【魔王獣】

●目次

デッキの概要

コラボブースター【ウルトラヒーロー大集結】で登場した名称:「魔王獣」を含むスピリットを主力とするのデッキ。
一部紫と青のスピリットが存在するが、無理に混色構築にする必要性は薄い。

魔王獣はいずれも何らかのアタック時効果を持ち、サポートカードでこれらの効果を任意に使用できる。
基本的にはタワーに集まる邪悪を用いてフラッシュタイミングで除去を行い相手の盤面をコントロールし、トラッシュに溜まった魔王獣の効果を超大魔王獣マガタノオロチでコピーしてライフを削っていくのが主戦術となる。

主要系統は古竜または星竜で、これらのサポートカードも採用可能。

構築

スピリット

  • 水ノ魔王獣マガジャッパ
    アタック時効果は手札1枚を破棄しければ自身のアタックをブロックできなくなる。
    タワーに集まる邪悪で破棄した場合はそのときアタックしているスピリットのブロックを制限可能。
    青シンボルかつ赤軽減も少ないため、召喚するよりはトラッシュに送って超大魔王獣マガタノオロチでコピーする用途が主となる。
    一方、複数体がトラッシュにいる場合に超大魔王獣マガタノオロチでコピーするとその分だけブロックに必要な手札コストを増やせるため、ある程度の枚数を採用しても面白い。
  • 火ノ魔王獣マガパンドン
    アタック時効果でBP10000以下のスピリット1体を破壊できる。
    最大軽減でノーコスト召喚できるが、アタック時効果を得るための維持コストが劣悪なのが難点。
    ただしタワーに集まる邪悪で破棄する場合は癖のない除去カードとなるため、採用する場合はこれを目当てにすることになるか。
  • 光ノ魔王獣マガゼットン
    アタック時効果でBP15000以上のスピリットを破壊し、破壊できなかった場合はドローを行う。
    バースト】で中型以下のスピリット2体を破壊できるため初動が遅いこのデッキでは速攻対策として役立つ。
    タワーに集まる邪悪で破棄する場合も手札交換になり、終盤なら相手の大型スピリットを狙えるため出来るだけ手札に握っておきたい。
  • 合体魔王獣ゼッパンドン
    アタック時効果でシンボル1つのスピリット/アルティメットを除去し、更にソウルコアを使うことでスピリット1体を回復させる。
    スピリット/アルティメットをコストやBPを問わずに破壊できる貴重な除去であり、タワーに集まる邪悪で優秀な除去カードに変換できる。
    終盤は合体してダブルシンボルになったスピリット相手では役立たないので、ブレイヴ破壊と組み合わせるのも手か。
    星竜を持つためビッグバンエナジーに対応している。
  • 超大魔王獣マガタノオロチ
    このデッキのキースピリット。
    コスト9と重い上にシンボルが5つのため最大軽減でもコア4つが必要。
    星竜古竜と優秀な系統を活かし、ビッグバンエナジードラグノ祈祷師(リバイバル)などのサポートを駆使したい。
    コスト9にしてはBPが低いためブレイヴはBP加算値の大きいものが望ましい。
    Lv2からはトラッシュの名称:「魔王獣」を含むスピリットの効果を全てコピーでき、トラッシュを肥やせば肥やすほど効果が増えてゆく。
    トラッシュの超大魔王獣マガタノオロチもコピーできるため、自前の効果と合わせて最大でシンボルを4つまで増やすことも可能。
    ただし、自身のアタック時効果は特性上相手スピリットが存在しなければシンボルも追加できず、相手の盤面次第では単にアタック時にドローを行うシングルシンボルの大型スピリットに成り下がる場面も少なくない。
    他の魔王獣の効果が破壊効果に寄っている事もあり、可能な限り打点を補えるブレイヴを用意したい。

ブレイヴ

  • 牙皇ケルベロード
    言わずと知れた制限カードの強力なブレイヴ。
    軽減シンボルがデッキカラーとよく噛み合い、またアタック時効果のコストであるデッキ破棄も超大魔王獣マガタノオロチの為に利用でき非常に相性が良い。
  • 輝竜シャイン・ブレイザー
    BP8000以上の相手スピリット破壊時に相手のライフを直接減らせるブレイヴ。
    魔王獣には高BPの相手スピリットを破壊しやすい効果が揃っており、
    またタワーに集まる邪悪の効果を使った場合でも反応するため容易に大量のライフ奪うことが出来る。
  • 赤魔神
    のダブルシンボル異魔神ブレイヴ。
    召喚時効果でのブレイヴ破壊も、このデッキで除去しづらい合体スピリットの弱体化に繋げられる。

ネクサス

  • 灼熱の谷百識の谷(リバイバル)
    手札交換ネクサス。トラッシュを肥やしつつキーカードを手札に引き込める。
  • 馬神 弾
    赤の創界神ネクサス。星竜を主力とするこのデッキでは《神託》を狙いやすく、また配置時のトラッシュ肥やしも相性が良い。
    主に【神技:2】のネクサス破壊をメインにしつつ、【神域】で合体したフィニッシャーのアタックに更に追加ダメージも付与することで一気に勝負を決められる。

マジック

デッキの動かし方

最優先はタワーに集まる邪悪の配置と維持。ドローとサーチで手札に加えたい。
トラッシュを肥やしつつタワーに集まる邪悪でコントロールしながら超大魔王獣マガタノオロチ召喚の準備を整える。
最後はシンボルを追加した超大魔王獣マガタノオロチをフィニッシャーとしてとどめを刺す。

弱点

タワーに集まる邪悪にデッキ回転を依存するため、引き込めなかったり除去されると厳しい。
除去の大半が赤のカードのため【装甲】系で止められやすい。
相手の展開を止めるためのカードに乏しく、【増食】などが相手ではメタカードの投入が必要となる。

備考

超大魔王獣マガタノオロチの持つ『このスピリットのアタック時』コピー効果は強制効果で、全て発揮しなくてはいけない。
対象がいない場合の破壊はともかく、風ノ魔王獣マガバッサー光ノ魔王獣マガゼットンのドロー効果は漏れがないように気をつける必要がある。
また、海帝国の秘宝などの手札保護ネクサスが配置されている状態で水ノ魔王獣マガジャッパでアンブロッカブルを狙う際にも、土ノ魔王獣マガグランドキングがトラッシュにある場合ネクサスを強制的に破壊しなければならないため、トラッシュに送る種類はある程度選ぶようにした方が良い。
使用の際にはトラッシュのカードを「魔王獣」とそれ以外で取り分けてから発揮宣言をしていくと混乱せず済む。

リンク

デッキ集




[PCサイト]  [スマホサイト]
最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-09 (月) 10:57:39
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索