オラクル二十一柱(にじゅういっちゅう) XIII(サーティーン) ザ・デス

スピリット
6(紫2青2)/紫/来是・占征
<1>Lv1 4000 <2>Lv2 9000 <6>Lv3 13000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットのアタック時』
相手のスピリット/アルティメット1体のコア13個をリザーブに置く。
この効果発揮後、この効果でカードがトラッシュに置かれなかったとき、このターンの間、相手のスピリット/アルティメット/ネクサスすべてのLvコストを+1する。
Lv2・Lv3『自分のターン』
相手のスピリットを消滅/破壊したとき、系統:「占征」を持つ自分の紫/青のスピリット1体を回復できる。
シンボル:紫

イラスト:ショースケ

フレーバーテキスト:
死、消滅、終末を司るオラクル二十一柱の一柱。

 

  • オラクル二十一柱 XIII ザ・デスBS56-X02
    真・転醒編 第1章:世界の真実
Image of
BS56-X02
カード番号:BS56-X02

真・転醒編 第1章:世界の真実で登場したスピリット

相手のスピリットのコアを外すことに特化したオラクルスピリット。

このスピリット最大の目玉となるLv1効果のコアシュートは、天星12宮 闇星魚ピスケガリオットを上回る13個のコアを一度に外すことができる。
さすがに1体しか対象にできないが、1枚のカードに対してコア13個も乗っていることはあまりないため確実に消滅させることが可能。
しかも1ターンで何度も発揮できるという点でも脅威と言える。

また、満足に外すことができなかった場合の保険も備えており、消滅できなかった時は、今度はLvコストの増加をフィールド全体に及ぶようになる。
たとえコア除去耐性で1個だけ残したとしてもその場で消滅させることが可能なので、あえて耐性持ちを指定すればLvを下げることができずとも、耐性を持たないカードはフィールドに留まることもできなくなる。
その上コアの運用に支障をきたすこととなるので、使い方次第ではかなり幅を利かせた使い方が期待できる。

Lv2・3効果は、相手スピリットを破壊/消滅させるごとに回復させることができ、Lv1効果とのシナジーは高い。
Lv1効果と同様、何度も発揮できる特徴があるが、あくまで1体しか回復できないことに要注意。
オラクルXIII オーバーデスと組み合わせることで、回復した上でライフを減らせるので、殆ど無駄にならない。

収録

真・転醒編 第1章:世界の真実 <X>

収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS56] 真・転醒編 第1章:世界の真実 ブロックアイコン:<8> 2021年04月24日

公式Q&A 


■■BS56-X02■■ 更新日:2021/04/18 16:22 [Q&A情報の修正]

Q1.このスピリットのアタック時効果で、コアが1個しか置かれていない相手のスピリットのLv1コストが2になり消滅したとき『相手によるこのスピリットの消滅時』効果や「フィールドを離れるとき」が条件の《転醒》は発揮するの?
A1.はい、発揮します。

Q2.このスピリットのアタック時効果でLv1コストが2になったスピリットを、相手がコストの支払いなどでそのスピリットのコアを1個以下にして消滅させたら、『相手によるこのスピリットの消滅時』効果や「相手のスピリットを破壊/消滅したとき」が条件の《転醒》は発揮するの?
A2.相手が自身のスピリットを消滅させたことになるので、『相手によるこのスピリットの消滅時』効果は発揮しませんが、自分の「相手のスピリットを破壊/消滅したとき」が条件の《転醒》は発揮できます。

Q3.このスピリットのアタック時効果でLvコストが上がり、消滅した相手のネクサスが「フィールドを離れるとき」が条件の《転醒》を発揮してスピリットになったがスピリットのLvコストも上がっているため、Lv1コストが足りなかった。このとき、カウントは増やせるの?
A3.いいえ、最低Lvコスト以上のコアが置かれなければ、《転醒》はその時点で中断され、自分の効果で消滅したことになります。このとき、カウントは増えず、転醒時や転醒したときの効果も発揮されません。

関連リンク 

サイクル一覧



[PCサイト固定]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-16 (月) 22:34:21