そびえる甲天城(こうてんじょう)

ネクサス
3(1)/緑
<0>Lv1 <2>Lv2
Lv1・Lv2『自分のスタートステップ』
自分のデッキを上から1枚オープンできる。それがカード名に「四甲天」と入ったスピリットカードのとき、コストを支払わずに召喚できる。
召喚しない、または、他のカードのときはデッキの上に戻す。
Lv2
カード名に「四甲天」と入っている自分のスピリットがいる間、このネクサスは、相手の効果で破壊されず、手札に戻らない。
シンボル:緑

イラスト:小林裕也

フレーバーテキスト:
四甲天たちの居城として名高いけど、
データによるとかつては『魔王蟲の根城』って
呼ばれていたらしいのよね。かつての用途は不明みたい。

  • そびえる甲天城アルティメットバトル05
Image of


カード番号:BS28-068  

アルティメットバトル05で登場したネクサス

名称:「四甲天」を含むスピリットのためのサポートカード。
Lv1からの効果は、スタートステップにデッキの上をオープンし、それが四甲天ならノーコストで召喚できるというもの。
現在四甲天は全4種だが、四甲天カメジュウジはデッキに何枚でも入れられるため、デッキ構築の段階で多めに入れておけばノーコスト召喚するのも楽だろう。
オープンしたカードが四甲天ではなかったり、召喚しない場合はそのままデッキの上に戻してドローステップでドローすることになるため、相手に何をドローしたのかという情報を与えてしまう点に注意。

Lv2からは、四甲天がいればこのネクサス自体が紫による消滅を除く耐性を得ることになる。
Lv1効果で何かしらの四甲天を召喚できていればその流れで耐性を得られるため、無駄が無い。
Lv2の翡翠の老木と一緒に並べれば、デッキやフィールドの殻人スピリットすべてを四甲天扱いすることができるため、殻人がめくれるたびにノーコストで召喚できるようになる。
元のコストが重い始甲帝六巨皇ギガス・アントマン、強力な召喚時効果を持つ蜂王フォン・ニード金殻皇ローゼンベルグなども召喚できるが、揃わなければ意味がないのでデッキ構築のバランスが難しくなる。

  • フレーバーテキストでも触れられている通り、この城は元は魔王蟲の根城だったらしく、イラストのシルエットも似通っている。
    また、四甲天たちの居城ではあるが、その四甲天のボスとも言える始甲帝はこのカードの効果に対応していない。
    • したがって、ここが存在する世界は「トゥルース・エデン」であると思われ、過去の世界へ到着した6人の調査員たちと、過去の世界に存在している四甲天が共闘している状況と思われる。

収録

アルティメットバトル05 <C>

アニメにおいて

「烈火魂」第1話冒頭、ムサシ街中のシーンで登場。
緑使いの少年の手札に確認できる。




収録/掲載/配布 ブロックアイコン 

[BS28] アルティメットバトル05 ブロックアイコン:<1>

公式Q&A


■■BS28-068■■ 更新日:2017/12/04 00:00 [Q&A情報の修正]

Q1.「オープン」とは、相手にもカードを見せるということ?
A1.はい、相手にもカードを見せてください。
カードの効果 汎用編 を参照

Q2.このネクサスの効果で召喚されたスピリットの召喚時効果は発揮されるの?
A2.はい、発揮されます。

■関連Q&A [ 全て閉じる ][ 全て開く ]

関連リンク 

  • 公式サイトのカード情報
    BS28-068




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-08 (月) 23:03:42
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索