支払わずに好きなだけ召喚する。
Lv2
『このスピリット/ブレイヴの召喚時』効果は発揮されない。
『このスピリットの召喚時』効果を持つ相手のスピリットがアタックしたとき、このネクサスを破壊する。
シンボル:青

イラスト:Kazuyuki Hayashi

フレーバーテキスト:
リアライズしたデジモンを分解するシステム。
だが、デジタルワールドとリアルワールドに穴を開けてしまう。

カード番号:CB07-055  

コラボブースター【デジモン ~決めろ!カードスラッシュ~】で登場したネクサス

  • アニメ『デジモンテイマーズ』に登場。
    人に危害を加えるデジモンがいることから、デジモンの存在全てを危険視している情報管理局室長・山木が中心となって独自に開発したワイルドワン(=デジモン)消去プログラム。
    捕獲したデジモンから抽出したデータを餌として、リアルワールドに現れたデジモンたちを誘い寄せ、人工ブラックホールで分解する。
    最初に都庁上空に展開されたシャッガイは、山木の目論見通りに数多のデジモンを分解していったが、リアルワールドとデジタルワールドの境界を歪める性質をミヒラモンに利用され、結果的に完全体以上の強力なデジモンがリアライズする通り道「シャッガイホール」を穿ってしまった。
    その後、ヴィカラーラモンの襲来に際し再び起動されたが、マクラモンによって暴走させられ、自壊する。奇しくもこの一件が、山木とタカトたちの和解のきっかけとなった。
    最終決戦では、改良されたシャッガイVer.3.4がテリアモンにロードされ、重力を利用した局所的タイムマシンを作り出すことで、デ・リーパーを無害な初期状態にまで退化させた。何度も失敗を繰り返したシステムであるが、最終決戦にて遂に雪辱を果たした。
    • カードのイラストは、最初のシャッガイの起動シーンを意識していると思われ、山木らしき人物も中央に描かれている。
    • Lv1・Lv2の『このネクサスの破壊時』効果および、Lv2の自壊効果は、上述の「シャッガイホール」の再現だろう。
    • 名称の由来はクトゥルフ神話のシャッガイから。作中のデジモンの事をワイルドワンと呼称しているのもクトゥルフ神話における深き者ども(ディープ・ワンズ)から来ている。
  • 相手のアタックで破壊されるデメリット(メリットにもなるが)からか、相手のみ召喚時効果を封じるネクサスとしてはレベルコストが非常に少ない。

収録

コラボブースター【デジモン ~決めろ!カードスラッシュ~】 <C>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[CB07] コラボブースター【デジモン ~決めろ!カードスラッシュ~】 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. Lv2の相手のこのネクサスがあるとき、【重装甲:青】を持つ自分のスピリットの召喚時効果や、【重装甲:青】を持つ自分のスピリットに直接合体したブレイヴの召喚時効果は発揮するの?
A1. はい、発揮します。

Q2. Lv2の相手のこのネクサスがあるとき、『このスピリットの召喚時』効果を持つスピリットがアタックしても、そのスピリットがこのネクサスの効果を受けないスピリットでないと、『このスピリットの召喚時』効果は発揮できないので、このネクサスは破壊されないの?
A2. いいえ、違います。効果は発揮しなくても『このスピリットの召喚時』効果を持つスピリットではあるので、このネクサスは破壊されます。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    CB07-055




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-17 (土) 15:48:59
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索