【青デジモン】

概要

コラボブースター【デジモン超進化!】で登場したデジモン達を使用したデッキのうちを中心としたデッキ。
デジモンとは幼年期I成長期成熟期アーマー体完全体究極体のいずれかの系統を持つカードの総称で、
進化】【アーマー進化】【ジョグレス進化】【超進化】によって高コストスピリットを素早く召喚する術に長けている。

デッキ破壊を狙う場合とコスト破壊と回復効果によりライフを狙う場合があり、後者は【緑デジモン】のカードと混色できる。

構築

成長期を3~8枚、成熟期を6~9枚、完全体を6~9枚ほど採用する構築が一般的。
デジモンの【進化】系効果に対するメタを防ぐD-3が青シンボルであるため相性が良い。

スピリット

  • オタマモン
    レベル1から進化可能のため少ないコアでも大型スピリットにつなぐことが可能となる。
  • 成熟期
    • イッカクモン
      Lv1から進化でき、さらにLv3から相手デッキを5枚破棄できる。
      デッキ破壊狙いかで採用重要度は大きく変わる。
  • エクスブイモン
    召喚時に手札交換ができる。防御用のカードを引き込むのも良いし、周りが悪い際はこれで完全体を引くことにかけても良いだろう。コストも軽めのため素だしも容易。
  • シェルモン
    こちらもLv1から進化可能で範囲は狭いが2枚のカードを除去することができる。
  • シードラモン
    効果のデメリットは【超進化】してしまえば無しとなる。
    召喚コストも進化可能なレベルコストが重いため注意。
  • マグナモン
    成長期のサーチカードを手札に戻しつつ、守りを固めることができる。インペリアルドラモン系の煌臨元にもなる。
  • 完全体
    • ズドモン
      デッキ破壊を狙う場合は実質的なキーカードとなる。
      イッカクモン等からノーコスト召喚し、そのままヴァイクモン等でダメ押しする選択肢も存在する。レベル3コストの重さにが注意。
      大粉砕による破壊がコスト制限がない点や、相手破壊時効果を無効かする能力も持つため、デッキ破壊を狙わない場合も採用を考えてみるとよいだろう。
  • ホエーモン
    相手召喚時効果によるアドバンテージを拒みつつ、小型スピリットのダメージカットや破壊時効果による牽制と役割は多岐にわたる。
    ただし耐性自体はなく抜け道は多い。
  • ヴィカラーラモン
    BP自体は伸び悩むが、序盤に召喚に成功すると相手低コスト体を壊滅させつつデッキ破壊を行うことが可能。BP負けしていてもデッキ破壊自体は可能であるし、ヴァイクモンで追加デッキ破壊を行いつつ手札に戻り再召喚も可能。
  • 究極体
    • メタルシードラモン
      相手のブレイヴのコストのみを無視するため非常に広範囲なコスト破壊ができ、疑似的な強襲は枚数に制限がなく相手ターンにも可能と幅広い。ブレイヴでコストとシンボルを増やすことで強力な攻撃力を発揮できる。
      また回復させるのは他の究極体でも良いため、インペリアルドラモン パラディンモード等を回復させることもできる。
  • マリンエンジェモン
    バースト】を持つ青スピリット。召喚後はアタック時にトラッシュのネクサスを配置することで、シンボルを稼いだり相手の除去からリカバーできる。
  • 他デジモン
  • デジモン以外のスピリット、アルティメット
    • 闇輝石六将 砂海賊神ファラオム
      召喚/煌臨時効果に対する強力なメタカード。青属性の得意とする召喚時効果を封じるネクサスで相手の召喚時のみを封じるにはレベルコストがかかることが多く、専用サーチカードを利点とできるデジモンと相性は悪いためこれら召喚時効果に対するメタカードで活用して相手を牽制していきたい。
  • 小波童子
    現状デジモンにコスト0のカードは存在しないため、マントラドローの対象となれる小型童子スピリットも採用できる。

ブレイヴ

  • シンボルなし
    • レチクル・アームズなど
      手札に戻る効果の都合進化と相性が悪めのブレイヴだが低コストにつけられる召喚時効果持ちブレイヴはその効果を使いまわすことが可能となる。

ネクサス

  • デジヴァイス
    手札交換ではなく単純に手札を増やせる効果や、破壊されたりサーチ中に落ちたキーカードを回収できるため、デジモンデッキにおいて非常に使い勝手の良い効果となる。
    白シンボルは白晶防壁などの防御マジックの軽減に扱えるため重宝する。
  • ダークタワー
    デッキ破壊に特化させた場合相手ターンに煌臨することはない構築もありえる。その場合こちらはダークタワーの干渉を受けずに戦うことも可能である。
  • シャッガイ
    自分ターンではレベル1に戻すことで召喚時効果を使いつつ、
    相手の召喚時封じと召喚時効果持ちへのアタック牽制を行える。
  • オリンスピア競技場No.26 キャピタルキャピタル
    相手アタックを抑止するネクサス。オリンスピア競技場はメインステップでのアーマー進化を無効化するためダークタワーを運用する場合注意する必要があるが、相手もアーマー進化する際にこちらの動きを挟む必要があるためコスト破壊カード等で相手成長期を破壊できるようにしておくと逆にダークタワーを守る動きができる。

マジック

デッキの動かし方

ネクサスや巨人王子ラクシュマナを序盤に配置することで軽くなったストロングドロー等で手札交換を繰り返し、キーカードをそろえる。基本的な青デッキを同じだか、青デジモンの場合進化でゴマモンエクスブイモンを何度も使いまわせるため、よりデッキ回転率を上げることができる。
そのままズドモンインペリアルドラモン ファイターモード等キーカードを召喚できる状態を整え、効果で素早く召喚して勝負をかける。

弱点

進化を多用するデッキの共通の弱点となるが、手札に相手ターンで使えない成長期や成熟期のカードを多く入れないといけないため、事故率の上昇や相手の攻撃を対処するためのカードを少なくする必要が出てしまう。また手札が増える、ノーコストで召喚と各種メタ効果にも引っかかりやすい。

デッキの派生系

【緑青デジモン】

【緑デジモン】と【青デジモン】の混色構築。
緑属性のコアブーストによる展開力を増しつつ、インペルアルドラモン系の最大軽減を狙う。

関連リンク

【緑デジモン】
【デッキアウト】
デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-04 (火) 23:08:06
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索