【詩姫】

概要

アルティメットバトル01から登場した系統:詩姫を使用したデッキ。

登場当初の詩姫アルティメットをサポートする効果に特化しており、自身にはフィニッシャーとなるようなスピリットは存在していなかった。
その後、バトスピ初の単色パックディーバブースター【女神達の調べ】が発売されたことにより、系統:衣装/私服、キーワード能力【オンステージ】、スピリット毎に設定されたチームを組み合わせる独自のギミックを獲得。さらにディーバブースター【詩姫の交響曲】でキーワード能力【マイユニット】とマジックタイプ【】、そして新たなチームが追加された他、実戦レベルのカードが多数登場。
これまでのバトスピで登場した強力なスピリットの能力を何らかの形で受け継いだカードが多く、多彩な戦術を駆使できるようになった。

プロモーションカードが多く、カードによっては入手が難しいものがあることが難点。

また神煌臨編では、台頭していた【忍風】などへの対策効果である【ゼロカウンター】などの登場により、【オンステージ】・【フレンド】もその煽りを受ける形となった。

構築

チーム所属のスピリットは、チームを絞っての構築が前提となる。
詩姫をサポートする効果を持つ【レジェンドール】はそれらに混ぜることで機能するようになる。
プリム・アンジュのメンバー4人はアルティメットとともに採用することで効果を発揮するため、他とは違った構築となる。
系統サポートの種類も豊富であるため、それらを持ったスピリットで固める【詩姫グッドスタッフ】という形での構築も行える。

個別の記事があるチームのデッキについてはそれぞれを参照の事。
ここでは詩姫の系統サポートや単独でも強力なスピリットを使用したデッキについての構築を目指す。

スピリット

  • 双星の歌姫ライラ姉妹
    自身をスピリット2体と数える効果により、頭数を並べる効果発揮の際にコアを節約できる。
    ブロック時効果も狙いたいところだが、こちらはおまけと考えたほうがいいだろう。
  • 歌姫アーシア
    詩姫の破壊、消滅をドローに変えるため、アドバンテージを失いにくくできる。
  • 調査員アーシア
    詩姫を並べることでコア・手札の確保が行いやすくなるが、効果が重複しないので3積みする必要はない。
    除去の対象として狙われやすいため、なるべく回復状態を維持しておきたい。
  • 歌姫ロメーダ
    召喚時の手札交換と低コストスピリットの保護を行う。
    序盤に不要な高コスト詩姫をトラッシュに送りつつそれらの召喚補助のドローを行える。
  • 歌姫ラクェル
    BP−に付随した詩姫を召喚できる効果を持つが、デッキ性質上【強化】を合わせ辛いためBP−効果の範囲に不安が残る。
    トラッシュを肥やすためにシユウ戦国フェス メインステージを採用して置くと良い。
    アルティメット対策を兼ねてはいるが、中~高コストの詩姫を多めに採用していないと効果的には運用できない。
  • 歌姫ヴィエルジェ
    詩姫の破壊時に回収が行えるようになるためブロッカーの確保が行いやすくなる。
    相手ターンでは歌姫アーシアとのかみ合わせが悪くなるが、逆に自分のターンにはアタックを行いやすくなる。
  • 高コスト
    • 歌姫トリックスター
      詩姫スピリットを対象にしたマジックブックの効果を持ち、系統を固めたこのデッキでは強力なドローソースとなり得る。
      手元に置いたスピリットカードもアタック時にノーコスト召喚できるため、展開も強力にサポートできる。
      しかし自身のコストが重く、このスピリットの召喚のために詩姫で軽減シンボルを稼ぐようでは本末転倒。
      なるべくドクトル・ファウスト歌姫ラクェルで展開していきたい。
  • 世界を救う詩姫 ほちゃー
    バースト】での召喚が容易で、回復効果を持つために防御の穴を埋めやすい。
    BP−効果と合わせて戦闘にも参加しやすく、アタッカーとブロッカーどちらにも回すことができる。
  • 悠久の歌姫 ことね
    自身と詩姫スピリットを並べることで、相手の展開を大きく阻害する。
    また常時発揮のBPパンプも持っており、低~中コストの詩姫を赤の除去カードの大半から保護できる。
    さらにバトル時にはメロディアスハープを放って相手スピリットの効果を無力化できるため、攻防両面で役に立つ。
    ただしプロモーションカードであり、入手難易度が非常に高いことが唯一最大の欠点。
  • 智剣の歌姫アジルス
    砲天使カノンほど強力な除去ではないが、召喚時効果の全体バウンスとコアブーストは非常に使える効果であり、構築によってはこちらが優先される。
    破壊耐性とバースト破棄メタも持っており、歌姫提督ミレファで打点を増やす際の保険になる。
  • [漆黒の女神]ディアナ・フルール
    ライフ貫通効果と指定アタック、相手ブレイヴへのメタ効果、ダブルシンボルを備えた非常に強力なフィニッシャー。
    トワイライトゴシック】所属だが、チーム内のシナジーがさほど大きくなく、効果も単独で完結しているのでチームに関係なく採用できる。
  • ドクトル・ファウスト
    コスト5以上のスピリット破壊時にデッキからスピリットをノーコスト召喚できる【バースト】効果を持つ。
    素早い展開の苦手なこのデッキでは積極的に発動を狙って行きたい。

アルティメット

ブレイヴ

  • シンボルなし
    • ゴールデンウィングマイク
      詩姫すべてに合体でき、BPの底上げができる。
      アタック時ドローで序盤の手札補充に役立つが、積極的なアタックが狙いにくいため返り討ちにされる損失を抑えられるようなスピリットとともに運用したい。
  • 星琴扇ベガ
    合体したスピリット/アルティメットを破壊から守る。
    主軸となるスピリットを保護したい場合に。
    合体条件がコスト4以上と比較的高めなので、デッキのスピリットのコストと見比べて採用を吟味したい。
  • シンボルあり
    • 戦国トロフィー
      BPを大幅に上昇させ、さらに詩姫との合体時にはネクサスをデッキボトムに送る汎用性の高いブレイヴ。
      軽減も多く召喚しやすい。
  • きぐるみペンタン
    チーム名を付与する合体時効果を持ち、他チームの効果とのシナジーを持ちたい時に使える。
    軽減が多い上に合体時BP+も高いため、打点を稼ぎたいときや高コストでもBPが貧弱なスピリットのBP底上げにうってつけ。
  • ソロウィング
    確実に回復が行えるため、各種アンブロッカブル付与との相性が良い。
  • シユウ
    トラッシュにカードを送る効果は歌姫ラクェルや自身を元にした詩姫であるシュウなどと相性が良い。
    特に相性のいい白シンボルを持ったカードもいないので、白軽減については考えなくとも良いだろう。

ネクサス・マジック

  • ネクサス
    • ディーバステージ
      オンステージ召喚したスピリットを最高Lvとして扱う。
      特殊勝利条件も持ってはいるが、効果の発揮は非常に困難であり、ライフを削ってしまったほうが早い。
  • 明星きらめく花園
    トラッシュのシンボルを参照してスピリットの軽減を満たすことが出来る。
    このデッキはスピリットを並べづらく、高コスト詩姫スピリットの軽減を持て余す事が多いため、相性が良い。
    トラッシュを肥やすにはシユウを採用するのが手軽。
  • マジック
    • リバイヴドロー双翼乱舞ネオ・ダブルドローキャノンボールストロングドローなどの他色ドローマジック
      詩姫はある程度のドロー力は持っているが、手札が充実していないと【オンステージ】も【マイユニット】も有効に活用できないため、ドロー加速はあって損はない。
      純粋なハンドアドを稼ぐ、トラッシュからの釣り上げ、トラッシュを肥やすなど、デッキコンセプトによって選びたい。
      ドローマジックとしては黄にはマジカルドローがあるが、【強化】持ちが皆無の詩姫では十分な持ち味を発揮できない。
  • ライフドリーム
    定番のアンブロッカブル付与マジック。
    このデッキでは歌姫提督ミレファを始めシンボル増強手段が多く、ライフが2でも残っていれば勝てるチャンスを生み出せる。
  • イエローリカバー
    このデッキは他の黄色デッキと比較してもシンボル増強手段やアタック時の除去手段が多い。
    アンブロッカブル効果と併せて、容易に4点をもぎ取ることも可能。
  • イマジナリーゲート
    ライフ減少後に【バースト】効果で黄スピリットをノーコスト召喚する。
    高コストスピリットの多いこのデッキで序盤からスピリットを展開できるのは大きいが、召喚時効果が無効化されてしまうのは難点。

各チーム毎の構築

シャイニーハーツ

全ての衣装ローラ・ビャクランを起点に展開できるのが最大の特長。
チーム名よりもスピリット名や系統を参照する効果を多く持ち、【レジェンドール】やチームに属さない詩姫ともシナジーを持ちやすい。
詳細な構築は【シャイニーハーツ】へ。

アブソリューツ

こちらはチーム名を参照する効果が多いため、【アブソリューツ】所属のスピリットで固めたときに十分な力を発揮する。
オンステージ】から莫大なアドバンテージを得る効果が多く、名称をまとめることでより強力なデッキとなる。
詳細な構築は【アブソリューツ】へ。

トワイライトゴシック

高コストかつ単体で強力なスピリットを要するチーム。
他のチームと違いスピリット同士で連携することは少ないが、個々のカードパワーで押しきれる分コンボ性などを重視しなくて良いのが利点。
】と連携するスピリットも多い。
詳細な構築は【トワイライトゴシック】へ。

プリティアニマルズ

マイユニット】を戦術の軸とした小型詩姫で編成されたチーム。
BP勝負には弱いが爆発的な速度と複数シンボルによるアタックが可能な速攻デッキ。
詳細な構築は【プリティアニマルズ】へ。

【ダブルビビッド】

ダブルビビッド】に属する「フォーミュリア・エグゼシータ」「ゲイル・フェニーク」を中心にしたデッキタイプ。
高い決定力を持つ[サマードライブ]フォーミュリア・エグゼシータをフィニッシャーとするのが基本。
それぞれ既存の【チーム】も持つため、それらのサポートも受けることはできる。
また、多くは制服を持つためそれらのサポートカードで固めるのも有効。

デッキの動かし方

  • アブソリューツ
    序盤は他の詩姫デッキと同じでコアと手札の確保を優先することなる。
    フォンニーナローズ・ベリィの【オンステージ】を成功させることができればコア、手札の確保が行える。
    大型のフィニッシャーを多数抱えているため、コアが足りているならばそれらのスピリットを召喚、アタックによりライフを削りきる。
  • プリティアニマルズ
    マイユニット】を中心にドロー、コアブーストなどでアドバンテージを稼ぐ。
    低コストながらシンボルの追加や回復効果などライフを削る手段が多いため、速攻が主となる。

弱点

オンステージ】を前提とした高コストスピリットが多く、手札事故の危険がつきまとう。
オンステージ】に対応しない高コストスピリットも多く、イマジナリーゲートなどを発動できない場合は窮地に陥りやすい。

『このスピリットの召喚時』にドローやコアブーストの大半を依存しており、アトライア・ハイドラ軍港都市オステアなどは天敵となる。
アタックステップまで効果が及ぶものは【オンステージ】での召喚時効果まで封じられてしまうため対策は必須となる。

高コストスピリットの召喚を踏み倒しで行っているため銀狼公バイ・レアン紫煙獅子にも注意が必要。
前者はバウンスでの除去も効かないため、黄色のカードだけでは対処できない可能性も高い。

フレイムフィールドを発動されてしまうと【オンステージ】が発揮できなくなってしまう。
他にもディーバメドレーツインパフォーマンスといった主要なマジックの大半も封じられてしまうため早急に取り除きたい。
赤のスピリットが元になったものにBP破壊効果がある他、BP0に伴う破壊効果を持ったカードがあるのでこれらを採用して取り除ける構築にしておきたい。

デッキの派生系

【ペンタン・詩姫】

ペンタン大好きラクェル[ペンタン祭り]ラクェル[学園制服]ペンタンリュックのラクェル「ペンタン」詩姫のどちらともシナジーする効果を持つことから【ペンタン】と混合されたデッキ。
喜劇王ペンタンを使用することで詩姫「ペンタン」に、きぐるみペンタン「ペンタン」をチームに組み込むことでお互いのサポートが共有できる。
【ペンタン】の展開力・攻撃力を【詩姫】の汎用性の高いサポートカードで補えるのが魅力。

【私服】

私服サポートの中でも特に強力なリゼ・クロムウェルによる耐性付与、シュウ[夏休み]トリックスターによる大量展開を軸にした低コストビートデッキ。
詩姫はコスト0スピリットを他にも4種類抱えており、01速攻にも似た動きが可能。
高い展開力から[戦国艶姫]ブラックスターによる大量ドロー、シャイニング・ガンタンのシンボル追加なども活かしやすい。
ディーバブースター【真夏の学園】で大幅な強化を受けた。

【戦姫・詩姫】

チーム:百華繚乱のスピリットは系統:戦姫を併せ持つ。
そのため、詩姫と戦姫の両方のサポートを混ぜた構築が可能。
参考:【戦姫】

【詩姫νジークフリード】

比較的どのデッキに入れても機能する秩序龍機νジークフリードを中心に据え、【オンステージ】で降臨元を確保するデッキ。
【青νジークフリード】とは手札の交換力で劣るが、降臨元の多様さ等で十分差別化が可能。

関連リンク

デッキ集




最終更新のRSS 最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-07 (月) 13:04:30
  • googleサイト内検索
  • タイトル検索