オベリスク・ゴレム

スピリット
8(青3神1)/青/界渡・造兵
<1>Lv1 7000 <4>Lv2 14000
フラッシュ《煌臨:青&コスト5以上》『お互いのアタックステップ』
自分の[ソウルコア]をトラッシュに置くことで、対象の自分のスピリットに手札から重ねる。
Lv1・Lv2『このスピリットの煌臨/アタック時』
相手の手札が6枚以上のとき、相手の手札すべてを破棄できる。
そうしたとき、相手はデッキから2枚ドローできる。
Lv2『このスピリットのアタック時』
ブレイヴのコストを無視して、コスト7以下の相手のスピリット1体を破壊する。
自分のネクサス1つにつき、破壊する体数を+1体する。
シンボル:青

イラスト:かんくろう

フレーバーテキスト:
「エジット」で建造される最大級のゴーレム。その拳はあらゆるものを砕く。

  • オベリスク・ゴレム神煌臨編 第1章:創界神の鼓動
Image of


カード番号:BS44-066  

神煌臨編 第1章:創界神の鼓動で登場したスピリット

煌臨条件や召喚コストの都合、採用は専ら青の構築が主となる。
だが、煌臨/アタック時効果は繰り返し発揮できる見込みもあるとはいえグリードサンダーより条件が厳しく、狙ったタイミングで《煌臨》できないこともザラである。
なお、グリードサンダーとは異なり槍煌神機ヴォーダンなどの手札で効果を受けないカードがあったとしても、手札破棄だけを行え、ドロー効果は手札をすべて破棄されなければ発揮されない。

Lv2効果は自分のネクサスの数+1体、コスト7以下のスピリットを破壊する。
主に小型や中型を多用する相手に対してはこちらがメインで発揮される効果になるだろう。

このスピリットの真価は、手札が多くなりがちな構築や中型までのスピリットを展開する相手に対するメタ性能にある。
前者は手札を多く有する構築に対して刺さり、手札をリセットした上で間接的にデッキ破壊を行う。
後者は自分のネクサスに依存するとはいえ、間接的ながらも手札破壊に相当する除去を行える。
いずれの効果も相手や自分の状況によって効果の強弱にムラはあるため、採用枚数は吟味したい。

収録

神煌臨編 第1章:創界神の鼓動 <M>




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS44] 神煌臨編 第1章:創界神の鼓動 ブロックアイコン:<5>

公式Q&A

Q1. 《煌臨》の効果がよくわからないんだけど?
A1. →カードの効果 汎用編 《煌臨》編 を参照

Q2. このスピリットの煌臨/アタック時効果を発揮したとき、相手の手札が6枚以上で、「BS40-X04 槍煌神機ヴォーダン」が手札にあったら、どうするの?
A2. 手札を破棄する前に相手は「槍煌神機ヴォーダン」を公開し、そのカード以外の手札を可能な限り破棄します。手札すべてを破棄できなかったため、デッキからドローはできません。


関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS44-066




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-06 (日) 15:36:31
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索